2016年08月22日

違う牛でした


 長崎にも、秋に巡回する古代ギリシャ ─ 時空を超えた旅 ─(2016年10月14日(金)〜12月11日(日)長崎県美術館 )ですが、現在は東京国立博物館で開催されています。
2016年6月21日(火)〜9月19日(月)東京国立博物館

   ただ、この牛の頭のリュトンは、有名なもの
     https://commons.wikimedia.org/wiki/File:AMI_-_Stierrhyton.jpg
とは違う別の1品みたいです。

   まあ、有名なもの以外にもうひとつあるということはよくあることですし、そういうもののほうが普通展示してなくて、かえって観る機会がないことが多いので貴重ともいえますが、なんとなく騙されたような感じを受けますね。

  有名なものはヘラクリオン美術館の目玉だったので、こっちにしたのかな。ヘラクリオン美術館の古いカタログによると類似品が3個あって、黒蝋石のものが有名な物でクノッソス宮殿出土、緑泥石のものがこれでザクロス宮殿から出土、他にライオンの頭形のものが1個あるそうです。


posted by 山科玲児 at 09:13| Comment(0) | 日記