2016年01月16日

台湾総統選 立法院選挙 勝利

【台湾総統選】
民進党の蔡英文候補が圧勝 

立法院選挙(台湾の国会)でも民進党が単独過半数獲得 

国民党は地盤選挙区でも敗北あいつぐ 新党・時代力量は健闘


総統選 勝利は確実視されていましたが、

立法院選挙で過半数とれれば政権が安定するし、2/3とれれば憲法改正に手がとどくんでかなり重要です。

posted by 山科玲児 at 20:43| Comment(0) | 日記

オランダ フランドル絵画の学者たち


 初期フランドル絵画の最新ニュースを得るためにときどきアクセスしている
   CODART
     http://www.codart.nl/

だが、ここは初期フランドル絵画だけではなく、17世紀ぐらいまでのオランダ ベルギー絵画 研究者たちが関与しているようである。というより、量的にも後世のほうが多い。

  その研究者達のエッセイや横顔をみるのには、CODARTのサイトのなかでも、
    http://ezine.codart.nl/28/issue/index/?id=55
  がいいんじゃないかなあ、と思っている。
posted by 山科玲児 at 11:07| Comment(0) | 日記

中国絵画  入門


  いただいた年賀状で、当方の書き物(印刷したほう)を褒めてくださったのがあったので、昨年書いたものをみかえした。
  玲児の中国絵画入門
   http://reijibook.exblog.jp/i7/
  が、結構いいと思ったので、プリンタ印刷して郵送することにした。
     四王呉ツ、に対する「新しい平凡」「狩野派との類似」の指摘は、我ながら新しい見解だと思いますよ。

  しっかし、中国絵画の入門書ってのは難しいなあ、あの台北故宮の王耀庭先生のものも固すぎだしなあ。王先生の論文や故宮文物月間のエッセイはとても面白いんだが、構えて入門書になると読みにくくなってしまう。

  やっぱり、古代から非現実的な「画論」ってのが積み上がっているのがいかんのだろうと思う。


タグ:中国絵画
posted by 山科玲児 at 10:11| Comment(3) | 日記