2016年06月18日

ボス作品の制作年代

プラドのボス展
   https://www.museodelprado.es/
  の観賞経験を思い出し、カタログを再度繙いて、ますます混乱してしまうのは、
 推定  制作年代の順序と、作品の質や内容が矛盾しているように思えることである。

 1980年代以前、年輪年代法もなかった時代の本を読んでみよう。
  カール=リンフェルトの「ボッス」や MIA CINOTTIのボスは、日本語訳もされている。
 彼らや彼らの先輩は様式を比較しながら、制作年代を推測していった。

  だいたいは、古拙なもの未熟なものわかりやすいものを初期に、独自性の高いもの、熟練したもの、未来につながりそうなもの、難解なものを、晩年近くにおいて作品を並べ、画家としての発展の歴史を想像していたものである。まあ。晩年に老齢や病気のため作品が粗放になったりすることはあるが、ボスの場合は
  そういうことは配慮されていなかったと思う。

  従って、当時は、「乾草車」「7つの大罪」「カナの結婚」「愚者の石の手術」などが初期、
「三賢王礼拝の祭壇画」「快楽の園」「聖アントニウスの誘惑」が晩年作
ということになっていた。

 ところが、2000年頃から研究が進み、「カナの結婚」は没後50年のコピーに転落した。「乾草車」は2点とも没年前後の作品になって真筆性も疑われる。
 更に、「三賢王礼拝の祭壇画」が1490年代前半ごろと確定してしまったのである。「乾草車」より20年は早い。この2つを比較すると、どうみても「三賢王礼拝の祭壇画」のほうが遙かに熟達している。時代の早いほうが熟達しているし様式的にもより進歩的であるとはいったいどういうことであろうか。また、更にややこしいことに、プラドにあるほうの「乾草車」の下書きを赤外線でみると、結構、「快楽の園」などにも似ているという。

 この矛盾を解くとしたら、2点の「乾草車」はボスの初期作品をアトリエでコピーしたものであって、下書きにはボスが関わったかもしれないが完成は弟子が没後にやった、というような物語をつくるほかない。

 また、画風が似ていても全く別人の作品のグループが紛れ込んでいるような気もするが、それはまたあとで書いてみたい。


posted by 山科玲児 at 16:48| Comment(0) | 日記

ラザロ=ガルディアーノ美術館

FLG.JPG
6月1日に訪ねたマドリードのラザロ=ガルディアーノ美術館だが、タクシーでいった。
  動画ならこれがいいかな??  後半が冗長だが前半はわりとよい。           https://www.youtube.com/watch?v=6N-JnGZ5PmI

  ここは邸宅美術館だが1Fはあまりそういう感じがなくビルの1部屋のようにみえる。雰囲気があるのは2F以上でまあ、豪華な内装、収集品も含め、個人コレクションとしては面白いものが多い。

  また、有名な作品も少なくなく、そういう意味では 邸宅の価値と収蔵品の価値に微妙なバランスがとれている。前 紹介したセライボ美術館とは、かなり違う。ある意味で常識的である。

 こういう、コレクションには、結構掘り出し物、美術研究者があまり注目しない興味深い資料があったりするものだ。例えば、ブリュージュ救世主大聖堂展示室にあう「取りなしの聖母」 の微妙に変えた模写があったのには驚きだ。祈祷者より聖母が少し高い位置になっている。

 古くから有名なボッス派とよばれる絵は2Fにある。これにはボッス風の厳しさや神秘主義はないが、ある別の良さもあるのではないかと思った。
FLG Tonduls Bosch School.JPG

  またその向かいにはゴヤの魔女の絵として有名なものが2点ある。これらは意外と小さい。
     ゴヤ 魔女のサバト
           http://www.wga.hu/html/g/goya/2/218goya.html

 同じ部屋の奥に 現代画家が「快楽の園」を、人間だけを全部のぞいて模写したものを展示していた。なんかだれもいない遊園地のような奇妙な感覚がある。
  中世、14世紀15世紀ごろの教会の什器や設備だったものらしいコレクションが多い、家具とか聖遺物容器とかである。また膨大な象牙彫刻もあった、なんか似たようなコレクションを観たことあるなあ、と思い出したのが
  アントワープのマイヤー  ファンデルベルグ美術館


   である。マイヤーは、もっと徹底していて建築まで15世紀の模倣である。一方ラザロのほうは現実の彼の邸宅を改造して邸宅の内装を残して展示にしたところもあり、画廊や美術館の部屋のように現代的に改造した部屋もある。

 もっとも、マイヤーのほうも、最近隣接家屋を買収して新館にしているので、今はそこまでは徹底していないかもしれない。
   美術館のそういう性格からか、家具としての絵画を考えることのできる次のような展示品もあった。

FLG ESCRITORIO FLAMENCO (2).JPG

posted by 山科玲児 at 09:05| Comment(0) | 日記