2016年09月27日

橋下徹と豊洲

 橋下徹元大阪市長が、東京の築地市場の移転に賛成の弁論を煽っているのはなのは、なぜなんだろうか?

 たぶん、築地跡地に、橋下徹のパトロンであるマルハンが、カジノを建設するつもりなんだろう、と想像している。

 あるいは、他のパトロンの御意向かもしれないね。

 結局、築地の豊洲移転というのは、市場自身の改善なんかどうでもよく、

・その跡地;銀座に近い一等地を地上げして、関係者が暴利をむさぼることが第一の目的
・豊洲市場建設で、建設関係企業から支援を受ける、ことが第二の目的

 豊洲の維持費は、築地の二倍以上というから、使用料金の値上げは避けられず、移転した業者も廃業は続出するでしょう。場所的にも前より悪くなるわけだからね。

  築地の豊洲移転計画そのものが、東京都による地上げであった、ということだ。どうりで、もと山口組舎弟であった内田茂が活躍するわけですね。




posted by 山科玲児 at 13:14| Comment(2) | 日記

藤田美術館 クリティーズで売り立て


 大阪の藤田美術館がクリティーズで2017年3月に中国美術の売り立てをするようだ。
 たぶん、財政問題だろうと思う。
  http://www.christies.com/presscenter/pdf/2016/RESULTS_ASIAN_ART_WEEK_NEW_YORK_SEPT_2016.pdf
 both important Chinese archaic bronzes and works of art as well as exceptional Chinese paintings.
だそうだから、青銅器と中国絵画が目玉らしい。藤田の青銅器で有名なものは所謂熟坑のもので、少し手を入れすぎたもので、どうも私には感心しなかったので、まあいいか?といえないこともない。中国絵画では、確か「伝」李公麟の優れた 九歌図が売りに出るとしたら、これは残念に思う。
藤田美術館には、中国の仏像、金銅の優れた鳥に乗る交脚仏などもあるので、もし売り立てらるなら、これはかなりつらい感じもする。
下見会
New York – October 21-24 & November 11-16
Taiwan – November 12-13
Hong Kong - November 24-29
Tokyo – December 8-9
Osaka – December 12


posted by 山科玲児 at 09:20| Comment(0) | 日記

ダムにセシウムが貯まる


<高濃度セシウム>福島第1周辺のダム底に堆積
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160925-00000011-mai-soci


この件は、2011年ごろに、似たような問題を当方が書いておりました。
2011年12月08日
阿武隈川の浄化
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/51539324.html

 私は、むしろダム湖の浄化なり、一部に放射性物質を濃縮したダムをつくることによって、阿武隈川、阿武隈川周囲の山林 の浄化を図ることができるのではないかな、と思っています。
posted by 山科玲児 at 08:31| Comment(0) | 日記