2021年10月27日

1950年の数100ドル



松岡美術館のメイヤー瓶
https://www.matsuoka-museum.jp/collection/#pills-ceramic

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Hexagonal_vase_with_paired_phoenixes_and_insects_in_grass_design,_China,_Jingdezhen_kiln,_Yuan_dynasty,_14th_century_AD,_blue_and_white_-_Matsuoka_Museum_of_Art_-_Tokyo,_Japan_-_DSC07349.JPG

繭山康彦(現 西村 康彦)氏(REf)が、アルニム侯爵ヘルマンの旧蔵品で、1950年、ドイツの小さなオークションに数百ドルででたものだ、と書いてある。これはそこで買った・あるいは米国人代理人から聴いたフレデリック・メイヤー氏の話だから確かなものだろう。

また、同じ本に、英国のガーナー卿
https://en.wikipedia.org/wiki/Harry_Garner
が、1950年、外交官としてニューヨークを訪れたとき、バーニーズ(日本にも支店がある有名百貨店)で店飾に使っていた元青花魚藻文壷
https://jpsearch.go.jp/item/tfam_art_db-1524
https://www.fujibi.or.jp/our-collection/profile-of-works.html?work_id=1524
買おうとしたが、外貨持ち出し制限が厳しかったので  数百ドルを使うことができなかった。そして4年後にまたニューヨークを訪ねたとき購入したそうだ。

 元青花の多少キズはあっても一応の完品の値段としては、夢のような価格ではある。

 しかし、この1950年ごろの、数百ドルという金額は現在感じるよりずっと大金ではなかったか? という疑問もわく。
  まず、メイヤー瓶がオークションされた当時のドイツはベルリン、ハンブルク、ドレスデンをはじめ主要都市が空襲で廃墟になり、しかも東西ドイツに分割されていた。
  アルニム侯爵がコレクションを手放したのも、生活費を得るためではなかったか。 領地が東ドイツ側になっていたかもしれない。日本でも「タケノコ生活」という言葉が流布した時代である。
 戦勝国の外貨米ドルで払ってくれるメイヤー氏(または そのエージェント)は大切なお客様だっただろう。
 日本でもこの時代には古美術品が大きく動いている。
  そういう背景のある売買であった、ということを念頭におくと、単なる堀だしではない、ということがわかる。

一方、英国のガーナー卿の場合はどうだろうか? 外貨持ち出し制限が厳しかったので  数百ドルを使うことができなかった。
  この外貨持ち出し制限というのは、日本でも1970年代まであったと思う。そのため海外留学は、海外の奨学金がなければ事実上不可能だった。現在は日本のデフレと海外のインフレによってそういう状況がまたでている感じもある。

英国は戦勝国ではあったが、戦費のため莫大な国債を米国の富豪たちにひきうけてもらっていた。そのため、外貨ドルが不足になり、一般旅行者のみならずガーナー卿のような外交官でも私用の外貨持ち出しが制限されていたのだろう。

 ref  繭山康彦、骨董勉強ノオト、 新潮社、昭和54
posted by 山科玲児 at 08:27| Comment(0) | 日記

貝印 カミソリ

貝印カミソリ.JPG



 叔母から、貝印のカミソリが手に入らないかときかれたので、通販で購入してみた。
当方は安易にヤフーPAYPAYショップにしたが、

貝印 の会社自体のオンラインショップもあるようだ。
https://www.kai-group.com/store/
https://www.kai-group.com/

  当方にはよくわからないが、切れ味が全く違うらしい。
  スーパーや薬局では、中国製の粗悪品しか売ってないので、やむをえず通販を利用しました、という声が多い。

 結局、中国製品なんかが問屋をおさえているために、消費者がまともな商品を買えないという問題になっている。

  この件は男性下着や衣料品なんかもそうで、最近、ようやく、ヴェトナム製下着を多量に買ったり、てごろな価格の国産品、などを入手できた。
posted by 山科玲児 at 06:04| Comment(0) | 日記

2021年10月26日

松岡清次郎氏のコレクション


 松岡美術館がコロナ禍を経て再開したそうだ。
 https://www.matsuoka-museum.jp/staff-blog/2803/
バブル期より前、高度成長期の不動産で財をなした富豪の松岡清次郎氏(1894−1989)は、かなり優れたコレクターで、かつ独創的なコレクターであり、逸話が多い人でもあった。松岡氏のコレクションの多くは、白金台の松岡美術館に入っているようだ。
https://www.matsuoka-museum.jp/

 一番、有名な話は「エコノミークラス」だ。海外のオークションに参加して直接買うのを好んだ。それも大富豪の老人がエコノークラスでロンドンまでいったという逸話である。同じ飛行機に乗った古美術商がビジネスクラスだったので顔を会わせにくかった、という。このころはロシアの上を通れなかったので、南周りであり、今よりずっと時間がかかった。

