2015年09月15日

パクリ インスパイア  リスペクト



あの陰気な喪章みたいな五輪エンブレムが災いして、
パクリ  デザイナーとして悪名が轟いている佐野研二郎さんです。
 世の中には、パクっているデザインって多いと思いますが、そういうのは、こそっと名前なしでだすもんじゃないかな?と思います。


 
  **でも、話題性あるから、意外に売れるんじゃないかな??

ただ、「伝わらなければデザインじゃない」
というタイトルそのものがパクリ
東京都渋谷区のデザイン会社|有限会社カネコデザインのキャッチコピーです。

そういや、渋谷区に佐野さんの事務所がありましたね。

 古い時代には、「模倣」が「職人の基本」で手本がないと絵がかけないので手本を取り寄せるまで待つというようなことがあったようです。実際のところ注文主も別に他と違う独自のものを求めているわけではなく、堂々としていて綺麗で、自慢できて、宗教上慣習上の問題にならず、評判が良いものを求めていたでしょう。ですから、既存のもののコピーをむしろ要求したことが多かったのではないかと思います。この辺の注文主の意図は今でもあまり変わらないかもしれないなあ?  そうすると著作権などでうるさくいったり芸術家の独自性の尊重ということ自体が、 迷妄なのかもしれません。

 まあ、しかし、21世紀ではそうはいかないようです。


 絵画の世界にも「模倣」「倣」といって、先人の作品を踏まえた作品は無数にあるのですが、次のように、一ひねりしたり絵柄は同じでも技法を変えたりしています。
19世紀、ドミニク=アングルは、古代ローマの壁画(ポンペイの隣のヘラクラネウム出土)のポーズをインスパイアして肖像画を描きました。

Herculaneum_-_Augusteum_-_Hercules_and_Telephos_-_Detail_1[1].jpg

ゴッホ(日本ではこれで通じる)は、ドラクロアの絵の石版画をもとに自作を描きました。

Delacoix et van-gogh.jpg

17世紀の王鑑は、10世紀の范寛の作品をカラフルにパラフレーズしています。これは割と気が利いているとおもいますね。
谿山行旅.JPG


 ただ、佐野研二郎氏が教授してる多摩美大の、卒業制作優秀作品が叩かれています。
 これは担当教授が悪い。本人はいわさきちひろを模倣したと、はっきりいっているんだから、その模倣が優れた成果をあげているかどうかを判断すべきでしょう? みたところでは、模倣作としてより良いものを作り出せているようにはみえないので、「優秀作」とするのはいかがなものか? いわさきちひろ  の模倣作は世の中に非常に多いと思います。ほとんどは無名で 装飾やデザイン、イラストなどに使われているんでしょうけれど、そういうものとは違ったものが「優秀作」にあるかというと、みることはできないように思います。技術はある人なのですから、かえって画家本人にとってよくなかったんじゃないかな。

 

posted by 山科玲児 at 08:05| Comment(0) | 2015年日記

ボスの作品が東京で展示


 来月の東京 三菱一号館美術館の特別展 プラド美術館展 で 
 玲生  ボスの、 愚者の石の除去 が展示される予定
これは、ボスの確実な真作とされるものの最初の日本での展示になると思います。

三菱一号館美術館
プラド美術館展 ―スペイン宮廷 美への情熱
2015年10月10日(土)〜2016年1月31日(日)

 ただ、この貸与をするということは、プラドはボス逝去600年展を2016年の前半にはやる気はないということでしょう。
>本展は、2013年にプラド美術館で開催され好評を博した展覧会”Captive Beauty. Fra Angelico to Fortuny”が、当館のために特別に再構成され、三菱一号館美術館開館5周年記念として実現するものです。

  なら、かなり期待できるのかな?

>本展では、小さな作品が選ばれており、あらゆるジャンル、テーマにわたる、巨匠たちの生の筆跡、緻密な表現、繊細な質感とともに多種多様な素材をじっくりとご鑑賞いただけます。

  と、なっていますが、ムリーリョは「大きいほど傑作」だという感じをプラドで受けたので、どうだかなあ、、エルグレコもムリーリョほど極端ではないけれど「大きい作品のほうが良い」感じがします。

 小さい作品といえば、静物画がよさそうですが、
  
 マドリード生まれのベルギー系画家 ファン ファン  デア アーメン、この人の名前ってどう呼んだものかな? ベルギー=オランダ風だとヤン=ファン=デア=ハーメンだろうしね。 この人の絵は長崎県美術館でつい最近みました。

でも、このとき展示された彼の作品は、それほどはよくなかったので、あまり印象がなかったけれど、この展覧会で展示される下の作品はどうでしょうかね。。

 また、これは最近プラドに入ったナサリオ コレクションのものなので王室由来じゃないかもしれませんね。このへんの事情は、5月8日に書いておきました。
  http://reijiyamashina.sblo.jp/article/127867058.html



posted by 山科玲児 at 05:16| Comment(0) | 2015年日記