2016年03月09日

石山切 がニューヨークで売り出された




石山切 YANAGI KOUICHI GALLERY ss.jpg 

 ニューヨークの柳こういち画廊(Koichi Yanagi Oriental Fine Arts - Japanese Art Dealers)
がASIA WEEKのセールで石山切を出しているようだ(イメージ)。Orientationsの広告で眼にとまった。

 最近  Wikipediaの 西本願寺三十六人家集を増補したせいで、少し書いてみることにした。

JADA NY  .
http://www.jada-ny.org/calendar_jada.html
March 12 ? April 4, Mon. ? Fri, 10:00 AM ? 6:00 PM  

 当時、売ったとき10枚で2万円だったという。当時の小学校教師や巡査の初任給が四十−五十円だから、1枚1000万円というところだろう。現在はさぞかし高いんだろうな。
 この1枚というのは上のイメージのような1頁片面を意味していたようだ。普通に紙数で数えると貫之集下+伊勢集で91枚なので、320枚前後にするのは紙を表裏に剥いで各頁にしなければ数があわない。

 これは継紙ではないが、西本願寺三十六人家集でも継ぎ紙や大柄な下絵のある華麗なページはやはり少数であり、大方は、こういう着色紙に銀泥の描き模様か、から紙(木版雲母刷り模様の紙)に銀泥の描き模様のものが多い。

それでも、大多数の普通の古筆切と比べたら豪華な紙である。

米国にいっている石山切は実見したバークコレクションのものもよかったが、これも継ぎ紙ではない。

最近、豪華な石山切のイメージをWikimediaに投稿したところに、偶然にこういうセールをみたので書いてみた。
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:36poets_collection_TURAYUKI2nd2.JPG

posted by 山科玲児 at 16:13| Comment(0) | 2016年日記