2016年08月28日

ジミー=ページ旧蔵か???

Graal Tapis BurneJones.JPG

昨日、言及した、台南の奇美博物館に飾られているらしい、

エドワード=バーン=ジョーンズ下絵、モリス商会制作の「聖杯伝説」の美しい大きなタペストリー(イメージはバーミンガムの同類のもの)だが、

ひょっとすると、ロックグループ:レッド=ツエッペリンのジミー=ページがもっていたものかもしれない。
 INDEPENDENT紙に2008年にオークションに出したことが報道されていて、どうもこのときは値段が合わず売れなかったらしい。

 売る気はあったわけだから、奇美の代理人が接近したとしてもおかしくないだろう。
 これはなんでもジミーが、1976年に購入したものだそうで、結構眼があったんだな。


posted by 山科玲児 at 18:20| Comment(0) | 日記

このクリヴェッリはちょっと

Crivelli Magdalena.jpg

日伊国交樹立150周年特別展
アカデミア美術館所蔵 ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち
http://www.nact.jp/exhibition_special/2016/venice2016/
が、東京六本木 国立新美術館で開催されます。
開催期間
2016年7月13日(水)〜 10月10日(月・祝)
また、大阪でも開催されます。
【大阪】
 会期:2016年10月22日(土)〜1月15日(日)


これは、珍しく作品リストが提供されてますので、厳密なコメントができますね。
最近の特別展はリストをださないものが多くて困る困る。。
http://www.tbs.co.jp/venice2016/works/workslist.pdf


  私が好きで、わざわざアスコリ=ピッチェーノまで観にいった、画家  カルロ=クリヴェッリですが、2点きていますが、どうもたいしたものではないようです。イメージのような傑作(モンテフィオーレ祭壇画の一部)は期待できないようです。2点は、「極端に修復されている」とコメントされていました。

 BOVERO A.,   L'OPERA COMPLETA DEL CRIVELLI. Editore: Rizzoli Milano 1974 にも 欄外あつかいでした。最近のLightmanの巨册 Carlo CRIVELLIには一応のってます。
 ヴェネチア絵画  アカデミア美術館のサイトの検索
http://www.gallerieaccademia.it/sale/sala-xxiii

  どうも、クリヴェリは犯罪でヴェネチアを追放されたような生涯をおくったので、実際の制作活動はヴェネチアの外、マルケの諸都市で行いました。だから、ヴェネチアに作品があまりない。また、ナポレオン軍のイタリア征服の際に修道院が解体され教会が荒廃した結果 散逸した作品がミラノのブレラ(ナポレオン設置の学校)に入ったりしましたが、ヴェネチアには行かなかったのでしょう。

 初期の作品の中では、ベッリーニの作品が良さそうですが、基本的に
   ティチアーノやティントレットが中心の展覧会だと思いました。


posted by 山科玲児 at 09:59| Comment(2) | 日記