2015年12月25日

国際的振り込め詐欺メール


  ベルギーの知人からメールが来たと思ったら、どうも国際的振り込め詐欺メールだったようだ。
  最初が、フランス語の短いものだったので、ちょっと文章がおかしいな、とおもったがうっかり返信してしまったのだ。しかもフランス語で。
  うっかりLinkedInに登録していたせいで(これもベルギーからみ)、だれが友人知人なのかわかってしまうので
  巧妙ななりすまし詐欺メールが可能になるのである。

     ただ「振り込めメール」に具体的な固有名詞がないうえに
   なぜか、迷惑メールに分類されていること、三度も連続してきていること、いつものアドレスではない(しかしアドレス名には知人の名がはいっている)こと、私が普通 英語でメールしているのにフランス語で書いてくるのは不思議、などから、疑問に思った。現在欧州は真夜中だから確認はできないが99%詐欺だと思う。判別に1時間ほどかかった。とんでもない浪費だ。

   SNS系統のものは、友人関係を外部に公開してしまうので、友人になりすましたメールを送ることは、可能なのだ。

     速攻で放置していたLinkedIn のアカウントを解約した。いままでのはしょうがないが、これ以上悪化は止めないといけない。


    2012年11月29日(木)
    国際的振り込め詐欺メールに注意!
      http://fx-blog.jp/mizutani/index.php?ID=480
というような記事もあるようである。
posted by 山科玲児 at 08:11| Comment(0) | 日記