2016年02月21日

東京国立博物館蔵 蘭亭序巻子本の解剖


陳鑑 印  比較.jpg


書聖 王羲之 展  図録

           http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1569

  80番のチョ模蘭亭の巻子本は、明成化5年ごろの陳鑑刻本なのだが、従来の解説を踏襲して「宋拓」としているのは残念だ。明時代に刻した法帖の拓本を宋時代に拓本にすることなど不可能なことである。上のイメージのように原石自体に「翰林陳シュウ煕氏書画印」という印影が「刻」してある。右1/3ぐらいしか残っていないので、これだけでは読めないだろうから、左に他の書画におした陳鑑の同じ印影を重ねて合成してみた。
 1万歩譲っても明時代中期の陳鑑以降の刻本である。宋拓なんてありえない。

 この蘭亭序拓本の巻子本は、王鐸の蘭亭序臨書も収録されていて、なかなか面白いものなのだが、長大な巻子(5m以上はある)なので、公開の場で全部ひろげられたことはないと思う。あるとき、比較的長く広げたことがあって、その複雑な来歴に、中国風の書画鑑賞の姿勢を実感したものである。中国の収集家が、古い書にたいして後ろに感想文や関係資料臨書をつけくわえて、1つの大きな巻物にするやりかたがよくわかる。
  幸い、東博のネットで全部の写真をそこそこの解像度ながら観ることができる。私もこのネット公開で初めて末尾までみ
ることができた。
       E0029204 チョ模蘭亭序(宋拓) - 東京国立博物館 画像検索                      
 これは、旧 高島菊次郎コレクションで、呉栄光(乾隆38(1773)〜道光23(1843)嘉慶4 (1799) 年の進士。)旧蔵という伝来を誇る筋の良いものである。
 拓本自体は、明 明成化5年ごろの陳鑑刻本であるが、後半の米?の跋までちゃんと拓してあるので、上海図書館の同類と比較できとてもありがたい。 
  
  拓本の次には呉栄光の跋があり、その周囲にメモが貼り付けてあるが、貼ってあるということは巻子になってから書いたものではなく、前に書いたものを貼り付けたのだろうがちょっと妙なやりかたである。

 その後に、王鐸の蘭亭序臨書がある。この臨写本は戦前からなんども影印 印刷出版されているし、王鐸人気とあいまって知っている人は多いだろう。ところが、これは実は冒頭の拓本の臨書ではない。いわゆる「領字従山本」であり、冒頭の拓本とは全く違った拓本か模写本(例えば台北故宮 保管の 黄絹本蘭亭とか)を臨写したものである。冒頭の蘭亭拓本に大きな王鐸の印が2つも押してあるので勘違いしやすいのだが、関係がない。もともと別々のものを後世に合わせたものである。
 いったいだれがいつ組み合わせたのだろう? 
 冒頭に、呉栄光の1,2世代先輩の馮敏昌(1741年−1806年) 号「魚山」 乾隆43年翰林 の題簽(イメージ)があってそこに王鐸臨本が付属していると書いてあるから、馮敏昌ではないだろうか?またこの王鐸の書の末尾には呉栄光の所蔵印があるので呉栄光のところでも一緒になっていたのは間違いない。
東博 呉栄光 蘭亭 巻 冒頭.jpg


で、この王鐸の臨本のあとに茶色の紙に蘭亭を模写した署名なしのものがついているのだが、これが怪しさ爆発のもので北宋徽宗皇帝の印や南宋 高宗皇帝の印や明の大蒐集家の印などがあるが悉く偽物のようである。この模写本は、行間隔をみると、どうも拓本から作ったものではないか?と思われるもので、それを唐模本に仕立て上げたもののようである。ただ呉栄光自体がこれを組み合わせたのは確かなようで、冒頭の呉栄光の題簽(イメージ)には「附臨本二」となっている。ただ、あまりひどいので呉栄光の所蔵印すらこの模本・偽物には押してないようだ。それで、題簽の「二」というのは後入れかもしれないという疑惑もわく。
  そのあとに、前述の馮敏昌の臨本がついているので、これは冒頭の蘭亭拓本の臨写本かと思ったら、全く別の「国学本」の臨写らしい。なんじゃこれは。国学本のイメージは以下にある。縦の罫線があるので冒頭の拓本と間違えようがない。
    国学本蘭亭序 孔氏嶽雪楼 旧蔵本
     http://webarchives.tnm.jp/imgsearch/show/E0031688
更に、そのあとに陳?という人の蘭亭臨本があるのだが、これに至ってははっきり「国学本を臨写した」と書いてある。

