2015年11月16日

ヴェロネーゼ カナの婚宴 1 楽器

cana Viol.jpg
【部分イメージ:全体はこの10倍以上ある巨大な絵画】


今はたぶん自動小銃をもった警察官が警戒しているであろうルーブル美術館
には大きな絵が多いが、なかでも偉観なのは、このヴェロネーゼ《カナの婚宴》 だろう。
  http://www.wga.hu/html/v/veronese/06/2cana.html

横が10m近く、高さが6m60cmもある巨大な絵である。

 モナリザやミロのヴィーナスほど人だかりがしていないので、観賞にも便である。
 絵画の質からいうと、ダヴィッドのナポレオンの戴冠やルーベンスの連作より優れているように感じた。
 実のところこの作品は、1563年の作品であり、後期ルネサンス、ティティアーノとティントレットの間ごろである。相当古いのだ。

 あまりに明るく、明澄で豪華であり、なんの物語も問題意識も苦悩もないようにみえるこういう絵画は、二〇世紀のひねこびた評論家には扱いにくい対象であったようで、モノグラフもあまりみかけない。

  画家が耳を切ったり、教皇と喧嘩したり、同性愛したり、自殺したり、貧窮のなかで死んだりしなければ、本にしにくいのであろう。

 ところが、最近、
【名画の秘密シリーズ】ヴェロネーゼ 《カナの婚宴》 
 http://www.nishimurashoten.co.jp/pub/details/204_728.html
がでた。図書館から借りてきてみたが、いろいろ面白いことをみつけた。

  まず、イメージに出した手前の楽士たちの左の人がチェロのような楽器を抱えて膝の上において弾いているが、現代ではこういう奏法をする楽器は古楽のコンサートでも見たことがない。いわゆるヴィオラ ダガンバはチェロみたいに足の間において縦にかまえて弓は横にひくのが普通である。

  ヴァイオリンはこのイメージの右の方で演奏しているように、胸にあてて演奏する。
  これは17世紀の絵でも同じで、バロック時代でも踏襲された演奏法である
   2012年01月12日
    17世紀のヴァイオリン奏法
    http://reijiyamashina.sblo.jp/article/53058605.html

  この前に抱えて弾いている楽器は、なんだろうか?なんとも不思議な感じがする。また、弓の持ち方もかなり違うようにみえる。

  ちょっと考えるべきなのは、この絵画は一応ルネサンス時代の絵画であってバロック時代ではない。描き方がルーベンスなどに近いようにみえるので、勘違いしがちだがずっと古い時代なのだ。
  つまりバロック音楽ではなく、ルネッサンス音楽なのだ。
  そういうことを考えると、全く別の楽器だと考えたほうがいいのかもしれない。

  デヴィッド マンロウの「中世 ルンサンスの楽器」を参照してみたが、よくわからなかった。

  あるいは、最近流行していて寺神戸亮氏も熱中しているスパラ(肩掛けチェロ)と関係があるのかもしれない。


posted by 山科玲児 at 09:26| Comment(0) | 日記

2015年11月15日

猫沢エミさんが大丈夫なら


フランスで活躍している女性編集者:猫沢エミさんは

フリーペーパー BONZOURの縁で名前をしっているのだが、
今回のテロには遭遇しなかったようである。

Twitterには現地の生々しい感じがうかがわれる


猫沢エミ Twitter
posted by 山科玲児 at 19:46| Comment(0) | 日記

なぜかいかない米国

  2009年のルーヴァンでのロヒール ファンデアワイデン展で、米国のハンチントンギャラリーの聖母子を見て以来、

 米国の収集の優秀さには印象付けられた。

にはかなりひかれるものがあるし、ジョルジュ=ド=ラトゥールの聖マグダレーナの2点(ロスとワシントンNG メトロのものはあまりひかれないのでPASS)があることも気にかかるところである。

 そういえば、ゲッティで最近「トンダルスの夢」の中世挿絵本がNET公開され、また本もでているようである。
  東洋美術ではハーバードのウィンスロップコレクションは多いに気にかかっている。

  ここまで色々気にかかっていても、米国には未だに行ったことがない、ハワイもグアムもそうなんだが1歩も踏み入れたことがない、なんかひっかかるところがあるんだな。

  現在でも全く行く予定はない。 アスコリ=ピッチェーノやそこからさらに田舎の修道院にも訪れた小生なのにね。

  そうはいっても、体力がまともなうちにウインスロップやフーリアやフリックやクロイスターズはみてみたい気はする。


posted by 山科玲児 at 19:21| Comment(0) | 日記

2015年11月14日

【訂正 補足】パリ  テロ  続報2

訂正
少なくとも120人が死亡。
(旧 少なくとも153人が死亡。)

犯人は8人が死亡。

日本のテレビは5時間 報道せず。

【補足】  5人 を拘束、なんらかの情報がえられるかも。ただヤクやってる連中だから自白剤も効くかな?  
posted by 山科玲児 at 14:03| Comment(0) | 日記

パリ  テロ  続報

約140人 死亡

そのうち 約100人は Bataclan concert hallの、 ヘビイメタル  ロック コンサート 会場で殺された人々。

 ああいうコンサート会場では、確かに治安部隊突入もやりにくいからかもしれない。

 なんと、オランド大統領は、爆発があったサッカー会場で観戦していたそうだ。無論その後すぐ指示をだして強硬に対処させたが、、
  フランス公安は事前の徴候を察知していなかったということでもある。

    フランスの公安警察の面目丸つぶれだろ。

  前のテロでも捜査担当の署長がなぞの自殺してるし、警察の中がおかしくなっているのではないか??



