2016年08月06日

エスコリアルのロヒール

Calvario Rogier madonna.jpg

Calvario Rogier St Jans.jpg

  マドリード郊外、電車で1時間エスコリアル宮+修道院では、プラドのボス展と平行して、
  絵画の展示をしているが、ここでみたかったのは修理が終わった ロヒール  ファンデアワイデンの カルヴァリオこと磔刑図だった。
    Restauracion El Calvario de Rogier van der Weyder
     https://www.youtube.com/watch?v=HFGY0O8xj6c
  このことは、前にも書いたが、もう一度書いてみる。
  この磔刑図 については痛みがひどく表面の絵の具にはロヒールの筆が残っていないような酷評を昔からきいていた。
   碩学Dirk Devosの, Rogier Van Der Weyden: The Complete Works
 2000/4 にも、「ひどく傷んでいて、上塗りが多く、モデリングも含めて画家の技量をまたもに評価できない」といって、赤外線によるモノクロ写真だけを掲載してあった。

   もっと古い本Martin Davis, Rogier van der Weyden, 1972,Londonでは、Severly Damagedとまたひどい評価である。

  この絵画にはフェリペ二世ごろの記録があり「ブリュッセルのカルトジオ教会にあったロヒール親方の作品」ということが確実なものなので、惜しいことだと思っていた。

   しかし、私がエスコリアルの一室で観たときは、結構感動した。まず、高さ3.2mもある巨大さに圧倒される。巧妙な修理のためか、その日の午後に比較のため鑑賞したプラドの十字架降架 と比べてもそうひどく見劣りがするとは思えなかった。当方は修理前をみてないのでなんともいえないが、数少ないロヒールの作品の中に、この大作をいれることを喜びとするものである。
 上に赤外線写真と修理後の絵とを比較しておいた。そう遜色はないように思える。
 この大きな絵は、背景といい、聖母とヨハネの銀のような白い衣といい、フィラデルフィアにあるジョンソンコレクションのこれまた大きな2連画とよく似ている。
posted by 山科玲児 at 16:59| Comment(0) | 日記

金版大蔵経の発見:保存と破壊


426号 東方 の
連載  第19回 中国古版画散策(瀧本弘之)
で1933年に山西省趙城県の廣勝寺で「はん成法師」が発見した 金時代に彫版印刷された大蔵経のほぼい完全なセットのことが書いてありました。
  この金版大蔵経はトルファンなどでも少しでてますし、この山西から一部盗難され日本に流出したものもあるのかもしれませんが、天理図書館にも少数あるそうです。

>発見からまもなく国民党からの引き渡し要請があり、これを拒絶した後に日本から大金での購入打診があった。寺はこれも断るが、接収を恐れて隠すのに苦労した。そして最後は八路軍がこの経巻を炭坑の坑道などに陰徳して「日本人から守った」のである。その過程で少なからぬ部分が失われたり汚損したりした。

  なんかなあ、これは、「守った」というのかな。泥棒が書画を盗んで土に埋めて腐ってしまって消滅したというのは、

  中華民国初期に起こった、
   鐘元常の 薦季直表 模本 亡失事件
      http://reijiyamashina.sblo.jp/article/68484617.html
 でしたが、それよりは少しマシというくらいかな。


ところで、この

>日本から大金での購入打診

  至って紳士的じゃないの。日本軍は中国大陸で文化財を略奪したんじゃんかったのかね??
  まあ、他でも中国人蒐集家から大金で買う、という記録が多数残ってますからね。ちなみに大宅壮一さん初めジャーナリストたちの中には「十割引で買ってきた」人がいたそうです。ホントに当時から新聞記者は腐っていたんだね。

  まあ、日本に来ても第二次世界大戦中の空襲 原爆や、輸送船の沈没という問題もあったから、無事だったかどうかはわかりません。

>「金蔵」のうち4割程度が棒状にこびりついたりしてまったく読めないものであった。
 これは、八路軍のせいではないでしょう。正倉院文書にも蝋燭文書といわれる同様なものがあるから、発見当時からこの状態であったとおもわれますね。


posted by 山科玲児 at 09:38| Comment(0) | 日記