2015年11月10日

契丹文字じゃないの?


契丹文字.jpg


2015年11月08日にアップされた
呪文?絵画?幻の「超難解」漢字 中国のネットで話題に 総画数56
http://withnews.jp/article/f0151108000qq000000000000000W0230301qq000012670A?utm_source=yahoo&utm_medium=referral&utm_campaign=photo_link_back&utm_content=related
なる文字が紹介されている。


 この文字を一目みたとき連想したのは、契丹文字である(イメージ)。あるいは西夏文字にもやや近い。
 西安は、唐末、宋ごろには契丹に占領されてたんじゃないのかな?そういうことで影響があったんじゃないの?
 記事にはでてこないけれど、中国人は、妙な癖があって、占領軍の異民族・国家を勝手に中国にしてしまうから、そういうルートで契丹文字を漢字にとりいれたのかもしれない。
  もとが契丹文字だとしたら、なんか中華思想的に都合がわるいのかな??

  もっとも、契丹文字自体が漢字を組み合わせたものにみえるから、
漢字−>契丹文字−>漢字という変なループになっている。
この中国人の「中国観」の不思議は、また次に書くことにしよう。

  この変な文字を使うという西安の麺料理はサイトに写真がでているが、なんとなく東京の西安刀削麺で供する平たい麺と似たようなもののようにみえる。

posted by 山科玲児 at 09:23| Comment(2) | 2015年日記

ロシアは航空機墜落をテロだとみている

10月31日、シナイ半島で起きた、ロシア機 墜落

だが、

爆弾テロである可能性が非常にたかくなっているようで、

ロシア政府は軍の飛行機を出して、エジプトから8万人のロシア人帰還を援助しているらしい。

時事ドットコム:観光客の荷物、軍が輸送=ロシア

「観光客八万人」と書いてあるが、実際は短期滞在のビジネス客が多いだろう。短期の場合は、ビジネス用途でも「観光」と申請するのが普通だからだ。

それにしても、このロシアの作戦は日本もみならうべきだし、安保法制もこういう作戦のために作った部分もあるようである。

posted by 山科玲児 at 07:52| Comment(0) | 2015年日記