2016年06月12日

ボス  三賢王礼拝 は、クリーニングされていた


>「三賢王礼拝の祭壇画」
> は、2005年のときの印象よりよほどよくみえた。展示環境というのはおそろしいものだ。

と書きましたが、実は、展覧会の前に画面のクリーニング・額部分の修理が行われていたようです。


Restauración: El tríptico de la Adoración de los Magos, del Bosco
https://www.youtube.com/watch?v=wCk80pP5znw

2005年では、なんか貧弱なものにみえたのに、今回は凜とした良い作品にみえたのですから、良い修理だったと思います。
posted by 山科玲児 at 17:04| Comment(0) | 日記

聖マルティヌスのワイン

WINE SAINT MARTIN BREUGELss.jpg

  5月30日、プラド美術館での、めあての一つは、最近発見されたブリューゲルの大作:聖マルタン(聖マルティヌス)のワインだった。
 新発見のブリューゲル大作 聖マルティヌスのワインについては2011年3月6日にレビューしておいた。
  http://reijibook.exblog.jp/14376365/

  これは幸い展示されていた。隣に展示されている「死の勝利」より大きく力作のようにみえる。人間の肉体描写がより現実的で、中世的肉体ではない。ロンドンの三賢王礼拝や、写真しかみてないが「農民の婚宴」(ウイーン)

などに近くブリューゲルとしてもやや晩年・最盛期にちかいものだと思う。絵の具の剥落は修理後もひどいが、ブリュッセルの三賢王礼拝よりは状態がよい。布はかなり粗いものだが一応下地はつけてあるのか布目が筆線に直にでているようなことはない。絵の具の褪色剥落が多いのは誠に惜しい。
 この聖マルティヌスのワインの修理の事情をヴィデオ編集したものがあって興味深い
  https://www.youtube.com/watch?v=HS4dI9KPPD4

 麻布にテンペラで描いたこのようなブリューゲルの絵画は何点か残っている。一番保存がよいのがナポリのカピデモンディ美術館にある「盲人の喩え」「人間嫌い」の2点で、ブリュッセルにある「三賢王礼拝」はボロ布のように傷んでしまっている。どうも、ロンドンナショナルギャラリーにあるディエルク ブーツの古い例なども鑑みると、こういう絵画は、もともとはタペストリーの代用品として使われて消耗してしまったもののようだ。ただ、ブリューゲルの時代になると、既にヴェネチアでキャンバス+油彩の作品が盛んに完成品として制作されていたし、イタリアを旅したブリューゲルが知らなかったはずはないから、代用品消耗品というような意識での制作ではないだろう。

 スペイン語なのが問題だが、モノグラフ(イメージ)をプラドの本売り場で探してもらったら、安かった(5E)ので買った。 どうもこの本の写真図版は、より色鮮やかで現物より鮮明にみえる。色校正の違いであろうか。本物・現物はもう少し全体に褪せたような感じが覆っている。
    Pilar Silva Maroto, Manfred Sellink y Elisa Mora, Pieter Bruegel el Viejo. El vino de la fiesta de San Martín, Madrid,2011
   このElisa Mora女史が、上のヴィデオに登場してる白衣を着た修理責任者ね。

  もともと17世紀のナポリ総督をやっていたメヂニチェリ公爵の家系に伝わったもので、2009年11月ににオークション会社ササビーズのスペイン支店にもちこまれ、スペイン政府が先買い権を行使したもののようである。

 この絵自体は1980年にスペインの学者がペーター ブリューゲル(子)こと小ペーター=ブリューゲル(有名な方のペーター=ブリューゲルの息子)の作品として報告はしていたが、あまり注目されなかったものらしい。小ペーター=ブリューゲルの作品は多量生産された模写が多く、質が低いことが多いので、あまり重視されない。そのため、この報告も見過ごされてしまったのだろう。

  また、従来 オリジナルに近いとされてきたウイーンの断片のほうが原本、こちらが模写本だとしてしまったのではないか? 実際、ウイーンのものも布にテンペラらしいし古くから知られているものではある。ウイーンの絵が原作の断片で、プラドのものが模写したものであるという解釈も成り立つのである。現在は、見解が逆になっていてウイーンのほうが模写だとなっている。よく比較してみると、確かに、ウイーンの中央上部の長い柱や背景家屋にはどうもおかしなところがある。

 
posted by 山科玲児 at 13:11| Comment(0) | 日記

マドリードの邸宅美術館

Cerralbo1.JPGCerralbo2.JPGCerralbo3 toilet.JPG


  6月3日に、プラドを早めに切り上げて、タクシーをつかまえてセライボ美術館にいった。

なにせ3時までしかやっていないので悠長にコミーダ(昼食)やっているとしまってしまうのである。ここはあまり知っている人はいないようだし、古い旅行ガイドには閉館中となっているありさまである。しかし、同じマドリードのラザルガルイディアーノより更に徹底した本当の邸宅美術館である。なんで私がここを知っているのかというと、長崎にきたプラド美術館 静物画展にあったMiguel de Pretの葡萄の絵に感銘を受けた。そのMiguelのサインがある基準作の「葡萄」がここにあるという情報を得たのがきっかけである。
 2015年05月05日
  深遠な葡萄 アントワープからマドリードへ来た画家          http://reijiyamashina.sblo.jp/article/126754461.html

