2016年03月25日

テロの督戦隊


地下鉄駅でも犯人逃走か=監視カメラに姿―ベルギー連続テロ
時事通信 3月24日(木)18時51分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160324-00000124-jij-eurp

督戦隊 要員ってやはり必要なんだな。ギリギリで怖じ気づいて逃げ出さないようについてるテロリストがいるんだろう。
ドラッグやってたっとしても、やはり監視がいるということか。
このことは今後のテロ監視抑止活動にヒントになると思う。
 自爆テロ犯のそばの督戦隊・監視人を追えということだ。
posted by 山科玲児 at 11:56| Comment(0) | 日記

ちはやふる


映画館ビルの前のバス停近くで、緋色の明るいポスターがあったのでみてみたら、
映画『ちはやふる』公式サイト
http://chihayafuru-movie.com/
のポスターでした。
 これは、
  ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス) コミック2008/5/13
   末次 由紀
    http://www.amazon.co.jp/dp/4063192393
  の実写映画で、すでにアニメもあって好評らしい。
なんかなあ、マンガ−>アニメ−>実写映画
というルートがここ数十年普通になってしまいました。
昔は、
    小説−>実写映画  
    小説−>実写映画−>アニメ (時をかける少女、など)
    小説−>アニメ   
が多かったように思います。
 この、ちはやふる、いうまでもなく在原業平の有名な歌、百人一首の
  ちはやふる かみよもきかず  竜田川、 からくれないに水くくるとは
です。このマンガは  競技カルタ を扱ったスポ根青春マンガだそうで、全くいままで知らなかったのですが、ポスターが綺麗だったので、取り上げてみました。
この竜田川、2014年9月12日に、法隆寺前から近鉄王子駅までバスでいったとき通りました。意外にしょぼい川だという印象があって、残念名所という感じがありました。
  ただ、川沿いの公園では結構紅葉がきれいらしいです。
    竜田川
        http://small-life.com/archives/14/11/2720.php

 もともと、この歌は実景を歌ったものではなく、屏風歌で、屏風の色紙形に書くために題詠したものですからね。
 題詠で、これだけ優れた歌がでるということをみると、当時の歌人の才能・作り方についてかなり勘違いしてるようにも思ったものです。
  いろいろな恋歌にも、題詠が多いんだよな。
あの 傑作「しのぶれど」も歌合わせで作られた・公表された公的な作品で、村上天皇御前で公開で発表されたものなんですね。
posted by 山科玲児 at 08:56| Comment(0) | 日記

2016年03月24日

鳥獣戯画のCM

Chojyu_sumou.jpg


上のイメージは、高山寺  鳥獣戯画の一部の複製からとったものですが、

丸紅新電力×スタジオジブリ「鳥獣戯画 出会い篇」
https://denki.marubeni.co.jp/special/?adbsi=639524ffe3ca&utm_source=trueview&utm_medium=movie

というを最近みつけました。


なんかウサギがやけにスリムにみえるところがヘンですが、それ以外は合格かな?

posted by 山科玲児 at 09:46| Comment(0) | 日記

2016年03月23日

ベルギー原発 厳戒?


 ベルギー南部リエージュ近郊Tihange原発で
「作業員が避難」
という
VTMという放送局から流れたニュースがある。


「警察が避難」という変なニュースもある。

  詳細が全く報じられないので、わからないが昨日のテロ。拘束容疑者から得たテロ計画情報から、
 原発テロの危険のため政府と軍が動いたと考えるのが妥当なのでは?

英国EXPRESS紙の記事が推定記事かもしれないが、あたっているかもしれない。
http://www.express.co.uk/news/world/654636/Belgium-s-Tihange-nuclear-power-planet-evacuated-after-Brussels-terror-attack
>The Tihange power plant, an hour's drive from the Belgian capital in the province of Liege, and the Doel power plant in Antwerp have been cleared amid heightened fears of another attack.
>Security has been stepped up at both Doel, which houses four reactors, and Tihange, which houses three.
>Armed police and the Belgian military have been on site since the weekend following growing calls from the energy industry to beef up security at the potentially vulnerable plants.


 テロ防止のため、不要不急の要員は皆、原発構内から追いだして武装警察なり軍隊なりが警備する。
 実際、福島第一事故のときも「非戦闘員」と呼ばれる「総務経理広報担当など」女性を含む数百人が免震重要棟に籠城することになって、困難を増したのだから。

  テロの危険を減らすため、よけいな人間はエリアにいないほうがいいわけである。

 この記事ではTihange原発だけでなく、アントワープ近郊のDoel原発も厳戒に入っているとしている。

 こういうときは、情報の精度確度にはかなり疑いをもたないといけないが、情報自体が少なすぎるので一応 報じておく。
posted by 山科玲児 at 08:19| Comment(1) | 日記

ベルギー テロの現地情報


ニュースは周知なのでリンクは貼りません。
日本人(日本国籍)も二人重軽傷だそうです(日本政府)。

ブリュッセルではない、ベルギーの他の都市に住んでいる人からの重要情報です。

>本日(たぶん現地時間3月22日)着の便はアントワープもしくはシャルルロワの空港に振り替えになっているようです。

>現在、回線確保のために携帯の音声通話は制限され、連絡はSMSSNで となっています。

SMSはショートメッセージサービス  ショートメール、AUでいうことのCメールでした。
間違いをお詫びします。


 SMSは一応アカウント1つもっておくべきですか。Twitterでもいいのかな。LINEは論外だし、facebookもいろいろいやなところがあるからな。
ケータイのCMAIL枠ぐらいは許して欲しい。

posted by 山科玲児 at 07:29| Comment(2) | 日記

2016年03月22日

やっぱりトランプがよかった



中国官製メディア「トランプ氏の当選は大規模テロに匹敵」 クリントン氏には甘い?



