2016年09月21日

地獄への道は善意で舗装されている



先週、9月12日、ハンガリー首相 ヴィクトール=オルバンの「国民投票を求める国会演説」の冒頭に

「地獄への道は善意で舗装されている」 という諺を引用していた。

原形は11世紀のクレルボーの聖ベルナールの言葉で、だんだんと変形して、この諺に定着したものであるという。

私が、この諺で連想するのは、ローマ帝国末期にゲルマン人の侵入を招いたヴァレンス帝である。
ヴァレンス帝は、フン族に追われてドナウ北岸にまで追われたゴート族を哀れみかつ利用しようとして、ドナウ南岸トラキアへの入植を許可した。

 そうしたら、トラキアで暴動 略奪 衝突が もとから住んでいた住民とゴート族移民の間で頻発し、結果 ヴァレンス帝は軍隊でゴート族を鎮圧しようとした。 が、あえなく失敗。最後にはヴァレンス帝自身が焼き殺されるという結果に終わった。
  これが、ローマ帝国の崩壊を決定的にしたゲルマン人の大移動の最初である。

 ヴァレンス帝自身の意図は、むしろ「善意」であったのだが、結果は自分だけでなく、膨大な国民の破滅を招いた。

  これくらい、
「地獄への道は善意で舗装されている」
にふさわしい歴史的事実もないだろう。

ところが、Wikipedia日本語版のヴァレンス帝 項目は、捏造としかいいようのない記述になっていたので、最小限の訂正はしておいた。


posted by 山科玲児 at 21:24| Comment(0) | 日記

ヒラリークリントン とドラッグ

ヒラリークリントンの病気が、いろいろ取りざたされているうち、
WikiLeaksが  ヒラリーのスタッフがパーキンソン病の薬を探しているというメールを暴露したという話があった。

しかし、それはちょっと違うかもしれない。

どうも、薬は、WikiLeaks情報から(間接的なので確かではない)
Provigil  〔同じ薬の別名は、Alertec, Modavigil, Modafinil)
のようなのだ。確かにこれはパーキンソン病の薬としても使われているのだが、普通はそうはいわない。

 
では、Provigilとは何かというと、

本来は、ナルコプレシー(嗜眠症」)の薬である。ところが、これが覚醒剤として、シリコンバレーのビジネスマンに愛用されていたという、とんでもない噂話がある。

2008年7月15日 TechCrunch Japan の米国経済界のコラム記事に

シリコンバレーの経営陣はProvigilを飲んで元気を出している?

こういう状況だと、多忙極まるヒラリークリントンが、この薬物を乱用したとしても不思議はない。

とすると、ヒラリークリントン は覚醒剤常習者、ドラッグ  ジャンキーで、あの奇行はドラッグの副作用かもしれない。

クリントンの闇は深いかもしれないねえ。

posted by 山科玲児 at 10:24| Comment(0) | 日記