2016年04月30日

戦前の雲崗龍門 響堂山石窟 調査映画




京大のデジタルアルカイーブで、戦前に日本の学者や芸術家写真家
が雲崗石窟(1938)や龍門石窟 響堂山石窟(1934)を調査したときのサイレント映画をみることができます。
その当時の北京駅周辺などや、拓本やってる人の動作なんかも興味深いと思いました。

考えてみれば1930年代に拓本を採っている光景の実録映画なんて、ひょっとしたら、これしかないかもしれません。

スタッフに小川せいようや、小野勝年氏がいたのには当然というかすごいというか。

しかし、当時の北京の繁華なこと。日本軍の軍靴に呻吟していたとはとてもみえないね。

また、この時代の文物の状態を観るというより、周りの人々の生活風景や騾車など、また当時の磁州窯の制作風景などが面白いと思いました。



posted by 山科玲児 at 18:35| Comment(0) | 日記

【デマ】川内原発デマは、笹田康夫 発



2016年04月27日にアップした原発デマの発信元は、

プロモーションビデオやレース動画などを制作している
笹田康夫 監督 が発信源のようですね。もし同姓同名の僭称者だったら困るけれど、監督と自称しているようだし、ほぼまちがいなさそうだ。映画監督にはおかしな人が多いけれど、こういう陰謀論やデマを間に受けで吹聴するというのは、顧客の信用が重要なこういう職種では、自殺行為じゃないの。

笹田康夫氏のfacebook

ーーーー4月27日の引用記事ーー
【デマ】川内原発が故障している
>✱九州電力の知人からの情報 熊本地震により川内原発の制御棒が入る長いシリンダーが歪み、制御棒の出し入れが100%作動しないらしい だから、地震発生時に自動停止できなかったという つまり 現時点でも原発を停止できないらしい(今後も稼働しっぱなし!)
ーーーーーー

 震度四では繊細なワイングラスでさえ壊れていないのに、バカですか この笹田ってのは。

 仮に 地震以前に壊れていたとしたら、昨年11月の再稼働の後、4月14日までに壊れたということになるでしょ。その間には何も特筆すべき事件はなかった。いつ壊れたんでしょう??? ひょっとして、その「九州電力の知人」がテロでもやったのでしょうかね。

 この笹田はフランスのカンヌ在住となっていますけれど、海外のいいとこに住んでいて原発デマを日本に流す、というのはオーストラリア在住の雁屋哲もそうですね。今のデマゴーグって儲かるんですね。羨ましいです。



posted by 山科玲児 at 08:16| Comment(0) | 日記