 庭はどうてことないが、玄関に入ったとたん大理石とタペストリー、シャンデリアに圧倒される(イメージ)。案内の女性がいて、奥ののドアで切符を買えという。ノーフラッシュなら撮影可能なので、皆がやっているようにカメラだけとりだして鍵つきロッカーにいれた。実際、通路がそれほど大きくないし、そこらじゅうにアイテムが裸でおいてあるので、とても大きな荷物をもって鑑賞などできない。どうも、毎日の入場者数を60人に制限しているらしい。実際に中をみると、これは無理もないと思った。
 中国人韓国人団体客など、決して入場させてはならない。めちゃめちゃになるのが眼にみえている。ベルギーの古都ブリュージュの14世紀の鐘楼の最上階にもハングルのひどい彫り込み落書きがあった。

 大半の部屋が豪華絢爛を誇示したつくりだが、特にすごいのがボールルーム(舞踏会場)で鏡を複雑に使って幻惑的な空間を作っている(イメージ)。フランス人の観光客が話しかけてきたんでヴェルサイユと比べてどうか、と聞いたら、ヴェルサイユより豪華だというとんでもない回答が返ってきた。実際、大きさはともかく豪華さが凝縮しているという点は、近くのスペイン王の王宮よりも強烈である。スペイン王王宮は見学した限りでは、すっきりした感じを受けた。この過剰な豪華さは、フィレンチェのピッティ宮やシエナのキージ サラチーニ宮を思わせるところもあるが、もっとバロック風である。
 興味深い部屋のひとつが、豪華というのもおろかのダイニングルームだが、ここはボデコン(台所画  静物画)が多数かかっている。なるほど、野菜などの静物画はこういう風に使われたのだと納得した。ここの壁の一角に、Miguel  de Pretのサインがあるらしい葡萄の絵ともう一つの二房の葡萄の絵がかけてあったがテーブルのむこうなので よく撮影できなかったし、双眼鏡はロッカーにいれたままなので使うことができず残念だった。しかし、どういう風に使われた絵なのだが、よくわかる。
 また、ビリヤード室があって、豪華なビリヤード台がおいてあった、アマデウス モーツアルトの財産にも高価なビリヤード台があったが、こいういものではなかったろうか?
  図書室の2Fには小さな梯子をかけて上る。かなり危ない感じがする。この梯子は取り外し式のようで幅がせまく、たぶんこれしか2Fの書棚にいけないようであるのがすごい、こういう梯子は古版画などにみることができる。
 淑女の化粧室 トイレット というべき部屋(イメージ)もあって、これも注目を集めていたようだ。
 また、シエナのキージ サラチーニ宮でも思ったが、シャンデリアてのは、かなり低いところ、手を触れられるぐらい低いところまで降ろして使うものなのだ。考えてみれば蝋燭などの明かりなのだから、あまり高いところにあると、照明効率がよろしくないし、天井が煤だらけになる。フェリーニの映画「カサノバ」で、宴の後で召し使いたちがシャンデリアを床まで降ろして火を消したり蝋燭を交換したりするシーンがあった。あのときはかなり高い位置までひきあげていたようだが、あれは映画だったから、低いと様にならなかったのかもしれない。

  絵画作品は多数あるが、本当の名画と称するべきものはあまりないようである。しかし、個人コレクションというのは、優れたコレクションをまとめて受け継ぐという幸運にあわない限り、概してこういうものではないだろうか。
 工芸品には優れたものが多そうである。

 邸宅美術館というのは邸宅+収蔵品であるが、ここは、収蔵品では世界的に有名な作品などない。むしろ19世紀以前に、大貴族や富豪の蒐集家がどういう風に美術品を展示していたか、という形をそのまま観ることが出来る希有な例である。邸宅と美術品では邸宅のほうに重きを置いた珍しい例だ。

 米国ニューヨークのフリック=コレクション、ボストンのイザベラガードナー、ロンドンのウオレス=コレクション、アントワープのマイヤーファンデアベルク、パリのジャックマールアンドレなど邸宅美術館と称すべきものは多いが、イザベラガードナーは例外として多かれ少なかれ手をいれて整理して美術品を見易いようにしてあるようだ。また邸宅そのもがミラノのポルディ ピッツォーリのように連合軍爆撃の被害にあったところもあり、優れた一流の美術品を展示してあっても、当時の蒐集観賞状況そのままという生々しい感じを受ける美術館は少ない。
 このセライボはその真反対であり、タイムカプセルに入るような不思議さがある。
  マドリードの邸宅美術館としては、ラザロ=ガルディアーノ美術館が所蔵品という点ではここセライボよりずっと優れているが、ここセライボ美術館は所蔵品ではなく、内装や環境をみるところだと思った。

 個人でそっと訪れることをお薦めしたい。


posted by 山科玲児 at 05:25| Comment(0) | 日記