2015年10月19日

皮装幀

皮装幀 中国書論集 (2).JPG皮装幀 中国書論集 (1).JPG


 中田勇次郎先生の
    中国書論集(1970)が安く売っていた。 黄庭経のことを70Pも書いてあったので、買ってみたのだ。
 新品同様の本だったのだが、寝転んで読んでいたら、そこらに青黒い汚れがついてしまった。
 おかしいなあ、と思ったが、どうも、背の黒い皮の上下の端の部分が崩壊して汚しているようだ。

 こういう崩壊は西洋の皮装幀にもあるが、それは120年以上前の古い装幀だ。そういう場合でも、こういう変な汚しかたはない。

  50年にもならない、新品同様の皮装幀でこれありなのか? そりゃ、既製品でありコストも安く抑えてあるものだろう。水道橋のリーブルでやっているような高級な皮装幀じゃない。 けれど、一応の背皮装幀である。

  一方、普通のクロスのものは問題がない。

  どうも皮装幀というのは、日本ではあまりよくないのじゃないかな、気候・湿度などの問題かもしれない。
  一応、樹脂で端を覆って固定して解決したが、こういうこともあるんだな、と思った。


posted by 山科玲児 at 08:50| Comment(0) | 日記

西洋美術館 来年3月末まで改修閉館


上野の西洋美術館は、10月10日から部分閉館、来年は3月末まで全面閉館で改修します。
東京へ行く人は予定に注意してください。

2015年10月08日に、
西洋美術館に埋もれていた絵が発掘公開されたhttp://reijiyamashina.sblo.jp/article/165237176.html
で、特筆しておいたドラポルトの作品もまた常設に展示してもらいたいものです。。
タグ:西洋美術館
posted by 山科玲児 at 06:43| Comment(0) | 日記