  最後の潘正キ(1791-1850)の蘭亭臨写本にいたってようやく冒頭の拓本の臨写になるのである。この最後の潘氏は聴帆楼主人と号した広東の有名な蒐集家だったし、馮敏昌も広東なので、どうも広東で潘氏が最終的にこの巻物を仕上げたらしい。後半についている3つの蘭亭、あるいは4つの蘭亭は呉栄光と関係なく潘氏が組み合わせたのかもしれない。
 最後といたtが、本当に最後なのは一行だけの山本竟山の題記で、これは日本にきてからのものだと思う。

  このように複雑怪奇なこの巻物の状況をみると、中国の書画巻というのは、有名人の名画名跡に後世の人が跋(感想文)を付け加えて長い一巻になるというような単純なものではないということがわかる。もっと複雑で利害がからむややこしいものもあるのだ。



posted by 山科玲児 at 09:54| Comment(0) | 2016年日記

2016年02月20日

書聖 王羲之 展  図録

書聖 王羲之.JPG

  3年前の特別展「書聖 王羲之」 は、東京国立博物館で観賞はしたが、重いカタログは、買わなかった。
       平成館 特別展示室   2013年1月22日(火) 〜 2013年3月3日(日) 書聖 王羲之 展
           http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1569

このときの記録はここにメモしておいた。
   2013年02月27日
     王羲之 展
     http://reijiyamashina.sblo.jp/article/62953703.html
     http://reijiyamashina.sblo.jp/article/63002871.html

 まあ、なんというか本があふれてしまうので大きいカタログを買うのはひかえていたのである。

 しかしながら、秋萩帖王羲之臨書の研究のため、この図録でどういう解説をしているかをみる必要性に迫られたので、古書でまあ妥当な値段で購入したのである。ネットオークションで、去年の一時期、高値をつけていたようだが、もうそういう爆買いの嵐は過ぎたようだ。

 「ひょっとして既に研究されてしまっていてはまずい」という、みみっちい意図で買ったものだが、それ以外の解説に興味深いところが多かったのは幸いだった。

  まず、伊藤滋さんの黄庭経心大平本についての解説があったのはびっくりである。もっとも、この展覧に「個人蔵」となっている拓本法帖には伊藤さん所蔵のものが多かったから、そういう縁だろう。非常に専門的で第一流の論文だが、果たしてどれだけの読者が読んだのかなあ?まず「心大平本」と「水痕本」の意味がわからないかもしれないなあ。

  また、手鑑を解体してでた古筆切のなかから、王羲之の模写本:大報帖 
を発見した名児耶先生(五島美術館)の生々しい報告もあってこれも面白い。この大報帖は、九州国立博物館での「美の名宝」展のとき貸し出されて展示されていたが墨が均質でペタとしていていかにも模本らしいものだった。
  また、跡見学園の横田恭三先生の秦漢時代〜王羲之の時代の書体変化についてのわかりやすい解説があった。この分野は近年の発掘で大きく変わっているので新しいまとめが必要なところだった。

  また、62番 孔侍中帖の解説のなかで、江戸時代初め元和年間の江月宗玩の記録「墨跡之写」の写真図版を小さいながらいれているのは、有り難かった。 私も写真は初見だ。解説の冨田さん(東京国立博物館)に感謝したい。

  ただ、80番のチョ模蘭亭の巻子本は、明成化5年ごろの陳鑑刻本なのだが、従来の解説を踏襲して「宋拓」としているのは残念だ。
REF: https://www.jstage.jst.go.jp/article/shogakushodoshi/2011/21/2011_45/_pdf

