2017年04月30日

選挙中に祝賀会


 フランス大統領選挙 最有力候補である  マクロン候補者が、決選投票に、予選で一位で出ることになり

パリのビストロ LA ROTENDE  でセレブを招いて祝賀会をやったそうだ。ここは高めとはいえ、決して超高級店というわけではない。しかし、これは不味い。
悪名高い銀行家、ジャック=アタリも来て親しげにしていたようである。

あまりに油断が過ぎるということで、オランド大統領まで注意したそうである。 噂ではマクロン候補が強引に開催したそうである(噂ですよ、関係者の責任逃れっぽいしいいい)。

サルゴジ元大統領が、「大統領当選後」にFouquetという高級店で大宴会をやったというので批判を受けたことと比較されているが、これは、「大統領当選後」である。 サルゴジはさすがに頭が良いなあ、と感心するところだ。勝てば官軍、大統領になってしまえばOK、ところでFouquetは閉店したそうである、

しかし、十日ほどあとに決選投票があるというのに、これはないだろう。

やはり選挙経験・政治経験のないパペット 人形のような役回りで担ぎ出されたのか。

 フランソワ  バイル- のような重厚な初老の政治家 選挙経験者を擁立すれば、ルペン相手なら楽勝できただろうに。なんでこんな一回も選挙に出た事の無い若造を擁立してしまったんだろうか

 なんかフランスのある勢力も劣化しているなあ。ジスカールデスタンのような人物を擁立できないのかねえ。






posted by 山科玲児 at 19:54| Comment(0) | 日記

玄扈ってなに

天都暁日.jpg丁雲鵬 題.jpg




中国絵画で有名なクリーブランド美術館のコレクションの中でも、特に好きなのが
この
丁雲鵬(1547-c. 1621)  玄扈出雲天都暁日図  1614年
http://www.clevelandart.org/art/1965.28
である。


212.7 x 55.4 cmというかなり大きい絵なんだが、これだけ観に東京国立博物館の特別展に通ったことすらあった。当時は、同類の絵を知らなかったが、数年前の台北國立故宮博物院の特別展では似たものも出ていたようだ。

この画題の「玄扈出雲天都暁日」ってのは絵の右上にはっきり書いてある(右に拡大イメージ)ので、適当に画題を、後であてたものではなく画家自身がつけたものだ。

  しかし、玄扈って何?、天都って何、丁雲鵬は安徽省の名勝:黄山をまさに1614年ごろに探訪しているらしいので、「天都」とはこの黄山の中の一峯である「天都峰」であろう。天都峰に朝日がでる様ということらしい。ただ、「玄扈」がわからない、黄山の地誌を読んでもそういうものはないので、これは実際の地名ではなく、修辞なのではないかと思う。黄山は黄帝が修行をした山だといわれている。山海経 中山経によると(下イメージ)黄帝がいるところの山や河が
 「玄扈の山」「玄扈の水」といわれている、勿論、山海経が示す山は洛陽の西、陜西省あたりの山のことだが、ここは修辞で、安徽省の黄山の谷を黄帝つながりで、「玄扈」と呼んだのではないか??と推論している。
山海経5中山 (2).JPG山海経5中山 (1).JPG


posted by 山科玲児 at 14:59| Comment(0) | 日記

双拘 小白雲堂はもともと存在しない

白雲堂.JPG白雲堂 小.JPG


 山東省の大基山には、北魏の鄭道昭(ACE455-516)の磨崖刻石があるが、鄭道昭の書なのかはよくわからない古い刻字もある。
  そのなかで、双拘 白雲堂という大きな刻字もある(左)。 とても大きな字である。籠字に文字を彫ったもので、上の拓本の上部に30cmものさしをおいてあるから比較して欲しい。もとは一行に彫ってあるが拓本を切り取って貼ってあるので二行になっている。


実はこれよりかなり小さな刻字の拓本があって「双拘 小白雲堂」とか「双拘 白雲堂 (小)」とか呼ばれているものがある(右イメージ)。全体で34x17cmぐらいらしい。どうもこれは19世紀末にライ州南関の劉洪儒という人がもとの大きな字をレンガの上に縮小して刻して拓本を採って売ったものらしい。「拓本は日本人が多くもっている」と下の文献139Pに書いてある。

  この山に旅行した書家や書道愛好家が、「『双拘 小白雲堂』の刻字はどこにあるのか」とガイドに尋ねて要領をえなかったという記録を、、2つ以上読んだものだが、
もともとなかったのだ。ないものはみせようがない。ライ州にある偽物ですよ、、とは言えないわな。。。

REF:山東石刻芸術博物館・中国書法家協会山東分室, 雲峯刻石調査与研究,斉魯書社,済南,1992


posted by 山科玲児 at 09:14| Comment(0) | 日記

2017年04月29日

ジョゼフ=ヴァン=デア=ヴェーケンの動画

Van der Veken ss.jpg


2015年07月05日に
ゲントの祭壇画の盗まれた一面の模写(現在もはめ込まれている)を制作した模写画家:修復家・贋作者であったJoseph Van der Veken ジョゼフ=ヴァン=デア=ヴェーケンのことを書いたが、
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/148891522.html

彼についての研究機関制作の動画があった。これは、音なしで、字幕とイメージだけのものだが、初めてみるものも多く、興味深い。

いやあ、うまいものだなあ。素描も上手い。
Joseph  van  der Veken
https://youtu.be/jTy3jfm16JQ

 
ちなみにイメージはジョゼフ=ヴァン=デア=ヴェーケンのオリジナルというか模倣作というものである。高さ約51cm。
15世紀の絵として売れば贋作、ジョゼフ=ヴァン=デア=ヴェーケンの作品として売れば20世紀のオリジナル:15世紀の様式を追慕した復古趣味の作品である。

posted by 山科玲児 at 10:19| Comment(0) | 日記

2017年04月28日

米上院議員がホワイトハウスで秘密会議

日本のマスコミは無視しているが、重要な会議だ。
百人の上院議員がホワイトハウスに招かれて「秘密会議」で大統領他内閣と北朝鮮問題を話し合った。
RARE = 極めて異例なもので、ヤルタ会議などと同じ、、

これで、決まったといえるだろう。


posted by 山科玲児 at 20:11| Comment(0) | 日記