2016年08月25日

アスコリ=ピッチェーノは平静


 イタリア地震を心配して、2005年に泊まったホテルにお見舞いメールを送ったら、返事が来て、

  アスコリ=ピッチェーノは平静に戻った  そうだ。

 少なくとも、パニック状態や大災害状態ではないらしくて、ほっとした。

 アスコリ=ピッチェーノの司教?が被災地を見回っているというニュースもあるので、少なくとも本拠地がめちゃくちゃというわけではないらしい。

 義援金については、募金詐欺・不正流用がないところを探さないといけないので、ちょっと苦しいところです。しばらく静観。 なんかイタリア赤十字にも前回の地震で横領疑惑があったそうだから、こまりますねえ。


posted by 山科玲児 at 20:12| Comment(2) | 日記

アスコリ ピチェーノのホテル

AScoliHOTEL.JPG

ASCOLI (2).JPG

イタリア中部で地震があり、かなり被害がでているようだ。

個人的に、心配になったのはアスコリ=ピッチェーノの素晴らしいホテルは大丈夫だっただろうか

ということである。2005年5月に訪れてとても素晴らしい印象をもった古建築を改造したホテルである。


>Ascoli Picenoの ホテルPalazzo Guiderocchi(http://www.palazzoguiderocchi.com/) はとても素晴らしい。古い館のよいところと現代設備の良さを両方兼ね備えている。 階段は絨毯を金属棒で押さえている。天井高い2部屋+広いバスルーム、豪華ダブルベット、カウチ、書斎机、これで98eとは信じられない。おそらくここのハイシーズンは夏のバカンス時期だからではあるまいか? 部屋に入る前に共用のサロン(→)があってここがまた豪華、壁にはフレスコ装飾の断片が残り(17世紀?)、豪華なソファとカウチがある。近づくとセンサーで明かりが灯る凝りようである。

上に内部の写真をおいておく。

このホテル、Palazzo Guiderocchi
のことはあまりブログでも書いていないが、あまり素晴らしいので秘密にとっておきたかったのと、場所があまりに観光地から離れていて、ぶどう酒か、画家カルロ=クリヴェリに興味のある人しかいきそうもない町だったからだ。

 しかし、この町はローマ橋や 小さな円形劇場あともあり、結構面白いんだけどね。。。

 このアスコリ=ピッチェーノでも20人以上が死亡したそうだ。病院が倒壊したせいらしい。
全滅に近い奥地の町ほどではないとしても、痛ましいことである。
熊本地震のあとのように、余震もあり、現地近辺のホテルは風評被害になるだろうから、
この際、とっておきのこのホテルも紹介することにした。


posted by 山科玲児 at 07:26| Comment(0) | 日記