タグ:テロ パリ
posted by 山科玲児 at 10:47| Comment(0) | 日記

パリでテロ

DailyMailでは、

・右岸のレストラン(カンボジア料理)で機関銃乱射11人死亡

・右岸の小さなコンサートホール(Bataclan concert hall) では100人が人質、15人死亡、血の海。

・北東部のスポーツスタジアム(仏独のフットボール戦開催中)の近くで二度の爆発 10人以上死亡?

上記右岸 二箇所はパリの都心

 「アラー アクバル」の声があったそうなので、イスラム系である可能性が高い。

オランド大統領は非常事態宣言、フランス国境閉鎖検問。

シャルルドゴール空港はメチャメチャな状態になるだろうな。。

    十三金だからというわけでもないだろうが。。

 これで、ますます  NF マリーヌ ルペン大統領のみこみが大きくなってきたが、、


 
タグ:テロ パリ
posted by 山科玲児 at 08:36| Comment(0) | 日記

長崎でも地震だ

早朝、5時50分ごろ、ユラユラとゆれた

東京では屡々経験したものだが、長崎では初めての大きなゆれだった。

震度3−4だという。

川内原発は異常なし。津波も1m程度だから問題なし。というよりこの程度で被害があっては話にならない。

長崎は火山性の小さなものはともかく断層形の地震は少ない土地なので、海底地震とはいえひさしぶりというか5.6ねんぶりだと思う。

タグ:地震 長崎
posted by 山科玲児 at 08:32| Comment(0) | 日記

2015年11月13日

三体白氏詩巻のイメージを変更



Wikimediaの小野道j風:三体白氏詩巻(国宝)のイメージを変更した。

もとのイメージが奇妙に縦長に変形されていたものが使われていたからだ。

これについては多数の写真複製を参考にし、確実性をもって、できるだけ現状をかえないようにして変更している。

ただ、この三体白氏詩巻、意外にしられていないし、観た人もすくないんじゃないかな。
写真複製も少ない。かなり良いものなんだけど、おしいことである。


posted by 山科玲児 at 10:37| Comment(0) | 日記

秀吉のせいで日本は消えていたかもしれない


  豊臣秀吉が大陸に侵攻したのは、もともと明と戦うつもりだったので、朝鮮王は「秀吉の味方で北京まで案内してくれる」と思っていた。
 そうでなくて、朝鮮半島で戦をやるはめになったが、連戦連勝で、
  秀次あて書状に、
 「後陽成天皇を北京にお移しし」と明帝国の征服と遷都をプランにしていた。
  実際、朝鮮で、本格的に戦闘したのは明の官軍とであって、あれは日明戦争だったわけだ。

  ただ、あの状態ではたぶん万里の長城線で阻止されたと思うので北京攻略まではいかなかっただろう。後金国(満州人)のドルゴン率いる軍勢が北京にきたのは李自成の軍が北京をおとし、明が滅亡したからである。

  しかし、万一、秀吉の日明戦争最中に、李自成のようなことあるいは、それに近いことが起こったとしたら、秀吉の誇大妄想的なプランが部分的に成功した可能性は微小であるが、ゼロではない。実際、土木の変のようなことが、明の前半にもあったわけである。

 もし、そうなったら、かなり形は違ったとしても、あの満州人の役割を日本人がやることになり、中国を支配したつもりで、逆に中国に飲み込まれていた可能性が高い。
 現在は、日本列島は倭族自治区になっていただろう。

 「満州人が中国を征服したら、満州を中国と呼ぶ」
ということから、
 「日本が中国を征服したら、日本を中国と呼ぶ」
ことになっていただろう。
  満州人は、満州語の衰退とともに絶滅に近くなっているが、そういう状態に追い込まれていたかもしれない。

  秀吉が、途中で死んでよかったと思う。

 この奇妙な「満州人が中国を征服したら、満州を中国と呼ぶ」という論理については、
武田邦彦 (中部大学)
2012年09月07日 
尖閣・竹島・四島・・・領土と国(2) 中国
http://takedanet.com/archives/1013802673.html
尖閣・竹島・四島・・領土と国(6)中国の「国」【歴史・倫理・日本】
https://www.youtube.com/watch?v=cr-NLKyumO0
 が、話していて、

なるほどと思ったものだ。

 普天(ふてん)の下(もと), 王土に非(あら)ざるは莫(な)く; 率土(そつと)の濱(ひん), 王臣に非(あら)ざるは莫(な)し。
   『詩經』小雅


posted by 山科玲児 at 09:58| Comment(0) | 日記

2015年11月12日

ドトールのインドコーヒー 再

ドトール インド.JPG


  ドトールが最近 限定で売り出しているインドのコーヒーはパッケージ デザインがとてもよくて思わず買ってしまいましたが、味もなかなか良いようです。チョコレートをいれたような感じを豆だけで出していますね。

  パッケージ のイラストは、姉妹でシルクスクリーン版画をやっている mocchi mocchi (望月佐和子 純子)さんの作です。
   http://www.mocchimocchi.com/


去年も同じ時期に出していました。
2014年11月19日
ドトールのインドコーヒー
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/105745380.html
India Coffe DOUTOR.JPG

posted by 山科玲児 at 06:32| Comment(0) | 日記