2016年04月16日

巻物を開かないで読めそうだ


2012年3月10日にもアップした、
炭化したパピルスをCTスキャンで読む
  http://reijiyamashina.sblo.jp/article/54374383.html
でも触れたように、
ローマ時代初期、ヴェスヴィオ火山の大噴火でポンペイとともに埋もれたヘルクラネウムの大きな別荘の図書室から発掘された
パピルスの巻物1000巻以上もあるギリシャ語の写本で非常に貴重なものであるが、真っ黒に炭化して木炭の棒のようになっている。19世紀以来、色々な人々が、巻をほどいて中を読む方法に苦心した。

 最近はX線トモグラフィーで、開かないで読む方法が研究されている。ということは既に述べておいた。
最近は開く技術も相当進んでいるが、それでも開くときに破損してしまう部分もかなりあるわけであるから、開かないで読めればそのほうがいい。
実際、危なくて開けない巻物(木炭の棒のようなもの)が400本以上あるらしい。

は、信頼がおけると思うが、
シンクロトロンから出るレーザーのように揃った純粋なX線(シンクロトロン光 シンクロトロン放射)を使って精細に解析するという方法で、いくらか文字がよめるようになったらしい。こういう突破口が開くと、この線でなんとか読めるようになるのではないか、と、どっと研究者が押し寄せるので系外惑星のときのように発見ラッシュになるかもしれない。
  実際、この写本は、勘定書,帳簿や役所の書類ではなく、エピクロス派の書籍なので、一般にも興味が深い解読だと思う。

 このヘルクラネウムの火山灰溶岩などに埋もれた大きな別荘「パピルス荘」は、ユリウス=カエサルの義父ピソのものだと推定されているもので、カリフォルニアのポール=ゲッティ美術館が、この建築を模写している。
     ゲッティ 美術館 https://commons.wikimedia.org/wiki/File:060807-002-GettyVilla001.jpg?uselang=fr
     そのせいか、ゲッティ 美術館のサイトでは「パピルス荘 建築」のヴァーチャル ツアーができるようになっている。
      http://blogs.getty.edu/iris/a-virtual-model-of-the-villa-dei-papiri/

 この時代の邸宅の書庫は大抵2つあって、ギリシャ語の本の倉とラテン語の本の倉があるはずである。現在みつかっている写本は,ほとんどすべてギリシャ語のものだから、 もうひとつの倉があるということが期待される(約1500点のうちたった62点)。発掘にも拍車がかかるのではなかろうか。広げなくても読めるかもしれないのだから。ただ、時代からするとラテン文学の黄金時代の少し前だから、ペトロニウスもヴェルギリウスもないはずであるのが残念。

 また、日本の正倉院文書にも蝋燭文書といわれて固まってしまった文書があるがそういうものの中身を読むということにも応用できるかもしれない。

 
posted by 山科玲児 at 12:39| Comment(2) | 日記

熊本で、阪神大震災級

一昨日の地震は、実は前ぶりで、今日未明1時25分の地震が本番だったようです。

なんども大きな余震があって、ケータイの警報だけでも4回、睡眠不足で、いまごろ起きています。

前の10倍以上の規模で阪神大震災級だそうです。
熊本中心ですが、大分の熊本よりの由布院などでも被害が報告されているようです。

横揺れがかなりあって、いやでしたが、当方としては、さしあたりは被害はないようですが、
まだわかりません。

道路や鉄道など普通のところも多いので通販のものも届くかどうかわからないですね。
ということは、熊本への支援物資も公的なルート以外は届かないということか。

ただでさえつながりにくいソフトバンクケータイは、こういうときはかえって危険なんじゃないの、と感じたものでした。

posted by 山科玲児 at 08:51| Comment(0) | 日記

2016年04月15日

地震にはラジオ

睡眠中に地震があって、縦揺れだったので、怖かった。

というより、そのあと何度も余震がありました。

こういうときは、ネットはアクセスが集中してつながらないので役に立たない。

電池式ラジオが一番便利です。

亡くなったかたの御冥福を祈らせていただきます。

あまり年齢と関係なく死傷者がでているのには、驚きました。


タグ:地震 熊本
posted by 山科玲児 at 08:21| Comment(4) | 日記

フィッシング メールがきた

長年ネットやってると、そこそこに跡が残るので、

フィッシングメールもくる。

今日は PAYPALのサービスを偽装した
Service PayPalという名前のアカウントから「怪しい支払い要求があったのでパスワードを変えてください」というメッセージがあった。