 松岡美術館でコレクションをみると、特に優れているものは中国陶磁器とインド彫刻である。

あまり知られてないかもしれないが、インドは文化財輸出にはかなり厳しく、二十世紀後半でインド彫刻を買うとしたら、昔、欧米へ流出したものを買うしかない。

 ガンダーラ彫刻が結構売っているじゃないか?という声があるかもしれないが、あれは、パキスタンやアフガニスタンからの流出である。

 ガンダーラ彫刻も優れたものを集めてあるし、数もこちらのほうが多いのだが、本土インドの彫刻を観ることができる場所は、日本には少ない。
また、クメールの優れた神像が二体ある。
  どうも、これらの南アジア彫刻は、ロンドンのスピンクからまとめ買いしたもののようだ。おそらく「ロンドン骨董街の人々」(ref)の第八章「ある古美術商の死」に活写されたゲイの担当者 アンソニー・ガードナー氏のの目利きによるものであろう。彼はHIVによって逝去した。

 中国陶磁で、もっとも優れているのは、やはり、元青花のメイヤー瓶であろう。
  ニューヨークの収集家 フレデリック・メイヤー氏旧蔵の  八角瓶で、ちょっと比肩するものがない。
しいていえば北京の近く保定で出土した元青花の八角瓶だろうか、ただ保定の瓶は龍文であり、絵のおもしろさはメイヤーのほうが優れている。

繭山康彦(現 西村 康彦)氏がこの瓶について優れた文章を書いていた(REf2)。

それによれば、メイヤー氏の前の所蔵者はドイツのアルニム侯爵ヘルマンだったそうである。

REF 六嶋 由岐子,  ロンドン骨董街の人びと,  新潮社,   1997
ref2  繭山康彦、骨董勉強ノオト、 新潮社、昭和54
タグ:松岡美術館
posted by 山科玲児 at 07:57| Comment(0) | 日記

プルチネッラ




 英国のシットウェル家の領地の邸で、ティエポロの 多数のプルチネッラを描いた素描が発見された(右イメージ)。
イタリアの泉ブログで教えてもらったのですが、
ティエポロ(Tiepolo)のプルチネッラ(Pulcinella)イギリスで発見ーロンドン
https://blog.goo.ne.jp/fontana24/e/7afc4540fd0fd3d6f01a0f726c9fb449

オークション会社のCM動画
https://youtu.be/0tr06IqETjM

これは絵画の準備素描ではなく、ブリューゲルにも例があるような、版画の下絵だろうと思う。周囲の枠線や、全体が長方形にまとまっていること。などから推察できる。
  ただ、ティエポロの時代では、既にこういう素描も商品になっていたとは思う。
左イメージはロッテルダムのボイマンス美術館にある  ティエポロの優れた素描です。


プルチネッラというのは女性形の名詞だと思うが、なぜか男性の役柄を指す。

ストラビンスキーのバレー:プルチナッラで有名になった。
「プルチネッラ」
https://www.youtube.com/watch?v=nFNl6D75Jxo
ただ、このバレーの音楽はドミニコ・ガッロのトリオ・ソナタからかなり借用している。    ストラビンスキーは、ペルゴレージの曲から借用したつもりで、そう書いている。当時はペルゴレージの作品だと思われていたのだ。しかし、その後研究が進みガッロの作品だとわかったのだ。どうも、従来ペルゴレージの作品とされてきた器楽曲は、ほとんど他人の作品のようだ。ペルゴレージ夭折後に、ペルゴレージの名前を冠して出版業者がそういう勝手なことをさんざんやったらしい。
D. Gallo 12 Trio Sonatas - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=pkP81gRdg2Y
posted by 山科玲児 at 07:05| Comment(0) | 日記

2021年10月25日

カンビーニ


前古典派〜古典派の現在では忘れられている作曲家には、おどろくほどチャーミングな曲、モーツアルトと紛らわしいような佳曲が少なくない。
前 紹介したドミニコ・ガロのトリオソナタもそうだ。
D. Gallo 12 Trio Sonatas - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=pkP81gRdg2Y

最近  知ったのは、カンビーニ  弦楽四重奏曲 二長調
Giuseppe  Cambini (1746-1825)  この人の名前には、いくつかヴァリアントがあるようだ。ファミリーネームのほうは一定だが、、あるいはピカソのように無闇に長いのをどう省略するかということかもしれない。
 https://www.youtube.com/watch?v=RvvMCADZtXw
posted by 山科玲児 at 09:06| Comment(0) | 日記