  安易な動機で通販古書店で買ったものだが、解説・図版とも充実していて、まあ正解だったかな。


posted by 山科玲児 at 09:17| Comment(0) | 2016年日記

2016年02月19日

ゲントのボッス「十字架を運ぶキリスト」否定説


Gent Carring Cross.jpg


 現在、オランダのスヘルートヘンボスで行われているボッス研究プロジェクトから
ゲントのボッス「十字架を運ぶキリスト」は真筆ではない、、という意見がでているようですね。
年輪年代など根拠のはっきりしたものなら、問題はないでしょうが、ゲント美術館は反発し、真筆説を護持しているようです

  仮にボッスの作品でなかったとしても、15−16世紀の「十字架を運ぶキリスト」では最高の作品ですし、一部の学者がクエンティン=マーチエス(マッシス)にアトリビュートしてるみたいですが、そうなるとマーチエスの代表作になってしまう。
  誰にアトリビュートしても、その画家の代表作の一つになってしまいその画家の伝記や評価自体を変えてしまう難儀な作品になりました。
 もうボッスでいいんじゃないの? 怪人ボッスの作品ならそのほうが安心だし、という気分です。なお年輪年代は2000年の段階(Rotterdamでの特別展のときの出版物による)では「技術的理由で測定不能」(Peter Klein)ということですので、なぜ「真筆でない」のか根拠は一切不明です。

2016年02月10日
カンサスのボッス
http://reijiyamashina.sblo.jp/archives/20160210-1.html
 でも書きましたが、
 どうも、こういうマスコミ受け狙いっぽい「新発見」はあまりよくない。
 このカンサスの作品とゲントの作品、どちらが傑作か?といえば、だれでもゲントの作品が問題なく優れているというでしょう。とすると、「真筆性」「真筆であるかそうでないか」ということの意味がわからなくなってしまう。
 レンブラント  プロジェクトがベルリンの「黄金の兜の男」を否定したときも、どうだかなあ??と思ったものですが、時代によって評価が変わり真筆性が逆転することはしばしばあるんじゃないですかね。たとえば、中国絵画では董其昌の絵画がそうです。
  ということは、現在の「真筆」「真蹟」もあくまでも暫定的なものだと考えるべきではないか?という疑いを常にもつべきでしょう。

  ラファエロの場合は多量の遺作工房作があるので、
  ルーブルの美しい伝承作品
ルーブルの青いディアディムの聖母子
http://cartelen.louvre.fr/cartelen/visite?srv=car_not_frame&idNotice=13850
がGiovanni Francesco PENNI, dit IL FATTORE、Florence, 1488 - Naples, 1528
へ画家名が変わっても、むしろ新しい良い画家がみつかったという喜びになるからいいのですけれど。
posted by 山科玲児 at 09:47| Comment(0) | 2016年日記

2016年02月18日

もんじゅ  存続を願う人々



なんかすごいなあ

 高速中性子を使う原子炉が必要だったとしても、それは「もんじゅ」ではありません。
 新開発原子炉を提案すればいいのに、なぜ「もんじゅ」にこだわるのか?そこまでこの「専門学者」は無能ぞろいなのか?
 20年と1兆円以上かけて事故しかおこさなかった施設は失敗したのは明白。
 廃炉して新型原子炉を提案するのが「専門学者」の 王道 本義  本領でしょう?。
  普通さ、学者や技術者は、新しい設計や実験をやりたいんじゃないの?? 
 つまり、ここで雁首揃えているのは肩書きはともかく、「学者」でも「技術者」でもないということでしょう。



posted by 山科玲児 at 18:32| Comment(0) | 2016年日記

2016年02月17日

島原 松平文庫の写本をネットで読む


長崎  島原藩は松平家で古書の収集で有名なんだそうだ。なんと平安時代の物語
[夜半の寝覚め]の古写本まである。
その写本をネットでデジタルイメージですべて読むことができるようだ。
凄い時代になったものだ。
ありがたいことである。
   肥前島原松平文庫

このサイトで読めます。
ーーー>>> 肥前島原松平文庫
        http://base1.nijl.ac.jp/~micro/syuusyuu_list/list_hizen.html

