2015年12月25日

国際的振り込め詐欺メール


  ベルギーの知人からメールが来たと思ったら、どうも国際的振り込め詐欺メールだったようだ。
  最初が、フランス語の短いものだったので、ちょっと文章がおかしいな、とおもったがうっかり返信してしまったのだ。しかもフランス語で。
  うっかりLinkedInに登録していたせいで(これもベルギーからみ)、だれが友人知人なのかわかってしまうので
  巧妙ななりすまし詐欺メールが可能になるのである。

     ただ「振り込めメール」に具体的な固有名詞がないうえに
   なぜか、迷惑メールに分類されていること、三度も連続してきていること、いつものアドレスではない(しかしアドレス名には知人の名がはいっている)こと、私が普通 英語でメールしているのにフランス語で書いてくるのは不思議、などから、疑問に思った。現在欧州は真夜中だから確認はできないが99%詐欺だと思う。判別に1時間ほどかかった。とんでもない浪費だ。

   SNS系統のものは、友人関係を外部に公開してしまうので、友人になりすましたメールを送ることは、可能なのだ。

     速攻で放置していたLinkedIn のアカウントを解約した。いままでのはしょうがないが、これ以上悪化は止めないといけない。


    2012年11月29日(木)
    国際的振り込め詐欺メールに注意!
      http://fx-blog.jp/mizutani/index.php?ID=480
というような記事もあるようである。
posted by 山科玲児 at 08:11| Comment(0) | 2015年日記

2015年12月24日

清純なクリスマス音楽


午前中にラリューを推薦しておきましたが、ちょっと重厚すぎるかもしれません。

清純なクリスマス向きとしてはシャルパンティエのほうがいいみたいですね

レジナ チェリとか

リタニーとか

でも、このニューヨークでのリタニーは微笑ましいのですが、合唱になると突然下手になるのが印象的です。
posted by 山科玲児 at 20:25| Comment(0) | 2015年日記

マニフィカート

la Rue Manificat.JPG

クリスマスらしい聖歌として、マニフィカートを聴いてみた


これは、カナダのモントリオールの団体VIVA VOCEのあまりけれんみのない演奏だ。


同じペーター シューベルトの指揮で、同じ作曲家の作品でも、このオルフェウスアンサンブルのほうは、とくにグレゴリアンの声法がまるで異風なので感心しない。

こういう歌い方って、オペラ風?  リート風?  よくわからないが違和感炸裂である。



posted by 山科玲児 at 10:22| Comment(0) | 2015年日記

可愛いお菓子



 クリスマスイブなので、女性への気の利いた小さな贈り物としては、
こういう可愛いお菓子はどうでしょうか?
  子供から大人まで 夢のお菓子 アンファン | 株式会社アンファン
  http://www.enfant-un-reve.co.jp/

 東京銀座  松屋地下で ジョリーボンヌというブランドで店を出していて、知ったのですが、
とてもアイディアがあって綺麗なので、推薦します。

直営店舗;他に博多岩田屋地下にときどき臨時で出店しているようです。
  Jolie/Bonne(ジョリボンヌ)東京都中央区銀座3-6-1 松屋銀座店 地下1F
TEL:03-3567-1211
   大阪愛シング大阪府大阪市北区梅田3-1-1 大丸松坂屋梅田店 地下1F
TEL:06-6343-1231
   J'm KOBE(ジェイムコウベ)兵庫県神戸市中央区明石町40番 大丸松坂屋元町店 地下1F
TEL:078-331-8121
   ガラスの中のアリス愛知県名古屋市中区栄三丁目16番1号 大丸松坂屋名古屋店 地下1F
TEL:052-251-1111
   Enfant(アンファン)北海道札幌市中央区南1条西2丁目 丸井今井札幌本店 地下2F
TEL:011-205-1151


posted by 山科玲児 at 08:46| Comment(0) | 2015年日記

2015年12月23日

長崎でシュークルート

CENATORIA.jpg



浦上天主堂のちかくにある家庭的レストラン
セナトリア(イメージ)で


シュークルート やっているようです。
シュークルートはジャン=レイの怪奇小説で親しんでいたんですが、

ソーセージやハムを暖めて、塩漬け?キャベツの上にのっけたものにたいですね。

アルザスの郷土料理です。

他にムサカ(ギリシャ料理だったかな)や、カキのオープン焼きもやっているので推薦


posted by 山科玲児 at 15:48| Comment(0) | 2015年日記

2015年12月22日

日韓請求権協定、韓国憲法裁が違憲性判断へ


日韓請求権協定、韓国憲法裁が違憲性判断へ 23日に、半世紀前の合意“蒸し返し”
http://www.sankei.com/world/news/151221/wor1512210034-n1.html

 ちょっと、自爆すぎる。

 違憲−>日韓請求権協定破棄なら、
 日本人 日本企業, 日本政府が韓国にもっていた財産・土地の請求権が復活するな。現代の貨幣価値でものすごく低く見積もっても16兆円以上とされるものですよ。

