2020年10月24日

敦煌写本における偽写本




敦煌写本における偽写本の問題は、避けてる人も多いようだが、避けるわけにもいかないので、
概説を紹介します。

京都国立博物館の紀要
京都国立博物館の研究紀要。研究員による論文、作品研究
學叢
https://www.kyohaku.go.jp/jp/gaiyou/gakusou/


学叢ホームページ版 第24号
https://www.kyohaku.go.jp/jp/gaiyou/gakusou/num024.html
敦煌写本における偽写本の問題について / 赤尾栄慶
タグ:敦煌写本
posted by 山科玲児 at 07:20| Comment(0) | 日記

2020年10月23日

探検家




マイケル・D. コウ Michael D. Coe,
監修増田 義郎,  翻訳 武井 摩利, 徳江 佐和子、創元社、2003/12
を、また読んでいるのだが、でてくる人たちが、皆おもしろい。
この本を初めて、読んで/観たとき、カルチャーショックだったのは、19世紀のフランス人探検家
クロード・ジョゼフ・デジレ・シャルネ(Claude-Joseph-Désiré Charnay、1828年5月2日 - 1915年10月24日 
の探検風景の版画・挿絵である(上イメージ右)

ううむ、なんか凄いなあ、、、

Wikipediaの紳士然とした写真と、なんと違うことか、まあ、熱帯での探検だから、こんな感じになるのかなああ。。デジレ・シャルネ(Wikipedia)

posted by 山科玲児 at 07:46| Comment(0) | 日記

ブラック  バイデン

バイデンのあまりのブラックさに、おどろき。

まあ、政治家は清濁あわせのむところがなきゃいけないだろうとは、おもいますが、これは、ちょっとひどすぎるのでは?

 中国からのコンサルタント料金が毎年10億日本円で、それを6人でやまわけしていたとはね。
 また、労働組合の年金基金の投資先をハンター・バイデンのファンド(どうせ中国投資)にさせようとバイデン副大統領の権力を使うなんて言語道断。 民主党が地盤票田にしている組合員を裏切るものでしょう。これがほんとなら、民主党そのものの存続に関わる大事ですよ。。

  おまけに中国投資会社の仲間が暗黒街の大ボス バルジャー(映画  ブラック・スキャンダルのモデル)の身内って、これはひどすぎるだろう。

 きっかけとなったパソコン修理店主が命の危険を感じるのも無理はない。

posted by 山科玲児 at 06:47| Comment(0) | 日記

2020年10月22日

石鼓文拓本

去年2019年6月3日  北京  嘉徳のオークションで
明の安国  旧蔵の石鼓文拓本がでたようですね。

今まで知られていなかったもののようです。


タグ:拓本 石鼓文
posted by 山科玲児 at 09:23| Comment(0) | 日記

2020年10月21日

藤田美術館工事

藤田美術館の工事が竣工したようです。


もともと、みつけにくい奥まった感じの美術館でしたので、少しめだった建物になったほうがよかったかも。。

藤田家の人々は、なんか顔に特徴がありますね。。神聖ローマ皇帝カール5世みたいな感じ。。

タグ:藤田美術館
posted by 山科玲児 at 10:47| Comment(0) | 日記