下のように過去にアップし評価した
 2013年12月02日
島原市図書館の至宝
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/81824945.html
2012年4月14日
長崎 島原の王朝小説
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/55271105.html

posted by 山科玲児 at 10:52| Comment(2) | 2016年日記

朝日新聞記者は計算ができない



 朝日新聞が謝罪・記事撤回をやったのは、2014年9月11日だった。現在では慰安婦強制連行の虚偽捏造の謝罪ばかりが言及されることが多いが、実際のところは福島原発事故の「吉田調書」に関する捏造見出し、不当報道に関する謝罪が第一で、慰安婦関係は第2だったように記憶している。
  あの「吉田調書」問題は、朝日新聞の捏造・プロパガンタ体質がもろにでていた事件だったが、民主党政権成立前の新聞の狂態をよく知っていたし、その後の消費税のときの新聞の戯言も読んでいたので、私は新聞そのものを信頼していなかったし、まして朝日新聞そのものを全くみておらず、どうでもいいプロパガンタ新聞だと軽視していた。
  私自身が新聞を軽蔑しきっていたため、この「9割が命令に反して撤退」などという報道を欧米マスコミが真面目にとりあげるなんて信じられなかったのである。この裏には日本人への人種差別意識があると思う。またJAPAN TIMESの問題もあるのでは? というのも1995年ぐらいまで私は英語の鍛錬もかねて英字紙JAPAN  TIMESを読んでいたんだが1990年代から急速に内容がおかしくなって、変な論評や思い込み記事が多くなってしまったので読むのをやめたのである。こういう英字紙からの欧米への情報発信がおかしいのが原因だったのかもしれない。

 当時の朝日のデジタル版記事には、とんでもないおかしな記事があったことを、最近知った。朝日のサイトは削除して隠してしまったらしく、Googleのバッファの残影で残っているだけだが、

  吉田調書 - フクシマ・フィフティーの真相 - 特集・連載:朝日新聞 ...
     www.asahi.com/special/yoshida_report/1-1.html
   >免震重要棟周辺で午前7時14分時点で毎時5ミリシーベルトだった。まだ3号機が爆発する前の3月13日午後2時すぎと同程度だった。吉田の近場への退避命令指示は、的確な指示だったことになる。 ところがそのころ、免震重要棟の前に用意されていたバスに ...
   >
という下りである。

この毎時5ミリシーベルトだった。
ーー>吉田の近場への退避命令指示は、的確な指示だった
という論理展開がいかにおかしいものであるかは、原発事故当時のネットニュースに触れていた人ならだれでもわかるだろう。

福島原発事故以前の原発作業員の年間被爆最大量はたしか100ミリシーベルトである。
被曝量は100ミリシーベルト超えると、現場を離れ後方に下がらなければならない。
福島原発事故のときには、そのために熟練作業員の確保が難しくなったということをよく憶えている。

  この「毎時5ミリシーベルト」なら、20時間つまり1日もしないうちに「近場への退避」中、何もしないでぼーーーとしていても、後方オフサイトセンターに後退しなければならなくなってしまう。全く計算のできない腐った頭でないと「的確な指示だった」なんという文章は書けないはずである。

 ここで指摘しているのは、主義主張やイデオロギー以前の、論理性のなさ・計算能力のなさである。
 つくづく、新聞社に就職しなくてよかったと思った。

posted by 山科玲児 at 09:44| Comment(0) | 2016年日記

2016年02月16日

西暦紀元千年

暴れん坊 少納言 56.JPG


友人から、暴れん坊少納言 コミック 1-7巻 (ガムコミックス)という作品を紹介してもらったことは、前に書きました。

そのなかで、清少納言が活躍したころの西暦紀元千年の他の世界はどうしていたか、、、という四コマ漫画があったので、
古い世界史年表をみると、興味深いことに気がつきました。
ちょうどこのころ、世界的に北から南への民族移動、侵略が同時に起こっているみたいにみえます。
 その100年以上前に、ノルマン=デーン人がパリを包囲して城攻めをやることがありましたが、
その後、1000年前後には、英国がノルマン人=デーン人に侵略・征服されます。
  このころ、フランス・ドイツ・ロシアの原形ができます。
 ロシア人がクリミアで戦い、聖公 ウラジミールがビザンチンからギリシャ正教を導入し、現代まで続くロシアの骨格ができます。ウラジミール=プーチンがクリミアだけでもとやったのも、あそこはロシアの聖地だったことも大きいでしょうね。

