2015年10月12日

アレッサンドリーニのフレスコバルディ  トッカータ集  再び


 名盤として知られたらしい、トッカータ集CDが廃盤になって久しく、入手困難で私も聴くことが出来なかった。ところが、ようやくというか、

 アレッサンドリーニ自身が1637年最終稿を使って再演したCDが発売されるそうだ。旧盤はもっと若い頃の1615年出版分である。

 海外ではぼちぼち売り出されているような感じだが、日本ではタワーレコードで予告予約をやっているので11月だという。

  なんのかんのいっても、アレッサンドリーニはキーボード奏者としては第一級の人で、最高のフレスコバルディを聴かせる人だ。同じイタリア人でも、ヴァルトロやロッジャンの演奏はどうも物足りないというか、なにか間違っているような感じがする。

 故人となってしまったローラ=アルビニ女史のほうがよほど素晴らしい

 アレッサンドリーニのヴェスプロなどの声楽曲の演奏では異論や相性もあるだろうが、フレスコバルディの鍵盤楽器では両手を挙げて歓迎したい。

  もっとも、クセのある人だから、聴いてみたら、なんじゃこれは??ということもあるかもしれないが、旧盤を買い損ねた 私は、無条件でギャンブル覚悟で買うつもりだ。

Rinaldo Alessandrini
Frescobaldi: Toccate d'intavolatura di cimbalo et organo, libro primo (Rome, 1637)
Arcana: A388
http://www.prestoclassical.co.uk/r/Arcana/A388


posted by 山科玲児 at 12:09| Comment(0) | 日記

西洋絵画と印相(ムドラー)


Durer Christ doctors (2).jpgDurer Christ doctors (1).jpg

ニュールンベルグ生まれの画家:アルブレヒト=デューラーが一五〇六年にイタリアで描いた  
博士たちの間のキリスト (イメージ)

は、実物を見る前に画集でみていて、その手の仕草が変わっている(イメージ)のが気になっていました。なんかとても神秘的なんですね。おまけに絡み合ってるもう1対の手の持ち主の顔がひどく邪悪で醜いのにどういう意味合いがあるのだろう?という疑問も起きます。
2005年に、マドリードのティッセンで実物をみたら、水彩画のような薄塗りの絵画で下絵やチョーク線が見えているような絵画だったのに更に驚きました。

どうも、この少年イエスと醜い顔の博士の手の指の仕草は普通ではなく、一種の印相(ムドラー)か手話ではないかと思います。

沈黙を強要される修道院で、ボディーランゲージ:手話が発達したという話も聞いたことがありますしね。


別の形だが、やはり奇妙な象徴的な手と指の仕草をしているのが、

カラヴァッジョ 聖マタイと天使
1602年  295×195cm 
サン・ルイジ・ディ・フランチェージ聖堂(ローマ)

です。この天使の指はとても変わっていますね。
Caravaggio Matheo Angel (1).jpgCaravaggio Matheo Angel (2).jpg





 この絵は、カラヴァッジョが描き直して描いた第二作で、第一作は、とても色っぽいのとマタイが貧相すぎたので、受け取り拒否され、ナチスに買われたあげく、倉庫の空襲で消滅しました。
  これ↓↓が第1作 こちらでは、妙な印相はないようです。
caravaggio.jpg




  更に、もう少しおとなしい例ですが、合掌は普通は掌まであわせるのですが親指と人差し指中指と人差し指だけ合わせて、掌をあわせない妙な合掌をしているのが、
イタリア ルネサンスのコスメ・トゥーラです(ワシントン  ナショナルギャラリー)。コスメ=トゥーラの合掌は皆この形式なので、なにか特定の宗派と関係があるんでしょうね。この印相はインドにもあるそうです。

cosme tura hands.jpgcosme tura total.jpg




密教の儀軌にも複雑な印相があるわけですが、そういうのと関係あるのかな???
ヒエロニムス=ボッスなんか怪物を多く描いた画家だから、変わった印相があるかとみてみましたが、印相という点では皆、普通で平凡そのものなんですね。意外でした。
この西洋絵画と印相というのは面白いテーマだと思うんですが、だれかやらないかな??



posted by 山科玲児 at 09:42| Comment(2) | 日記

2015年10月11日

アンリ=オラース ロラン・ド・ラ・ポルト

delaporte.JPG

というエントリーで
 アンリ=オラース ロラン・ド・ラ・ポルト (表記は西洋美術館の1990年発行のカタログに従う)   Henri-Horace Roland de la Porte  1724/25 - 1793
の佳作を紹介したが、この人の作品はなかなか好みなのでGoogle検索していたら、英国のヨークに更に面白い作品をみつけた。

BBC  パンとナイフのある静物 (58 x 75.8 cm )
http://www.bbc.co.uk/arts/yourpaintings/paintings/still-life-with-bread-and-wine-8342

