2016年08月11日

ブランデンブルク協奏曲を献呈された人

brandenburg Bach Leonhardt.JPG

上のブランデンブルク協奏曲

を久しぶりに聴いていると、前からの疑問がでてくる。

 ブランデンブルク辺境伯に献呈された、と本には書いてあるが、当時はブランデンブルク辺境伯領はプロシア王国になっているはずで、ブランデンブルク辺境伯は存在しないはずだ。世界史をちょっとやったことがあれば、おかしいと思うはずである。

 存在しないブランデンブルク辺境伯には献呈できない。これはどういうことだろうか?

それで、少しWikiなどで調べてみたが、

実際に献呈された人は、

ブランデンブルク=シュヴェート辺境伯クリスティアン・ルートヴィヒ
Christian Ludwig von Preusen, Markgraf zu Brandenburg-Schwedt

である。
  この人は先代のプロイセン王の王子であったが、王にはならなかった。で称号としてブランデンブルク=シュヴェート辺境伯というのを名目的にもっていたのか、領地のあがりをもらっていたのかは知らないが、実際に統治していたわけではないようだ。

亡くなったのもベルリンである。

 実際のところ、ブランデンブルク辺境伯のホーエンツオレルン家が跡継ぎの絶えたプロイセン王家を継承したわけだから、プロイセン王はブランデンブルク領に貴族をつくる権利ももっていたというような事情があったのだろう。

こういうことは、バッハ研究家には自明のことかもしれないが、当方にはなんとなくひっかかっていたので、同様の人もいるのでは、とあえて生意気に書いてみた。


posted by 山科玲児 at 16:08| Comment(0) | 日記

ボスのフィギュア

Bunkamuraや横浜美術館に売っていたボスのフィギュアは、

オランダのPARASTONE社の商品のようです。


どうりで、ロッテルダムのボイマンスにいったときもあったはずだ。オランダの会社だもん。オランダ製かどうかはわかりません。外注してるかもしれないしね。バーバリーが中国製になる時代ですから。

マドリードのプラドになかったのは、オランダというとこでひっかかったのかな。

サイトをみると、なかなか楽しいものが色々とあるようです。

輸入品ということで高価なのかもしれませんが、同じもの類似品をつくるのでなければ(それはよくない)、もとのキャラクターも版権は400年前に切れてますから、あるわけないので、海洋堂さんもトライしてみたらどうでしょうかね。

快楽の園、聖アントニウスの誘惑(リスボン)なんか多数の題材があるから、いいと思いますけどね。





posted by 山科玲児 at 10:48| Comment(0) | 日記

長崎で 海洋堂 フィギュア 展示会(無料)

海洋堂 ココヲーク (1).JPG

フィギュア 人形制作で有名な海洋堂


のフィギュア 展示会が、長崎の商業ビル ココウォークで展示されてました。(無料)


 2F,3F,5F に分散展示されていて、特に3Fは場所がわかりにくいのが欠点ですね。かなり探してしまいました。 8/2(火)〜29(月)  まあ夏休みの子供めあてでしょうが、それならもう少し展示ケースを低くしたほうがよかったかな。大人がみても楽しめます。

 やや大型のものもありますが、フィギュアは小さいものが面白いですね。

1980年代の初期のフィギュアもあって、興味深いものでした。

ところで、ヒエロニムス=ボッスのフィギュアが 渋谷 Bunkamura売店で売られていたことがあったんですが、あれはどこの制作だったんだろう。

プラドのボス展でもなかったようだし、海洋堂さんプラドに売り込んだらいいんじゃないかな?

ちなみに横浜美術館では売っているようですが、かなり高価ですね。面白いけれど。


posted by 山科玲児 at 10:27| Comment(0) | 日記