2016年10月03日

名画にネジをねじ込んでた

Durer AdamEve Prado.JPG
 プラド美術館の、アルブレヒト=デューラーの「アダムとイブ」(イメージは修理前の写真)の修理動画をみたら、呆れたことに、名画の表面から「大きなマイナスネジ釘」をねじ込んで背後の木材を留めていたのが解った。
当然 ねじ釘の頭が絵の表面に出るのだがそれは上から絵の具を塗ってごまかしてあったのだ。
ネジは錆びているから、相当古い修理なんだろうが、ずいぶん無茶なことをやったものである。
 「アダムとイブ」各画面に12個ほどのねじ穴がある。
今回の修理ではそれはネジごととって、穴を埋め絵の具を補ったようである。
このネジで留めた後ろの木材は、絵を描いた板が反って曲がらないように押さえるためのもので、各画面の上中下に一本ずつ水平に横に裏からあててあった。今回の修理では、複雑な格子上の木材を支持のために取り付けたようだ。大きな変形をとめるためだろう。 エスコリアルの、ロヒールの大作の修理も同じようにやっていた。


 このプラド美術館の「アダムとイブ」は、デューラーのヌードとしては傑出した作品で、西洋美術の「アダムとイブ」の中では、二番目に好きな作品である。一番はボスの「快楽の園」の左翼。
  この作品は、もともとティティアーノが持っていたものらしく、デューラーがイタリア旅行したときヴェネチアで制作したものかもしれない。実は2005年に観たときはそれほど印象が強くなかったが、修理前だったからかもしれない。

フィレンチェのウフィッチでコピーを観たときのほうが印象がよかったのは不思議である。このコピーでは下に動物がいるのが違う。デューラーの協力者のハンス=バルトゥンク=グリューンの作と,
1962年以前から推定されている。

デューラーの版画のアダムとイブは、もう少し寸詰まりで、爽快な感じに乏しい。
Engaraving
http://www.metmuseum.org/toah/works-of-art/19.73.1/

 その後クラーナハも描いているが、どうも気に入らない
Cranach Adam Eve
https://www.virtualuffizi.com/adam-and-eve.html

 レンブラントの版画は醜悪であり、個性はあるのだろうが、なんでこんなのを愛好するのかなあ??と疑問に思う。
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Rembrandt_adam_and_eve.jpg
posted by 山科玲児 at 06:12| Comment(0) | 日記