これはヨークの美術館博物館を管掌するナショナルトラストのような公益法人がもっているもののようで、現在は公開されていないようだ。
YORK MUSEUMS TRUST
http://www.yorkmuseumstrust.org.uk/
このフォトリアリズムのような、生々しい写実は、シャルダンの作品より、ずっと「フランドル・オランダの静物画」に近い。

 イメージは、ルーブルでみて最初にこの画家の絵が好きになった「卵のある静物」である。卵の肌合いが絶妙な技法で表現されている。


タグ:静物画
posted by 山科玲児 at 07:30| Comment(0) | 日記

北京大學竹書老子


 國學院であった書学書道史学会で知ったのですが、老子の新しい写本・テキストが注目されているようです。
 このサイトにこの竹簡群の解説がある
   http://www.shutudo.org/research/beijing/beijing3

>2009年1月11日に北京大学が入手したもので、関係者からの寄贈とされるが、その経緯は未詳である。
>竹簡の総数は三三四六枚、完整簡は二三〇〇枚以上(うち完簡は一六〇〇余枚)。
 なんか、盗掘品が戻ってきたような感じですが、1980年代にはずいぶん贋物を制作しそれが日本にも売り込まれていて私もみたことがあるので、どうも一度は疑いたくなります。

>炭素14の年代測定は行われていないようであるが
ってところは気になるところです。
 ここまで多量の竹簡なら、無字簡を再利用した贋物ではないと思うので、竹をC14検査すれば一発で解るのにね。なんでしないんだろう?? まさかまさかね??

  まあ、前漢の武帝時代ということになっているようで、隷書の成立という意味での研究も行われているようです。

 テキスト的には、馬王堆帛書老子に近いようですね。道徳経2篇のうち徳経のほうが先、道経のほうがあとになっていて、今とは反対です。

  現在は高い大部の本しかでていないのですが、そのうち活字化されたテキストもでると思います。

   最近、ちょっと不思議に思っているのは、真偽は留保するにしても色々な先秦の書物の竹簡帛書がでているのに、荘子(南華眞経)はでていませんね。極小さな断片は郭店楚簡にありましたが、ある程度の長さの断片すらはでていないようなのは不思議です。


 
posted by 山科玲児 at 06:33| Comment(0) | 日記

2015年10月10日

もんじゅ は廃炉へ(再)


2013年05月14日に
もんじゅ は廃炉へ
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/67387153.html
を書いたが、

ちょっとみのがしていたが、
「極めて異常」と原子力規制委 もんじゅ機器分類ミスで
http://www.47news.jp/CN/201509/CN2015093001001168.html
http://www.sankei.com/west/news/150219/wst1502190003-n1.html
というニュースもあり、
やはり廃炉にしなければいけないな。と確信した。
こういう、先のないプロジェクトではどうしても士気もモラルも落ちてしまい、危険である。

もんじゅへおちるお金は、まず廃炉プロジェクトに、そして新しいより安全な原子炉研究
核廃棄物消滅処理研究、宇宙でも使えるもの(廃熱を考えるとそうとう難しいはず)などの研究へ投資してほしい。
あの危ない落下事故を一応解決した連中なのだから、もんじゅで燻らせているのはもったいない。
本当は、より新しいプロジェクトのほうがよほど魅力的なはずである。


 
posted by 山科玲児 at 14:00| Comment(0) | 日記

2015年10月09日

検索は絶対ではない

 私も、長年、GOOGLEなどのネット検索、自分や他人の文書の検索をやってきたし、検索プログラムを作ったこともあるが、最近、

「検索にも限界がある」「信用してはいけない」

と考えるようになった。

 なぜなら、自分のPCのディスクにある文書を検索しているのに、語句があるはずの文書が検索できないことを何度も経験したからだ。

 これは、Windows7 Professionalで検索機能を軽視しているか速度重視のために、インデックスをつけてそのインデックスだけを検索するという手抜きをやっているかだろう。

  確かに検索で何分も待たされるのは考え物だが、一方、膨大な文書のなかで仔細な単語を抽出したいこともあるわけである。

 自分のPCの中の文書でさえ検索漏れがあるわけだから、世界の膨大な文書のなかでは、あるのがあたりまえであることを注意しなければいけないと思う。

 検索ソフト自体を探してみたくなった。




posted by 山科玲児 at 09:32| Comment(0) | 日記

新潟ビール


   ANAにのって、秋のおすすめという新潟ビール(缶)を飲んだらこれがとてもよかった。おつまみ付きで500円だったが2本も飲んでしまった。価格的には飛行機の中だし妥当なところだろう。ANA搭乗のおりには、是非お薦めしたい。