念のため、本物のPayPalのサイトに戻って変更したが、

よくみると、Outlookからの発信である。
PaypalがOutlookの個人アカウントからメッセージを送るはずはないので、
これは、個人のサイトに誘導してPayPalのパスワードを入力させ盗み取ろうとする悪巧みである。

なかなか巧妙なメールにできている。

こういう変更は手間がかかっても本家に戻ってやらないと危ない。


posted by 山科玲児 at 07:32| Comment(0) | 日記

2016年04月14日

カラヴァッジョ 発見??

東京では、カラヴァッジョ展
カラヴァッジョ展 CARAVAGGIO 
2016年3月1日[火] - 6月12日[日]  国立西洋美術館

が開催されているようで、おそらく、昔庭園美術館で
エマオの晩餐やボルケーゼやバルベリーニのカラヴァッジョが展示されて以来の盛況であろう。

まあ、ボッテチェルリ展ですらいけなかったんだからカラヴァッジョ展には無理である。

NHKやTV局主催の展覧会ではリストがでないことが多いのでヤキモキするのだが、、西洋美術館が主催に入っているためか、こっちにリストがある。

 この展覧会では、たぶんイタリア?で発見されたという 法悦のマグダレーナというかなり不気味な絵画(個人蔵)が新発見として展示されている。1967年の A.O.Della Chiesa の目録 No.70ではマルセイユ美術館の似た絵が挙げられており、オリジナルは失われ多数のコピーがあるという意見だった。

 なんか、よくわからない新発見と称する絵画を日本の公共美術館の特別展で展示して箔をつけるという悪習か?と不快に思ったが、絵自体はカラヴァッジョかどうかはともかくそう悪くはないようだ。
こういうテーマはルーベンスやスペイン絵画にもある。ルーベンスのはリールにあるものを昔池袋で観た。

 カラバッジョ風の絵画というのは、当時大流行したので、ほかの画家による似たような絵画は非常に多い。例えば、現代では大画家として賞賛されるラトゥールの作品も、19世紀にはカラバッジョ派の群小作家の作品、それもスペインの画家の作品とされていたこともあったのである。カラバッジョ派の画家、今回の展示でも作品が出ているサラチーニの作品(らしい)ものでラトゥールの作品とよく似たものを観たこともある。

 署名がなく、来歴がわからず、移動しやすいカンバス画の場合は、確実な画家名をあてるのはなかなか難しいものだと思うので、暫定的に考えたほうがよさそうだ。文献記録がしっかりしている教会の壁画なんかは署名なんかなくても明確に基準作になっているものである。ミケランジェロの最後の審判だってサインなんかない。

 そういえば、俵屋宗達の風神雷神図、あんなに有名なのに署名も何もないのに気が付いてました? 西洋絵画でも東洋絵画でも、サインがあるほうがコピーで、ないほうが真作とされているものがいくらでもある。中国絵画では馬遠の華灯待宴図(台北國立故宮博物院にある2点)とかがあげられよう。

 ほぼ同時に、とってつけたように、
屋根裏から「カラバッジョ名画」発見 推定150億円の価値 仏 写真13枚 国際ニュース:AFPBB News

という 報道があったが、マッチポンプ臭いものだ。まあオークショナーやディーラーはできるだけ有名人の作にして値段を釣り上げたいという気持ちになるのはよくわかるのだが、部外者にはどうでもいい。
ネット経由の画像だけでみると、
色合いなどからして、カラバッジョ派の女流画家として有名な、 アルテミジア・ジェンティレスキ の作品、または 他のカラバッジョ派の画家の作品にみえる、と私は感じている。

REF.
Tout L'Oeuvre Peint du Caravage
Chastel, Andre and Angel Chiesa, Caravaggio
Published by Flammarion (1967)


posted by 山科玲児 at 07:32| Comment(1) | 日記

2016年04月13日

ジャパンタイムズ JAPAN TIMES 会長 の脱税




ニフコ会長、10億円申告漏れ
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2305E_T20C14A5CC1000/