中国共産党が攻撃するということは、トランプでいいんじゃないの。

敵の敵は味方という作戦は、ときには誤るけれど、TPPのこともあるし、
日本にとってはトランプ大統領のほうがいいということを中国様が証明してくださいました。

posted by 山科玲児 at 11:43| Comment(0) | 日記

著作権と螺鈿紫檀五絃琵琶

螺鈿紫檀五絃琵琶.jpg

暴れん坊少納言」で、正倉院の螺鈿紫檀五絃琵琶がでてきたが、

このような、正倉院宝物の立体的なものの写真はインターネットに出すのは原則的には難しい。
写真著作権の問題がかかわるからだ。

展覧会で、正倉院宝物の写真を撮るのは、中国人的図々しさでも発揮しなければ不可能である。

そこで、モノクロやレプリカ的なものの写真でもいいからというスタンスがでてくるのだが、
古い本にある著作権が切れた写真を集める所以でもある。

これは、螺鈿紫檀五絃琵琶の背面の彩色木版による図版、、どっちかというと正面のほうが欲しかったな。
 東瀛珠光 第1集,再版, 審美書院, 東京, 大正15年 からとったので、当然著作権はきれている。




posted by 山科玲児 at 09:21| Comment(0) | 日記

2016年03月21日

西本願寺本三十六人家集 増補


 


を増補しました。

また、ささやかながら、不備は承知ですが、英語版


をつくりました。

posted by 山科玲児 at 17:56| Comment(0) | 日記

キングジム ポメラ

 POMERA.JPG

キングジム  ポメラを中古で安く買いました。

 待ち時間や飛行機などの中で電子データの形でメモを取るのは、前からパームでやっていたのですが、最近は眼が悪くなったこともあって
もっと文字が大きく、暗い飛行機の座席でもタイプできるような画面が欲しかったのです。

入手してから、旧型でしたので、バックライトがないのに気が付いてどうもがっかりしたんですが、タイプそのものは有効で、結構ちょっとした空き時間にタイプするのには有効です。まあ凄く安かったから文句はいえない。
もう少し軽ければいいけどな。

なお、新型はバックライトつきですが、少し大きいのが難点ですね。それにまだまだ安くは売っていない。


移動中・旅行中に作成する文書はあくまでもドラフトなので、タイプ中心ですから、そういうものに特化した機器が重要だと思います。電波をださないのに決まっていますから、飛行機のなかでも安心して使えますしね。
posted by 山科玲児 at 09:56| Comment(0) | 日記

2016年03月20日

ツタンカーメンの墓の隠し部屋 再燃



昨年の2015年11月26日に、
ツタンカーメン墓に隠し部屋がある?
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/168570319.html
という記事をアップしていたが、
 先週、また関連記事が各サイトにアップされたようだ。どうも、エジプト考古省から新たに調査をやるという発表があったのがきっかけのようである。特に新味はない。
  どうも、観光客の激減に苦しむエジプトが話題集めをしているようにみえる。無理な破壊的発掘をやらなければいいのだが、、

ツタンカーメン王の墓に2つの隠し部屋が 空洞内には金属と有機物の反応も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160318-00000070-it_nlab-sci

ツタンカーメンの墓に…2つの「隠し部屋」
日本テレビ系(NNN) 3月18日(金)15時55分配信

もともと、この隠し部屋があるという仮説は、Nicholas Reevesという人が墓室の細かい計測や調査によって提唱したものらしい。そうはいっても壁画もある貴重な墓室を乱暴に壊す発掘をするわけにはいかない。
去年は、日本の渡辺広勝氏(73)が行ったものだそうだ。
 このナショナルジオグラフック  サイトの記事が詳しい。

 ツタンカーメンの隠し部屋、日本の技術者が活躍
   日本人技術者によるレーダースキャン調査はこうして行われた
    http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/120200344/
本来は、橋のコンクリートの鉄筋・亀裂などをみつけるための地中レーダーを改良して使ったという。光電製作所の製品を改造したものだそうだ。

 この記事の末尾にあるように、まず細い孔をあけてマイクロファイバー附き内視鏡をいれて撮影する。まさに内視鏡手術のようなことをやるのがいいだろう。ただ、ドリルであけるとき外気が入ることは避けられないので、更に外側に外気を閉鎖する隔壁を作るか、それとも墓室全体を気密閉鎖して作業するということが必要になるだろう。 おそらく墓室全体を密閉閉鎖するほうがコストの面からも技術的にも容易だと思う。 そういえば、レオナルドの壁画の跡をフィレンチェの古政庁ビル二重壁の内側を内視鏡で探るプロジェクトはどうなったんだろうね。

 本当のことをいうと、未来のために手をつけないで保存するという選択肢もあるが、今のエジプトではそれはしないだろうねえ。

  ただ、ツタンカーメン王墓の場合と同じように、こういう隠された閉鎖された王墓の場合は非常に保存状態が良い可能性が高く、通常なら消滅している細かいものが皆残されているという期待が膨らむところである。
 ツタンカーメンというのは、あまりいい言い方ではないが、日本での慣用なので採用した。本来は「TUT ANKH AMEN」=[アメン神の生ける似姿] がどちらかというとより正しい。


posted by 山科玲児 at 09:15| Comment(0) | 日記