   ベルギービールに倣った、製造方法で「缶内発酵あり」というなんというかなかなり過激なものだが、ベルギー麦酒のファンで, 各種のベルギービールをブリュージュ・ブラッセル・アントワープ・ルーヴァンなどで飲み歩いた私にとっても、大変繊細で上々のビールである。
 会社は 新潟麦酒(株)で、確かに新潟にある。
新潟麦酒のラインアップ
http://www.niigatabeer.jp/lineup.html
少し取り寄せて飲んでみたいものだ。


posted by 山科玲児 at 07:32| Comment(0) | 日記

2015年10月08日

西洋美術館に埋もれていた絵が発掘公開された

delaporte UENO.JPG




 
  西洋美術館が1984年に購入したが、その後、あまり出展されなかったドラポルトの作品が今展示されていて、なかなかの佳作なので推薦しておきたい。
  
  桃、李、杏
  Peaches, Prunes and Apricots
  1760-63年頃
   油彩、カンヴァス
     31.5 x 40.2
 http://collection.nmwa.go.jp/P.1984-0004.html
   Henri-Horace Roland de la Porte  1724/25 - 1793


 この人の作品をルーブルでみて(イメージ 下↓)印象深かったので、
 上野にこういう佳作が埋もれていたとは思えなかった。
  意外だなあ。


delaporte.JPG


この画家の大きな作品がちょっと前、西洋美術館でやっていた「ボルドー展」で展示されていた縁で発掘されたのかな??


posted by 山科玲児 at 09:23| Comment(0) | 日記

2015年10月07日

風景画の誕生 観賞記 2



「風景画の誕生」展 渋谷BUNKAMURA 
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/15_wien/index.html
で ボス系の絵画も多少あり、その縁で國學院(あ、最近 学会でいった大學だ)の小林さんのトークショーもあるそうです。
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/15_wien/topics/post_16.html

 また、入り口にボスの怪物の大きなオブジェがあって、なんかボスが売りなのかなあ?
  ただ、あくまでボス系で、本格ものではありませんが、ちょっと面白いところもあります。


ボスの模倣者  楽園
  http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/15_wien/topics/002.jpg
  これは、とても小さな絵画で、精密に描いてあります。小さすぎてパンフなどにのっているイメージとは大部違いますね。 技術的には結構良くて美しいんですが、なんか内部のロジックがないというか、何を描いているかわからないという感じがあります。ボスの色々なモチーフを寄せ集めたみたいなもの。


 ことらも、リスボンの聖アントニウスの誘惑から切り取ってきて貼り合わせたようなもので、ロジック無視、例えば聖アントニウスが指さしているものがなになのか、全くわからなくなっています。リスボンの聖アントニウスの誘惑の模写はたくさんあるので当時人気があったのでしょうが、これはかなり落ちるほうではないでしょうか?  ブリュッセルには良い模写があります。


 一方、ボスより100年もあとのサフェリー:この人は巨大で華麗な動物園画をアントワープなどで観た憶えがあって、こういう絵を描くというのが意外なんですが、
 冥界のオルフェウス
   Roelandt Savery (1576-1639) -- Orpheus in the Underworld ...
   https://www.flickr.com/photos/facesofancienteurope/15959216784
 この絵は、後世のジョン=マーチン  失楽園  などの絵画風景の原型のような感じがあります。


posted by 山科玲児 at 07:27| Comment(0) | 日記

2015年10月06日

風景画の誕生 観賞記 1


2015年07月14日に書きました
「風景画の誕生」展 渋谷BUNKAMURA にみにいっってきました。
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/15_wien/index.html


石川美子「青のパティニール 最初の風景画家」(みすず書房)
http://www.amazon.co.jp/dp/4622078449
でも高く評価されていた「聖カタリナの殉教のある風景」をまず観に行ったようなものですが、これは残念ながらそれほどは感心しませんでした。ボートの側の細密描写などは優れた手腕が発揮されているのですが、全体としての魅力に私には乏しかった。岩の塊量性が乏しかったこともありますが、、なぜかはわかりません。ニスのせいかもしれません。

 むしろ、ホーホストラーテンの画家の小品《聖母子と聖カタリナと聖バルバラ》1510年頃の見事な風景と聖人の衣の錦の質感がメムリンクに似ていて見応えがありました。
 http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/15_wien/exhibition.html

また、アドリアン イーセンブラントの
エジプト逃避上の休息
http://www.tripadvisor.com/LocationPhotoDirectLink-g190454-d195233-i113352850-Kunsthistorisches_Museum-Vienna.html
 は、もこもこした苔のような草としっかりした岩の表現がよく、なかなかの佳作でした。

 そして、ヤン=ブリューゲル父子による銅板に油彩で描いた美しいパネルがあって、これはミラノのアンブロジアーナで同類を観て以来の良い経験でした。この銅板油彩というのは、なかなか良い方法だとおもうのに、なんでキャンバスや板が使われ続けたのかな?と思ったものです。


posted by 山科玲児 at 10:25| Comment(0) | 日記