2016年01月17日

人民元安と伊藤忠

昨年から、人民元安が激しくなっているが、これは、伊藤忠のバランスシートに打撃となる。

伊藤忠は中国の国営企業に6000億円前後出資したらしい。
融資ならドル建てや円建てという、人民元の為替変動に関係の無い手段があるが
出資の場合:つまり株券を買うような場合は、そういう手段はない。

人民元が安くなればそのぶん伊藤忠のバランスシートが毀損する。
まあ、債務超過にまではならんかもしれないですけどね。

あああ、当方の危惧が現実化しそうですね。

posted by 山科玲児 at 19:11| Comment(0) | 日記

台湾の立法委員選


  台湾の立法委員選は、はじめて国民党が立法院多数を手放したという歴史的な結果に終わった。
  朱主席は辞任、後任はだれなんかな?あるいは王金平におしつけるとか、、国民党の解体がすすみそうだ。
  ただ、時代力量を加えても、憲法改正に必要な2/3 (76議席)をとるにはおよばず、非常に微妙な結果ともいえる。
  米国は、例によって現状維持を望んでいるし、大陸にある台湾企業台湾人も膨大なので、一気にラディカルなことはやれない、この状態が台湾にとってはよいことかもしれない。
  まあ、総統と立法院の間のねじれがないので、法律は順調に通すことができ、民進党がよほどひどいことをやらない限り(その可能性もある、陳水扁周囲の汚職が政権の大きなキズになったしね)、安定政権になるだろう。

<台湾の立法委員選>民進党、初の単独過半数 国民党は議席大幅減
http://japan.cna.com.tw/news/apol/201601170002.aspx
立法院(国会、定数113)
民進党  68議席
国民党  35議席
新党「時代力量」5議席
親民党が3議席
無所属と無党団結連盟 1議席

posted by 山科玲児 at 08:28| Comment(0) | 日記