 トルコ人が三日月地帯に侵入してセルジュクトルコをつくるのもこのころだし、アフガニスタンに発するガズニー朝が北インドに侵入します。チャイナ周辺では遼=契丹が河北の燕雲十六州を征服します。つーか北宋の趙匡胤そのものが北方の人で、北宋時代には南人(南中国の人)を宰相としないという地方差別まであったみたいですね。

 なんか気候の寒冷化があったんじゃないかな? 日本は海に囲まれていたから、寒冷化気候変動の影響が少なかった/あるいは遅れたんじゃないかな?


posted by 山科玲児 at 09:56| Comment(0) | 2016年日記

【あたりまえ】株式直接投資見送りへ GPIF改革

株式直接投資見送りへ=GPIF改革、株安を懸念―政府・与党
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160216-00000009-jij-pol

株安を懸念?

違うでしょ。

 与党に献金したり、年金機構のトップを籠絡すれば、いくらでも自社なりねらった会社なりの株価を上げることができる。という不正がまかり通ることになるからでしょ。

  例えば、ある投資家(外国人でもありうる)が現在安くなっている会社の株を買い占めたあと、政府のコネで年金機構に買わせる。すると株価は上がるから、十分あがったところで手放せば巨額の利益を得ることができる。こういう株価操作が可能になるからダメなんだよ。

 たとえ、今の政治家や担当者が清廉で「そんなことはしない」であったとしてもダメ。こういう制度があれば、将来の政治家や担当者に「不正をしろ」といってるようなものだ。
posted by 山科玲児 at 09:34| Comment(0) | 2016年日記

2016年02月15日

はじめに間違うと



2016年02月08日に
最古の仮名の展示: 九州国立博物館
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/173665598.html
を書きましたが、
 そのとき展示されていた土器片の上の仮名の読み方には異論があるようです。

現地の佛教大学講師、大阪市立大学講師である
南條佳代 さんが
藤原良相邸跡出土墨書土器の仮名表記に関する考察 SK00210R055
http://archives.bukkyo-u.ac.jp/repository/baker/rid_SK002100007660
http://jairo.nii.ac.jp/0285/00007650
という論文を書いていますが、これはとても良い論文ですね。

 私も、この「かつらぎの」という文字を観たとき「かつらぎへ」と読むわけないだろ?と不審に思ったものです。

 「の」の文字が「乃」を使っていて、今、色々研究している秋萩帖に頻繁にでてくる草仮名だからです。
南條佳代 さんも、秋萩帖・藤原有年申文を参照して読み方を論じておられますね。

 ただ、一旦「かつらぎへ」と読んでしまったのを訂正するにはかなりの抵抗があるみたいですね。
 惰性やメンツがあるのでしょうが、速やかな訂正が望まれるところです。


2012年11月30日 (金)
土器に書かれたひらがなをどう読むか
http://genjiito.blog.eonet.jp/default/2012/11/post-7a10.html

京都で最古級の平仮名発見 出土の土器片に 
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2804H_Y2A121C1CR8000/
9世紀、藤原氏邸周辺で仮名ブーム?京都・良相宅跡で墨書土器出土  - 産経ニュース
http://www.sankei.com/west/print/160107/wst1601070017-c.html


posted by 山科玲児 at 07:37| Comment(0) | 2016年日記

2016年02月14日

Windows 10は危険


2015年09月27日に、
マイクロソフトは おしつけがましい
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/164481136.html
で、マイクロソフトの強引なやりかたに怒り呆れたものだが、
5ヶ月ほど経って、
一応セミプロ以上の方の文章がでて、同じように困っている人が多いことがわかった。
しかも Windows10は、やはりかなり欠陥の多いソフトのようである。

Windows 10の“推奨される更新”で不満爆発! アップデートを回避する方法
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160214-00082680-hbolz-sci

>Windows 10にアップグレードをしても、それほど大きな不具合があるわけではないが

とライターが言ってしまうOSってどうしようもないな。

Windows11か、SP1か2が早速でてしまうんじゃなかろうか??

posted by 山科玲児 at 16:04| Comment(0) | 2016年日記