2015年12月17日

中華人民共和国での盗掘


「毎年数百件」摘発、時価94億円超の盗掘も (読売新聞) - Yahoo!ニュース

 ただ、最近は日本市場や欧米市場に、1980年代90年代のように、そんなに発掘ものはでていないように思いますから、
案外、国内での取引が多いんじゃないのかな?と思っています。

 昔は、土中古というか発掘物は、中国国内の蒐集家はあまり関心がないというのが多かったので、マカオ⇒香港経由で輸出されることが多かったのですが、最近はそうでもないのかな??

 この辺は、最近 遠ざかっているのでよくわかりません。


 こういう事件は、未発見の墓や遺跡からの単なる盗掘の罰則が軽いことがあると思います。これは古い中国の専門新聞「文物報」にいろいろ判例記事がありますからわかります。中国の他の犯罪の判例と比べると驚くほど軽い刑罰です。

 一方、博物館などの施設から盗んだ場合は、つまらないものを盗んでも「死刑」が多かったようです。


posted by 山科玲児 at 10:23| Comment(2) | 2015年日記