2015年10月10日

もんじゅ は廃炉へ(再)


2013年05月14日に
もんじゅ は廃炉へ
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/67387153.html
を書いたが、

ちょっとみのがしていたが、
「極めて異常」と原子力規制委 もんじゅ機器分類ミスで
http://www.47news.jp/CN/201509/CN2015093001001168.html
http://www.sankei.com/west/news/150219/wst1502190003-n1.html
というニュースもあり、
やはり廃炉にしなければいけないな。と確信した。
こういう、先のないプロジェクトではどうしても士気もモラルも落ちてしまい、危険である。

もんじゅへおちるお金は、まず廃炉プロジェクトに、そして新しいより安全な原子炉研究
核廃棄物消滅処理研究、宇宙でも使えるもの(廃熱を考えるとそうとう難しいはず)などの研究へ投資してほしい。
あの危ない落下事故を一応解決した連中なのだから、もんじゅで燻らせているのはもったいない。
本当は、より新しいプロジェクトのほうがよほど魅力的なはずである。


 
posted by 山科玲児 at 14:00| Comment(0) | 2015年日記