2016年05月15日

勉誠出版 の鳥獣人物戯画 複製


  鳥獣人物戯画の巻子本複製は、古くは大和絵同好会のもの(4巻 モノクロコロタイプ)、便利堂 甲巻のみ(カラー)、大塚工藝社 甲乙巻セット(未見)、ロングセラーの便利堂 縮小絵巻 4巻などがある。他にもあるのかどうかは不明だ。

 去年の、東京国立博物館での鳥獣人物戯画 展大混雑だったせいか、勉誠出版からも鳥獣人物戯画 巻子本を出版するようである。ただし、これは高価でもあり受注生産ということにしているらしい。

 もともとは、南画大成の一部みたいに、長い折り込み本で出版するつもりで、新聞にも広告を出していたんだが、下記のように変更したという事情らしい。
 勉誠出版株式会社
  「山寺国宝絵巻典籍集」刊行形態変更のお知らせ
   http://bensei.jp/?main_page=wordpress&p=7209

 こういう高価な複製は、印刷の調子や精細度だけでなく紙の感じや手触り、表装の問題もあるので、見本に触れないと、大失敗することがある。 また、場合によっては出版前に出した予約用見本のほうが質が良く、納品されたものがよくないということもある。私は昔、友人に灌頂暦名の複製刊行を紹介したが、納品されたものの印刷精度やトーンが案内の見本より良くなかったので、友人に迷惑をかけたことがあった。 十分注意が必要であろう。


posted by 山科玲児 at 09:33| Comment(0) | 日記