2016年02月26日

サラエヴォ ハガーター

hagadda  table.JPGhagadda  mora.jpg


古書の来歴 単行本  ? 2010/1/21
ジェラルディン ブルックス   (著),    森嶋 マリ (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/dp/4270005629
は、小説である.

一方、このサラエヴォ ハガーターについては、
45年も前の1971年に芸術新潮11月号で特集があり、
ナチスと渡り合ったサラエヴォ国立博物館の当事者: カラメーメドヴィッツ自身が経験談を書いているのだが、上記の本とは、経緯が相当くい違っている。

 1955年には盗難と街頭での激戦回収という劇的なことがあったそうだ。小説には向きな話題だろうに、上記小説には、全くでていない。

サラエヴォ=ハガータ
芸術新潮 1971年12月号 ; 特集=秘本「ハガータ」の運命、
1.秘本「ハガータ」の運命
  秘本「ハガーダ」の運命(カラメーメドビッツ)

どうもWikipediaも小説を典拠にしているようで、嘆かわしい。

 また、この小説の日本語版には図版が全くない。 カバーにすらない。これはどういうことなんだろうね。
 せっかくなんだから、冒頭の家族宴会の場面だけでも、だせばいいのに。

  あるいは、基本的には古拙な感じの絵画だから、日本人には稚拙にみえ、やたらに賞賛する登場人物たちとの落差を感じて感興をそぐと思ったのかもしれない。

 この際、図版イメージを紹介しておく。

 
posted by 山科玲児 at 13:18| Comment(3) | 日記

きりたんぽ


  東京には東北の人が多いので、北千住あたりにも秋田料理に店があった。そういう縁で、きりたんぽが好きになった。
長崎ではきりたんぽを売っているところが少なく、セイユーに売っていたんだが、今は売ってない。
通販だと送料がかかりすぎるしね。

   きりたんぽ協議会
     http://www.tanpo.or.jp/

     というのがあるみたいだけど、手軽な通販はないなあ。
posted by 山科玲児 at 08:50| Comment(0) | 日記