2016年05月08日

若冲 300年展

若冲.jpg

東京都美術館で、若冲展をやっているようです。
〜5月24日まで

動物さい絵の米国 ワシントン展覧に続く?? 一挙公開ということで、絵の前に三重の列ができるという大盛況だそうです。

    >混雑状況5月8日(日)】9時45分現在、チケット売り場の待ち時間は約25分、入室までの待ち時間は約140分です。
   >

思わず、はああああ  と漏らしそうになる状況ですね。

バーンズコレクション(憶えている人はかなり年輩かも)か正倉院展かという騒ぎです。2000年ごろでは、こんな混雑はなかったと思います。フェルメールやレオナルドなみですね。もともとこのシリーズ画は京都の相国寺にあったもので、相国寺の法会や祭日に開帳して好評だったものだそうですから、伊藤若冲にしても、現在のような観賞のされかたを喜んでいるだろうと思います。

 しかし  若冲の「冲」が「じゃくちゅう」といれると一発で変換できるくらい 伊藤若冲ってメジャーになっているんだな、と感心します。

 1970年ごろでは、少数の意欲的な研究者や愛好家をのぞけば 伊藤若冲を積極的に蒐集・観賞する人はあまり多くなかったのではないでしょうか?  御物にあるので、戦前の光村印刷所出版の豪華図録には酒井抱一とともに収録されていました(イメージ)。1980年代では「若冲 展」なんて、まず無かったと記憶しています。 芸術新潮1975年10月号で、「日本の名画」発掘という企画を組んで「日本美術の盲点」という無署名ルポ(相当  優秀な人が書いてる)が収録されていました。当時、紹介された画家のなかでは、若冲のメジャー化は最も際立っています。私としては、渡辺始興や久隅守景、鈴木基一のほうが好みですが。

 伊藤若冲への再評価は、浮世絵と同じく外国の評価の逆輸入で、情けない限りです。特に米国の
エツコ&ジョー・プライス の蒐集がすざまじく、「その熱意は、日本から若冲の絵がなくなるまで続く」(佐々木剛三、海外流出問題を考える。芸術新潮1969年10月号)でした。今回もプライスからあの変わった鳥獣花木図屏風が来日展示されています。これは実見していますが奇想は評価するがあまり実物をみてありがたいという感じはありません。 またバーク コレクションの「月梅図」は、1985年に、  東博で開催された「日本美術名品展―ニューヨーク・バークコレクション 」で観たのですが、私が初めて印象深いと思い長く記憶している若冲画でした。これは、今回も展示されています。今はメトロポリタン美術館に入っているようですね。

  そのあとも、御物の展覧や、日本美術名品展などで若冲画を観る機会は多かったのですが、絵の前は至って閑散としていましたから、隔世の感があります。まだ20年も経っていないのですがね。
  私としては、若冲の絵では、拓本を模倣した点描画の作品(下イメージ)が面白く独自性があると思っています。
若冲 in TNM 2005JanP.JPG
posted by 山科玲児 at 09:49| Comment(8) | 日記

2016年05月07日

長崎のチーズ屋さん



  たった四十万都市の長崎に、チーズ専門店があります。

 このタチバナフロマージュは数年前に場所が移ってしまって、築町・賑橋の近くに移転しました。先代がいたころほど過激な店じゃないですが、なおチーズ専門店としてがんばっています。



タチバナフロマージュ

長崎県長崎市栄町4-11
095-825-7200
営業時間
火曜〜土曜 10:30〜20:00
日曜・祝日 12:00〜18:00
定休日 毎週月曜日
posted by 山科玲児 at 09:31| Comment(0) | 日記

鉄もすり減る



すり減り.JPG

 年に200日以上使っている肩掛けバックのベルト金具がすり減ってはずれてしまいました。
 こういう鉄金具でも結構すり減るものですね。
 幸い予備があったので、交換しましたが、ついでに新品とすり減ったものと比較してみました。
 上の円錐状になってる鉄金具が すり減ったもの、下の円柱状なのが新品
 機械における損耗、摩滅、故障などを考えると、2011年、2014年に考えた

2011年11月10日
機械も年をとる
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/50136442.html
2014年03月25日
機械は人間より長命か?
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/91609136.html
ようなことを、再認識しました。
タグ:機械
posted by 山科玲児 at 09:15| Comment(0) | 日記

