2020年04月01日

「かつらをかぶった雀蜂」真贋問題





詳注アリス 完全決定版
https://www.akishobo.com/book/detail.html?id=928

の「鏡の国のアリス」の後の付録として、

原作者ルイス・キャロルが削ったというエピソード
「かつらをかぶった雀蜂」The Wasp in a wig
が収録されています。
 これについて、2019年という最近に、
 Leach, Karoline. "The Curious Case of the Wasp in the Wig" (PDF). Contrariwise. Retrieved 17 January 2019.
http://contrariwise.info/articles/TheCuriousCaseOfTheWaspInTheWig.pdf

  があり、贋作説も紹介されてます。


この編輯・校正 段階でのゲラでキャロルの自筆書き込みつき、というものは、1974年7月  サザビーズのオークションに出現しました。 1700ポンドという比較的安い価格で落札しています。そのときの説明文

 July 1974, when a startling announcement appeared quietly in the sales catalogue of Sotheby's London auction room:

The Property of a Gentleman. 76. DODGSON (C.L.) "Lewis Carroll". GALLEY PROOFS FOR A SUPPRESSED PORTION OF "THROUGH THE LOOKINGGLASS", slip 64-67 and portions of 63 and 68, with autograph revisions in black ink and note in the author's purple ink that the extensive passage is to be omitted. *** The present portion contains an incident in which Alice meets a badtempered wasp, incorporating a poem of five stanzas, beginning "When I was young my ringlets waved". It was to have appeared following "A very few steps brought her to the edge of the brook" on page 183 of the first edition. The proofs were bought at the sale of the author's furniture, personal effects, and library, Oxford, 1898, and are apparently unrecorded and unpublished.

 古書籍商が落札し収集家Norman Armourへおさまりました。そのあと、 Lewis Carroll Society of Great Britainがシンポジウムを開いて検討したようですが、贋作説も出ました。ただ、どっちかというと真作説のほうが優勢なんだそうです。そのあとファクシミリ版がつくられたりもしたそうです。

 2005年の Christie's にでて
https://www.christies.com/LotFinder/print_sale.aspx?saleid=19450
6万ドルで落札(詳注アリス 完全決定版には誤りがあるようです)

そうなると、今は他人の収蔵になってるんですね。ただ、同時に出た初版のたぶん献辞つきの「不思議の国のアリス」が21600ドルですから、飛び抜けて高いわけではないようです。

  作品としては1970年代末に、柳瀬さんの翻訳で読んだとき、 当方としては、あまり感心しなかったことをおぼえています。現在読んでも、それほどできがいいとは思わない。キャロルの真作だとしても、あのキャロルがおとなしく削除に応じたのは、できの悪さを感じたからだろう。もしも偽作  パスティーシュ」だとすればなおさらである。

  こういう別稿というのは、有名な本では、中島敦の「名人伝」にもある。

posted by 山科玲児 at 09:29| Comment(0) | 日記

2020年03月31日

BCGと武漢ウイルス

deutch BCG.jpg


ほんとかよー、、という話ですが、BCGの日本株・ソビエトロシア株を接種した地域国家が、武漢ウイルスにかかりにくい/重症化しにくいという疫学的調査があって、オーストラリア・ドイツ・米国などで研究が始まっているそうです。え、なんでBCG。。あの太いとても痛い注射を憶えているオールドマンは、呆けてしまいます。結核ということで、あの丸山ワクチンも思い出しました。

しかし、上イメージのドイツの感染図をみると旧東ドイツ(ソビエトロシア株を接種)が感染に抵抗しているのは明白ですね。ご丁寧にも、ベルリンが孤立した感染地域なのは印象的です。西ベルリンだったものね。しっかし、よくこんなこと気がついたなー。。

 解決というわけではないのですが、こういうことは、実学としての医療には重要です。病院に入る前に、当時の理論では無意味であった徹底的な手洗いを義務つけて、産褥熱を激減させたハンガリーの医者::感染制御の父 イグナッツ・ゼンメルワイスのように、相関・経験から真理にたどりつくことはあると思います。

 BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/03/bcg.php

>豪州の医療従事者4000名を対象に、BCGワクチンが新型コロナウイルス感染症の重症化率を軽減するかどうか調べる。学術雑誌「サイエンス」によると、オランダでも、8カ所の医療機関に勤務する1000名の医療従事者を対象に、同様の臨床試験が開始されている。
>独マックス・プランク研究所でも、3月21日、BCGワクチンをベースに開発した結核予防ワクチン「VPM1002」の第3相試験において、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)への感染に対する効果についても検証する方針を明らかにしている。

え、あのお堅いマックス・プランク研究所でも、??  背に腹はかえられないということか。。



posted by 山科玲児 at 20:24| Comment(0) | 日記

ハーヴァードの好太王碑



ハーヴァード大学のサイトで拓本だけのサイトがあるみたいです。
https://curiosity.lib.harvard.edu/chinese-rubbings-collection

5000件もあるのですが、つまらないものも多い。ただ、なんと好太王碑まであるようです。

https://id.lib.harvard.edu/curiosity/chinese-rubbings-collection/6-W304929_urn-3:FHCL:11586490
https://curiosity.lib.harvard.edu/chinese-rubbings-collection/catalog/6-990097398190203941
posted by 山科玲児 at 17:35| Comment(0) | 日記

エイ鶴銘

鶴銘 compare.jpg



 崇善楼筆記に次のような話があげてある。
  大字麻姑仙壇記 を上海博物館の向氏が王氏のとこに鑑定依頼に来たそうだ。多くの専門家が佳拓だと褒めたが、よくよくみると、なんとコロタイプ印刷だった。また、北京の古書籍・拓本の専門店  慶雲堂の馬某が売り込んだ「旧拓龍蔵寺碑」がなんとコロタイプ印刷本を古い色に染めて墨を補ってそれらしく作ったものだった。

  上の右の画像、どうみても原拓を撮った写真にしかみえないが、実はそうではない。左は右のものをもとに「墨美」で翻印したものだ。
 これは、談書会集帖から切り抜いて編集したものである。大正のコロタイプ技術おそるべし。これは写真を1、2字ずつ切って冊に貼った形で影印している。もとは掛け軸装丁だったと思う。もともと戦前のこういう談書会集帖、 法書会の書エンなどは、1つの法帖を複数号の雑誌にわけて掲載して、あとで切ってまとめるようになっていた。だから、現在、切り刻まれた本や、別に一冊分に装丁されたものも多い。

 前、「道教の美術展」図録にった  エイ鶴銘の拓本を紹介したが、
  最近  別の拓本影印を得、その迫真に驚いたのであげてみた。実は、拓本じゃないかという下心があったのだが、違った。。

  エイ鶴銘の拓本は、下のエルスワース本のように、著しく墨が濃く、拓本なのか、単に墨塗りしただけのものなのかわからないものが多い。石の肌の感じが全くわからないものが多いのである。大阪市立美術館師古斎コレクションのものもそうだった。中国人学者にはしばしば濃い重い墨の拓本を愛好する人もいるがどうも理解しかねる。前、伊藤滋氏に裏打ちなし整紙本の拓をみせてもらったことがあったが、それは精拓でよく石の感じがでているものだった。
えい鶴銘 Ellsworth.JPG
posted by 山科玲児 at 16:44| Comment(0) | 日記

天来Blog

比田井天来のご子孫がやってらっしゃる 天来書院のブログというのがあって、たまに観ると結構面白いものがあります。
posted by 山科玲児 at 16:26| Comment(0) | 日記