2015年11月01日

香港で碑帖拓本の特別展


香港  中文大学の碑帖コレクションは、世界的にも優れたものです。
確か、東京国立博物館の王羲之展のときにも、蘭亭序なんかを借りていたと思います。

そのコレクションの中核を寄贈したのが、北山堂という号をもつ香港の実業家で大収集家であった北山堂こと利榮森(1915-2007)氏です。

今、特別展やっているようですが、行きたい気もするが金がないというところですねえ。

 ところで、下のサイトでカタログ表紙が呈示されていますが、この十七帖は、日本で有名な三井本にそっくりでしょう? なんでも孔氏嶽雪楼旧蔵本なんだそうで、三井本(行方不明)との関係が議論されてもいいとおもいますね。

北山汲古:碑帖銘刻拓本
 2015年10月17日〜2016年1月31日
 http://www.cuhk.edu.hk/ics/amm/index_c.htm

posted by 山科玲児 at 09:57| Comment(0) | 2015年日記