小笠原敏晶(おがさわらとしあき、1931年3月30日-)は、車両部品ファスナー製造のニフコ会長だったが、1983年に歴史のある英字紙であるジャパンタイムズを買収したので、会長でもある。


この人の手口が、海外の住居を点々として定住地を持たず、税金を逃れるというもので、竹中平蔵が住民税逃れのために1年のうち一定期間だけ米国へ転居するという悪行をやったのと同じである。しかし、八〇歳にもなる老人が税金逃れのためだけに海外を点々とするというのは、ケチで有名な人とはいえ、あまりに情けないことである。


 こういう人がオーナーになったせいか、ジャパンタイムズは1980年代後半には全く面白くなくなりプロパガンタ的偏向報道のようにみえる記事が頻発したので、ずううと購読していたのに、1995年までには止めてしまった。


 しかし、こういう人がオーナーだったと知っていたら、もっと早くやめて、こんな人間に金を貢ぐのを避けられたのに、と悔やまれる。


 

posted by 山科玲児 at 12:37| Comment(0) | 日記

正誤表とインターネット

正誤表

 昔から思っていたが、古い本や雑誌の「正誤表」のインターネットでの体系的配布はできないものだろうか。

 海外ではどうかわからないが、日本ではあまりないようにみえる。

 新しい本や技術マニュアル類では、各出版社でバラバラに出しているみたいで、ネットでまともに使えるようである。また、医学出版ではさすがに随時ネットで出しているようだ。

 古い本の場合、正誤表が紛失している場合が多く、また初版ではついていなかったりする。
こういうものは、ネットで正誤表だけみることができればいい。

 正誤表はほとんどはイメージのような、僅かな活字なのだから、一〇〇万冊分の正誤表でも500Gもないのではないか?と思うから、それほど費用もかからないだろう。
 なにかの本を使うとき、正誤表を確かめることができれば、ありがたいし無用な誤解や論争も避けられるだろうと思う。
  「本のタイトル 正誤表」で簡単に検索できればそれでいい。新しい本や技術マニュアル類ではそれでできるようだが、古い本にもその恩恵が及ばないものだろうか? 
 タグを統一するとか? 古本正誤表投稿サイトを作るとか?  

イメージは、
玲児の中国絵画入門 6 ネルソン クリーブランド展
http://reijibook.exblog.jp/22919572/
で紹介した 重要なカタログについていた正誤表である。画像をクリックすると読みやすいと思います。

タグ:古書 正誤表
posted by 山科玲児 at 09:24| Comment(0) | 日記

2016年04月12日

わさビーフ

わさビーフ.JPG

山芳製菓 のわさビーフは、おいしいのだが

長崎では、あまり売っていないのが残念。

 カルビーのパクリ商品まででてますが、本家本元がコンビニなんかであまり売ってないのは困る。

ただ、前、わさびを強化した「男気わさビーフ」というものがセブンイレブンで 売ってましたが、あれはやり過ぎであまりよくなかったなあ。


posted by 山科玲児 at 09:20| Comment(0) | 日記

2016年04月11日

キリスト教絵画と聖書と聖人

Saints 1994s.jpg


  ネットでキリスト教絵画について勉強するのに聖書をまなぶべき、というような論調がでていたので、下記のことを書いて警鐘をならしました。

>キリスト教絵画について、押さえておくべきことは、
 「聖書に書いてない主題が多すぎる」ということです。
 従って、聖書を読んでもあまり役に立ちません。ここでつまずく人が多いので、力説しておきます。
 なんで、そんな変なことになっているかというと、キリスト教絵画を多量生産したのはカトリック教会です。東方ギリシャ正教会にも独自の絵画がありますが、これはいわゆる西洋絵画より古い様式ですからね。プロテスタントはどちらかというと質素な教会で、壁は白壁が多いから贅沢な大きな絵画なんかは注文しなかったようです。

 カトリックでは中世の間に様々な聖人伝説・俗信などをとりいれて民衆や王侯に布教しましたので、聖書以外のそういう話やお説教・美談 とくに殉教者の逸話や奇跡談などが絵画の主題になっているのです。

