2016年01月08日

ケルンの中心で 女性暴行多発 大晦日に

ケルンの中心大聖堂の周囲 ニューイヤーの花火をみに集まった人々のなかで

外国人集団による 女性暴行 が多発 (BBC)英文


>A British woman visiting Cologne said fireworks had been thrown at her group by men who spoke neither German nor English. "They were trying to hug us, kiss us. One man stole my friend's bag," she told the BBC. "Another tried to get us into his 'private taxi'. I've been in scary and even life-threatening situations and I've never experienced anything like that."

拙訳>ケルンを訪ねていた英国女性曰く: ドイツ語でも英語でもない言葉を喋る男達が彼女らのグループに花火を投げ込みました。「彼らは抱きついたり、キスしたりしました。一人は友達のバックを盗みました。」「もう一人は私たちを車につれこもうとしました。私は命の危険を感じましたし、かってこんなめにあったことはありません。」


メルケルの難民政策・移民政策の成果ですね。

ケルンの女性市長も、まるで女性達のほうが対策すべきだというような恥知らずなことを言っているようです。
 それでドイツの司法省から注意を受けているとか
http://jp.sputniknews.com/europe/20160107/1409594.html

おまけに、ケルン警察は、誰一人逮捕していないそうです。呆れました。
どうせ、この事件は日本のマスコミでは報道されないでしょうから、翻訳アップしておきます。

posted by 山科玲児 at 11:40| Comment(2) | 2016年日記

ベグラムの象牙


太宰府の九州国立博物館で東京より早く開催される
黄金のアフガニスタン展
https://www.youtube.com/watch?v=fpUrEuBEGzs
特別展『黄金のアフガニスタン』紹介
https://www.youtube.com/watch?v=CYo1F3IOlW8

 ですが、黄金がクローズアップされているので、ちょっとみすごしがちなものに,
ペグラム 出土の「インドの象牙細工」があります。
 このペグラムの遺寶ってのはペグラムという「クシャン王朝の夏の離宮」?かな?と推定されている遺跡の一部屋が倉庫のようになっていてそこからまとめて出た遺物です。フランス隊が発掘したので、パリのギメ美術館に半分、カブールに半分保存されていました。タリバンのとき、このカブールの分の破壊が懸念されていましたが、なんとかかなりのぶんが助かったようです。

 このペグラムの遺寶というのは、ローマングラス、中国の古代漆器・銅鏡まであるという、当時のユーラシア全土からの輸入品でできているようです。万博をみているような印象がありますね。そもそもペグラム周辺での生産品のほうがあまりないような感じすらうけます。いかにもシルクロードの中心 交易都市なんでしょうか??

  そのなかでも、他になく、注目すべきものが、このインドの象牙細工です。土質や気候の関係かインド本土では全く残っていないで、このペグラムにだけあるというのも不思議です。
   ベグラム  象牙 彫刻板  GUIMET
    https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Bagram_Guimet_09.JPG
 ギメで、多数みたときは、どうも寺院やサンチーのストーパの模型じゃないか? と思ったものですが、 今回のカタログでは家具の装飾板という解釈ですね。

  今回展示されている有名な
ベグラム 象牙  腕 怪物に騎乗する女神(双頭)
http://www.artalacarte.us/_Media/droppedimage_1-3_med.jpeg
で、面白いのは, 女神は双頭でヤヌスのように両方に顔をむけていることです。
普通の写真では気がつきませんでした。

 

posted by 山科玲児 at 09:59| Comment(0) | 2016年日記

中国共産党政府 株式売買規制

  やっぱり、中国共産党政府は、1月8日からの大株主の株式売買解禁を再規制し、事実上売却禁止延長するようです。
・大株主は会社の発行株式の1%以上を3ヶ月以内で売ってはいけない。
    o.9999%を3ヶ月以内に売るのはいいということかな

・売る場合、15日営業日以前に事前申告すること。

一番目より、二番目の事前申告というのがかなり無茶ですねえ。もう施行されているなら明日は売れないわけですしね。そりゃ会社の買収や合併、公開買い付けなんかで、事前に株式の大きな取引があることがわかることもありますが、
  「事前に市場で大きな売りがあることがわかる」−>「株価が下がるに決まっている」−>「空売りしよう」「事前にうっておこう」−>15日間暴落−>「暴落するのがわかっていて申請するバカはいない。株を担保に借金でもして現金を持ち逃げしたほうがいい」となるのは当然です。

 大株主が市場で売るのを禁止しているのも同然じゃないですかね。ただ、大株主は、皆共産党幹部か国営企業法人でしょう?あ、そういや伊藤忠もありましたね。伊藤忠の株価は、1月7日たった1日で5%も下げました。丹羽の罪 恐るべし。
去年の1月21日に
    伊藤忠の破綻
を書きましたが、予言者になるかな??
また、サーキットブレーカーで取引停止すると、かえって悪影響があるので、

・サーキットブレーカー を暫定停止する
そうです。

これで、本日の上海総合指数、月曜日のそれ、がどうなるかは、わからなくなりました。

・ 2500Pへむけて暴落する
・共産党の指令によって介入が行われ、大きく上下するも現状維持する
・特権階級が売り抜けて10分で売買停止

のどれに傾くか不明です。

 ただ、これって市場といえるのかな。


posted by 山科玲児 at 06:11| Comment(0) | 2016年日記