2016年05月06日

宇宙でウイスキーを愉しむ


スコッチのバランタインが宇宙でウイスキーが飲めるグラスを発明したというニュースCMがありました。
posted by 山科玲児 at 10:29| Comment(0) | 日記

2016年05月05日

クリントン 失言 補足

昨日の クリントン 失言 

をかなり書き換えました。

証拠動画もつけました。クリントンは演説は上手い、ただ中身がおかしい、

雄弁だが間違っているってのは最も危険なんじゃないの、アルキビアデスやクレオンみたいなもので。

日本のマスコミには都合悪いみたいですね。

posted by 山科玲児 at 10:02| Comment(0) | 日記

拓本の真贋 ライ子侯刻石

ライ子侯刻石 翻刻 比較s.jpg

最近、ネットでみたライ子侯刻石の拓本がおかしかったので、真贋の例として、上に揚げてみました。

容易にわかるでしょうが、とくにわかりやすいのは文字ではなく周囲のギザギザ模様です。文字は入念に似せて彫ってあっても
そのまわりは手抜きしやすいんですね。

この王莽の新王朝の時代の ライ子侯刻石は、楊守敬が激賞してました。

類似した刻石も新出土していますが、まだその激賞は有効かもしれません。

タグ:拓本
posted by 山科玲児 at 09:38| Comment(0) | 日記

ブリュッセル空港の超長蛇の列

航空会社各社 ブリュッセル空港の異常な警備態勢を批判
>「超長蛇の列を作り出すことは、今一番やってはいけない事だ。 問題を解決するためにこのプロセスを見て驚いた。」


あああ、やっぱりこうなったか。

だから、私は、ブリュッセル空港使用を諦めて、旅行をいったん放棄してゼロから考え直してしまったんだよな。

それは、単にブリュッセル空港で50人ものムスリム従業員による 過激派 秘密モスク 礼拝室があったという、危ない話だけではなく、
こういう実用的な問題も起こるだろうと予測していたからだ。

2001年頃は、もっとも緩い空港だった、ブリュッセル空港が急に変貌してしまった。
posted by 山科玲児 at 08:32| Comment(0) | 日記

2016年05月04日

クリントン 失言

ヒラリークリントンが演説で、

「再生エネルギーが盛んになって、炭鉱夫という職がなくなる」
と言ったそうで、大バッシングを受け、炭鉱夫の代表にあやまるという醜態を晒したそうである。

政治家としては、多数の有権者がいる炭鉱夫にもいい顔しないといけないし、ほとんどいない人力車の車夫だっって尊重すべきだと思うよ。まして労組が支持母体の大きな部分を占める民主党ならなおさらのことだ。

 なんか鳩山由紀夫か菅直人みたいな演説をしているみたいで、政治家としてのヒラリークリントンの能力に、さらに疑念をもたざるをえない。正直言って、ヒラリーの良いところはプロの政治家としての能力というところにあるのだから、それが崩れると単なるオバサンになってしまうのである。

これは11月の本線はトランプにオッズがいきそうですね。

[補足]
なんか、日本のマスコミでは報道されませんねえ。マスコミにとって都合が悪いのかな。


posted by 山科玲児 at 21:58| Comment(0) | 日記

トランプが共和党大統領候補になる

インディアナ州での敗北を受けて、クルーズ上院議員が撤退を宣言しました。
ケーシック知事しか競争相手がいない状況ですから、カリフォルニアとあと少しとれば、過半数とれます。

大事件でも無い限り、トランプ指名は、ほぼ確実となったでしょう。

日本政府は、トランプと接触したり周囲のブレインの情報収集をしたりしなければなりませんね。

ロビー活動もね。

posted by 山科玲児 at 11:08| Comment(0) | 日記

上海で買って香港で売る???


Shanghai.jpg


 上海と香港の株式市場の昨日の変動をみていると、どうも変だ。

  香港と上海が丁度逆の動きをしているようにみえる。

イメージの右端に香港のグラフを反転鏡映して倒立させたものをつけたが、ほぼ上海の動きに酷似する。

 ひょっとして、上海で買って香港で売っているのか?
ディーラーなら、現在ではパソコンや取引用端末の前で
数分でこういう取引をすることができるだろうし、
コンピューター取引だった、プログラムのオプションを替えれば可能だろう。

上海市場のみせかけの維持のために、こういうことを中国共産党の財務担当がやっているのかもしれない。





posted by 山科玲児 at 08:48| Comment(0) | 日記