2016年05月14日

鳥獣人物戯画 乙巻

鳥獣人物戯画 (4).JPG

10年以上前、神田の一誠堂で買い損ねて以来、なんとなく欲しかった、大和絵同好会版の鳥獣人物戯画 「乙巻」を入手した。
甲巻は、そのとき一誠堂で買ったのだが、脇にあった乙巻は、次にと思っていたら買い損なったのである。
中央公論社の日本の絵巻 の鳥獣人物戯画

をもっているから、いらないと思っていた。しかし、この本は原寸影印ということにこだわっているのは良いのだが、洋装本の2Pにいれるためにどうしても、横長画面を無理に切ることになり、絵画の脈絡がつかみにくいのである。

そういう点で、この原寸で巻物型のモノクロ複製は、良い。

甲巻の複製は「値段のことをいわなければ」、長い間、販売されていたが、乙巻は、なかなかない。たぶん学研か講談社で甲乙巻二本セットで黒塗りの豪華箱にはいっているものが販売されたことがあるので、それを買って甲巻を売ってしまおうかと思ったこともあるが、そういうものは高価でもあるし、大和絵同好会版には紙も含めて味わいがあるので、やりかねていた。

そうはいっても四巻セットならとても高価である(⒛万以上)、おまけに丙巻後半の複製をもっているので到底手を出す気にはなれなかった。

巻子型の把握という意味では便利堂の縮小影印本も悪くはないと思うが、乙巻だけというのは古書では出ないし、意外に高価である。

 とはいえ、縮印を嫌っているというわけでもなく、蕪村の奥の細道図巻は、縮印で結構楽しめている。

今回、
少々 痛みがあったので廉価で買えたのは良かった。
少しずつ補修して観賞している。

この鳥獣戯画

乙巻の象は若冲画や普賢菩薩が乗る仏画の象の古い例でもある。
鳥獣人物戯画 (3).JPG

posted by 山科玲児 at 10:11| Comment(1) | 日記