2016年04月09日

平安時代は蒸し風呂か?


 風呂や洗濯、トイレなど、人間の生活に不可欠で日常的なものほど、意外なほど記録がなく、
当時の生活を知ることが難しい。これは歴代そうらしいし、現代の小説でもトイレを詳細に描写するなんて、闘病記か、家を改造するときの記録小説ぐらいではなかろうか。
 変わったこと、非日常的なことは記録するが、毎日の行住坐臥のことは記録しないのが普通である。
 そのため、古代の生活を想像するのが難しくなり、著しく美しい非現実的な幻想的描写になるかと思うと、著しく野蛮で不潔、醜悪な描写になったり、両極端に振れる傾向があるようだ。

 風呂についても、ある本だと、平安時代の風呂は蒸し風呂だけだと断言しているし、一部のサイトで枕草子を引用していたが、手元の枕草子のテキスト(三巻本)や流布本の能因本のネットテキストを検索しても、該当する文章がみつからず困っている。

 ご存じのかたがいらっしゃたら、どのテキストのどの段どの部分にあるのか、ご教示いただきたい。

  飛鳥時代から温泉愛好の記録が多い。温泉でも泥風呂、蒸し風呂は作れるし、古い遺跡もあるのだが、温泉を普通素直に利用するとしたら、温水浴じゃないのかな。 蒸し風呂に作るには一段の技術発展工夫がいるだろうと思う。温泉の噴出蒸気を直接使ったら、火傷で死んでしまいますからね。

2016年03月19日
平安時代の生活
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/174539468.html
もあっぷしたが、やはり色々難しいものだと思う。


posted by 山科玲児 at 10:34| Comment(0) | 日記