2016年09月11日

9・11とサウジ賠償法


 9・11テロで、ニューヨークの国際貿易センターが崩壊し約5000人が犠牲になった。日本人も犠牲者にいる。
  2001年9月11日、私は、ベルギーに旅行中で、ブリュッセル:ルイーズ広場の近くの小さなビジネスホテル、ARGUSにいた。博物館関係者のシモネ氏からメッセージが入っていた。部屋から電話すると、ホテルにむかえにきてくれるとのこと。ありがたく待っていた。ロビーで、新聞を手にとると、ニューヨークでハイジャック機が2機、国際貿易センタービルに突っ込んだという大変なニュースを知った。
 ということで、海外でフランス語でこの事件を知るという奇妙なことになっていた。

米同時多発攻撃から15年、永続化する米国の戦い
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160911-00000021-jij_afp-int
 この事件で、米国下院への報告書(CIAやNSCが作ったのだろうか)の一部が機密あつかいだったというので、きな臭いものがあったが、最近 公開され、サウジ有力者の関与が明らかになった。シリアで反政府勢力に化学兵器を仲介したバンダル王子も関与しているらしい。
 そのためか、
    サウジ法案可決 オバマ政権は拒否権発動へ
      http://mainichi.jp/articles/20160910/k00/00e/030/181000c
という事態になっている。上院では4月に可決されていて、下院が最近可決ということである。
   ネットの一部では「70兆円賠償」とかいうデマが流れていたが、これはサウジが米国債を買っているのが70兆円だから、それが凍結差し押さえされる可能性を考えて誇張していっているだけで、あまり論理的ではない。

posted by 山科玲児 at 19:22| Comment(0) | 日記

藤原行成の書


東京国立博物館で「行成の書の企画展やってます。

藤原行成の書 その流行と伝称
http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1816

東京にいたら、いきたくなる優れた選択ですね。

  有名な 白氏詩巻  1巻 藤原行成筆 平安時代・寛仁2年(1018)
は、有名な割りには、あまり出品されません。知ったかぶりしてる人でもちゃんと観た人は意外に少ないかもしれません。

さらに、「個人蔵」の、基準作として重要な
  陣定定文案  1巻 藤原行成筆 平安時代・11世紀 個人蔵 

さらにやはり「個人蔵」で、なかなか観る機会が少ない
  重文 書状  1幅  藤原行成筆 平安時代・寛仁4年(1020) 個人蔵
も出品されます。

通常料金で、たぶん空いてる会場で、これだけみることができるのはありがたいことです。
あと「屏風歌切」「行成詩稿」「紙背かな消息」があればいいのですが、まあ小企画展ですしね。

仮名はないか、といっても、信頼できる行成の「ひらがな」はないので、、
「伝」行成  になりますが、結構でてますね。
 このなかでは、敦忠集切、升色紙が好みかな。。
  あと、、集古浪華帖 巻四  集古墨帖    梅園奇賞続集 など資料的なものがでていることは東博らしいんですが、自分が書き物をするとき、こういうところでつまづくことが多いので、やはり重要なことだと思います。こういう資料の原本は意外と看過して、孫引きで済ませたことが大怪我のもとになったりしますからね。

行成についての、疑い深い 実証的な研究は、
田村悦子先生の「三蹟」  日本の美術 No.122、1976年 至文堂 です。
 私も啓発されました。40年も前の本ですが、現在読んでも素晴らしい。

  書道界やお茶の世界だと、このような快刀乱麻的なわりきりではなく、どうしても古い伝称 にとらわれがちになってしまうんだよな。

posted by 山科玲児 at 11:33| Comment(0) | 日記

九州国立博物館の名物裂帖

九博 前田家名物裂帖  .jpg

 昨日、東京国立博物館の「 上海博物館との競演」企画について、上海から元明の染織品を借りる必要性について疑問を呈したが、念頭においていたのは、
  東福寺の屏風の裏に貼られた大きな元ごろの染織品である。

また、
九州国立博物館が2014年に購入した巨大な
***前田家伝来名物裂帖 
も、記憶に残っていた。

 名物裂帖というと、3cm四方とかせいぜい10cm四方ぐらいの小さな織物の断片が見本帖のように貼ってあるのが普通だが、これは何十センチ〜50cmぐらいの大きな布が惜しげも無く貼ってある(イメージ)。
帖自体も大きなもので閉じた状態で、1mx50cmもある。
もはや名物裂帖という概念を超えている。

2012年末に、購入前に九州国立博物館で展示されていたとき観賞したが圧倒的だった。
この内容が、元〜明の中国製の染織品ばかり300点なのだから、
これだけみても、上海から借りてくる必要があるのか?と疑問を感じざるをえない。

posted by 山科玲児 at 09:02| Comment(0) | 日記