 第一、中世のカトリックでは「信者に聖書は読ませたがらなかった」という話すらあります。聖書を勝手に解釈されて分派を作られるのをおそれたからだとか。教理問答とか説教集とかお祈り集とかを読ませたんですね。それで聖書を俗語に翻訳することが異端になったりしました。

 では、どういう本が絵画の種本になったかというと、まず黄金伝説という聖人伝集成です、これは日本語訳が文庫にあります。ただ、最初に読む必要はないと思います。必要に応じて参照でいいんじゃないかな。あと新約聖書のルカ伝マタイ伝黙示録は比較的よく絵画に描かれています。他にも聖ブリュギッタの啓示とかいろいろ種本があるらしいのですが、それらは画集の解説などで引用されているもので十分かと思います。
  「聖書」を苦労して読んでも、絵画にでてこないので無駄骨だったという悲惨な経験からキリスト教絵画が嫌いになる人が少なくないので、注意しておきたいのです。
まあ、レンブラントなんかは旧約聖書新約聖書にそった主題が多いんですけれどね。それはプロテスタントだからです。
  どれほど「聖書に書いてない主題が多すぎる」かというと、祈祷書の挿絵なんかだったら旧約新約聖書の分は1/2〜1/3ぐらいです。
  多いというべきか少ないと言うべきか、一般には皆聖書のエピソードを描いていると思ってるんだろうなあ。

  西洋絵画のキリスト教絵画というと人物画であるから、聖書の逸話以外なら聖人伝説が多いわけですね。聖人といっても1000年以上前の古代の人々だけではなく、信長秀吉の時代の聖フランシスコザビエルの奇跡の大きな絵画シリーズなんかもどっさりあるし、もっと近い時代なら、ルルドの奇跡の絵画だってある。

 イメージは、英国で1994年にでた聖人一覧の絵入り本Saints by Elizabeth Hallam 1994です。
 御利益や職業ごとに守護してくれる聖人をあげている本で非常に便利です。例えば宇宙飛行士の守護聖人まである。
 表紙カバーの中心で槍をもつ聖人は聖ジョージ(ゲルギウス) は北アフリカのリビアの軍人で竜を退治した人。なんのことはないカダフィ大佐みたいな人ですねえ。軍人の守護聖人、英国の守護聖人です。

 まあ、それでも聖人というのは、当時の教養人で思想に悩んだ人々も多かったのだから、鋭い格言を残している人も多いようです。

 聖ヨハネス・クリュソストモス(4世紀):

>「淫蕩に傾くものは寛大で仁慈に富んでいる。純潔に傾くものはそうでない。」

 聖ベルナール(11世紀)

 「地獄への道は善意でしきつめられている。」

 まさにゲルマン民族の大移動を引き起こしたヴァレンス帝や地中海難民をEUに引き入れたメルケル首相を表現しているようですね。

マザーテレサ(まだ聖人にはなっていないけど、2003年に福者になった。)

>「 愛の反対は憎しみではない。無関心である。」

posted by 山科玲児 at 09:14| Comment(0) | 日記

2016年04月10日

洛陽金村 その1




最新のOrientations、2016vol47n3 Aprilの二番目の話題は、
カナダのトロント  ロイヤルオンタリオ博物館にある洛陽金村出土の遺寶とBishop  William Charles Whiteの話である。
この人の著書は稀覯なこともあり、なんだかわからないことも多かったが、この記事である程度理解できた。
Bishop というのは名前ではなく、確かに英国国教会の聖職者 伝道師だったのだ。

  洛陽金村の話題を読んだので、それに触発されて、昔書いた「鳥がない」という記事を訂正し、中の画像を大きなものにした(クリックしてでてくる画像だけ大きくした)。
   これは、ボストン美術館にある、洛陽金村出土の青銅像についての疑問を提起したものである。

現在のボストンのサイト

を読むと、さすがに一応後補の玉鳥については認識しているらしく微妙な記述になっているが、1982年のカタログでは無批判に信じた記述になっている。


posted by 山科玲児 at 09:49| Comment(0) | 日記