 敗戦後、どんな大富豪でもリュックひとつで半島や大陸から戻ってきたことを考えると、その資産の大きさがわかるだろう。

  さらに、協定締結時の無償3億ドル(当時の)の経済協力金も返還してもらわないとね。当時は擬似的金本位制だったから、当時のドル金交換レートで三億ドル分の金塊を返却してもらえばいいんじゃないの(265トンですね、だいたい)。


 通貨危機のときの、IMF管理どころではないよ。瞬間的に韓国が植民地化されてしまうくらいの打撃がある。ソウルの中心街の土地所有権は皆日本に返還されるのではなかろうか。

 韓国の裁判所はわかっているのかねえ。

  ただ、裁判所の判断があったからといってすぐ条約破棄になるわけではない。日本でも、国会議員の定数がおかしいと最高裁が判断したからといって、すぐに議員が議席を失うわけではないわけで、立法や行政の行動を後押しするだけだ。

posted by 山科玲児 at 20:32| Comment(0) | 2015年日記

世界の家庭料理


  ロシア料理のレシピを探していたら、面白いサイトをみつけました。
 このサイトには、かなりディープというか、日本化西洋化が少ないレシピが多いようでなかなか面白い。


   世界の家庭料理
     http://www.geocities.jp/eline_saglik/index.html#eur
posted by 山科玲児 at 08:45| Comment(0) | 2015年日記

2015年12月21日

明るいミサ曲

santannaLaRue.JPG


  まあ、モーツアルトのミサ曲は、レクイエムを除いて明るいものが多いけれど、
15世紀ごろのフランドルのミサは神秘的で暗めのものが多いようです。
  そのなかで、例外的なものが
   ピエール ドラリューの聖アンナのミサ
です。

  もともと、ピエール ドラリューの作品は超低音を使う暗めのものが多いんですが、これだけは例外です。
  とすると、ほんとにピエール ドラリューの作品なのか?偽作じゃないの?という疑惑がでるが、それはたぶん大丈夫です。
  このミサの写本はウイーン・イエナなどにあって、皆スヘルトーヘンボス・アントワープ、メヘレンなどで活動した有名な写本制作者アラミレ工房の製作です。 しかも写本にはいっているのが皆ドラリューの作品なので、まず間違いないと思います。
 写本はたぶんネーデルランド総督マルグリット=ドートリシュの援助で制作されたものでしょう。


2012年04月23日
 十五世紀のモーツアルト
    http://reijiyamashina.sblo.jp/archives/20120423-1.html
2007.08.06
 15世紀のヘ長調 
    http://plaza.rakuten.co.jp/yamashinareiji/diary/200708060000/
でも紹介したんですが、最近はダウンロード音源で気軽に購入できるようなので、再度紹介してみます。

 この曲の唯一の録音がこれですが、コメントには演奏がよくないという悪評が多いんです。
私はそれほどひどい演奏だとは思いません。まあ、普通というか、少くとも耳障りで聴くに堪えないというようなものではないと感じます。
 もとの曲がいいのは確かだから、もっと他でも演奏  録音があってもいいと思っています。

Missa De Sancta Anna, Lamentatione Jeremiea
演奏:Schola Discantus dir. Kevin Moll, 1995 in Memorial Church, Harvard University
 Lyricord LEMS 8021
posted by 山科玲児 at 08:04| Comment(0) | 2015年日記

2015年12月20日

ミイラになって宇宙旅行?

コードウェイナー・スミス のSFで、人間をミイラ化して宇宙旅行して、到着地で復元するという気持ちの悪い話を読んだことがある。

どうも、ある種の虫は、それに近いようなことをやっているらしい。


「最強生物」クマムシ、衝撃のDNA構成が判明 (ナショナル ジオグラフィック日本版) - Yahoo!ニュース

無生殖で5千万年を生き延びたワムシ | ナショナルジオグラフィック日本版サイト


しかし、こういう宇宙旅行はいやだなあ。

冷凍睡眠ってのは、あまり抵抗はないんだけど、ミイラ化ってのはどうだかねえ。


posted by 山科玲児 at 09:31| Comment(3) | 2015年日記

2015年12月19日

中国潜水艦、巡航ミサイルで米空母に模擬攻撃

中国潜水艦、巡航ミサイルで米空母に模擬攻撃
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/12/18/2015121801008.html


  これは朝鮮日報しか報道していないようだが、
 の記事だから、たぶん本当だろう。

  日本がからまないと、朝鮮日報は、朝日新聞や読売新聞などの日本の新聞よりも優秀な記事を書く。

 日本のマスコミは卑劣にもダンマリを決め込んでるね。英語読めないはずないだろう??

 これは、10月24日だというから(英文記事参照のこと)、イージス艦ラッセンが南シナ海公海を航行していたときのほんの少し前である。出航と前後するあたりか??

 日本のマスコミは、空母レーガンとニアミスというような報道だったが、こんなムチャクチャなことをやっていたとは思わなかった。



posted by 山科玲児 at 17:48| Comment(0) | 2015年日記