2016年01月24日

台湾でも雪が降る温暖化


台湾でも降雪、山地の雪見ようと渋滞 台北の気温は44年間で最低の4度http://www.sankei.com/world/news/160124/wor1601240023-n1.html

あの台湾でねえ。

奄美でも115年ぶりに雪が降りました


長崎でも10年ぶりの豪雪で水道管が凍って困っています。

昨年は北米が厳冬でナイアガラの滝が氷結したりしましたね。

温暖化したら寒くなるとか、戯言いっていた人々はどうなったんでしょうか。

海外では、とっくに懐疑主義が主流となっていますが、排出権取引の損を少なくしたい人々も多いので、 COP21でパリ会議  パリ協定 という、茶番が行われました。

もうだれも信じてないけれど、お金を損したくないのでやっているというところですかね。

なさけない連中です。

石油もガス相場も安いんだからどんどん使うべきですね。そのためには西部ガスもガス料金を下げてくれないかな。

 

posted by 山科玲児 at 19:11| Comment(0) | 日記

修子内親王の功績

暴れん坊 少納言 56.JPG

2016年01月11日に紹介した

暴れん坊少納言


に登場する3歳ぐらいの皇女(ひめみこ) 修子内親王は、のちに、「三条の宮」となるのですが、
一六,七歳ごろの更級日記の著者:菅原孝標の娘に 物語の本を下賜しているみたいですね。
当時、菅原孝標の一家は修子内親王の邸宅の隣に住んでました。

たぶん豪華な本だったであろう、その物語の本が、菅原孝標の娘が最初に得た立派な本だったようです。

この菅原孝標の娘は、後に、更級日記のみならず、三島由紀夫にも影響を与えた浜松中納言物語、 中村真一郎などが推薦しているが相当欠巻が多い「夜半の寝覚め」を書いた当代一の小説家になった。他に「朝倉」「自ら悔ゆる」という消滅した小説も書いたらしい。

修子内親王もいきなことをしたものである。




posted by 山科玲児 at 15:41| Comment(0) | 日記

長崎の雪

雪2016Jan24 (3).JPG雪2016Jan24 (2).JPG

雪2016Jan24 (1).JPG


九州長崎でも、ここ2,3年なかったような雪が降り続いています。

風が少なく、雪だけがしんしんと降り続けておりますので、とても靜かで、なんとなく風情があります。

まさに沈黙の音(Sound of Silence), 

思わず「雪のふりけるとて詠める」とかいいだしかねないところですが、

まずは 三好達治の傑作

太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。
    次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪ふりつむ。
               
                  三好達治 『雪』

王羲之の快雪時晴帖でも臨書しようとおもいたちましたが、よく考えたらまだ「晴」てないのでひかえましょうかね。

タグ: 長崎
posted by 山科玲児 at 08:19| Comment(0) | 日記