2016年10月09日

マスコミのトランプ叩き

直接関係の無い?日本のマスコミがトランプ叩きやっているのは、まことに不思議。

やっぱり、クリントンは中国韓国の味方なんだろうなあ。

そうでなきゃ、あんな無茶な報道管制めいたトランプ叩き、クリントン擁護やるはずはない。

なんか、鳩山由紀夫が総理大臣になった、あのときの選挙のときの息苦しいマスコミ総出のキャンペーンを思い出しました。



posted by 山科玲児 at 15:05| Comment(0) | 日記

ボスとローマの街頭画家


Early DElight HELL detail 2001 cat.JPG

  今回、ボスの作品、特に「快楽の園」を細かく観る機会があった。右翼の地獄の遠景の群衆は特に戦慄的である(イメージ)。ほんとうに簡単な描写なのに、人体の動作や感情が自ずから伝わってくるところがすごい。

  ところで、1980年夏に、ローマを訪ねたとき、ナヴォーナ 広場
で、自作の油絵の小品や、油絵つけた装飾品を土産物みたいに売ってた若い人から、絵を買いました。
 4枚組の絵です。5cmぐらいの小さい絵です。が、なんとなくこういう描き方の伝統を受け継いでいるような気もします。 MAURIZO という名前の画家だそうで、サインも入ってます。
今、生きてるのかなあ??

Rome MAURIZO1.JPG
ROME MAURIZO2.JPG
ROME MAURIZO3.JPG
ROME MAURIZO4.JPG
posted by 山科玲児 at 11:47| Comment(0) | 日記

近藤瓶城の出版

続修正倉院  存採叢書ss.jpg


明治時代に、日本の古文書や古書籍を刊行した出版人に

近藤瓶城 という人がいる。

実は、続修正倉院文書 をこの人が活字版和本で
存採叢書の一部として刊行していて、それを貧架に架蔵しているので、

なんとなく関心があったのだが、どういう人だったのか全くわからなかった。
Wikipedia によると
近藤 瓶城(こんどう へいじょう、天保3年2月19日(1832年3月21日) - 明治34年(1901年)7月19日)は幕末・明治時代の日本の漢学者。本姓は安藤。名は宗元。字は君元。通称は圭造、元三郎。別号は省斎。三河国岡崎藩の儒学者。

史籍集覧  や続史籍集覧などの叢書をも、刊行している。

 廃藩置県で、失職した武士のなかで、学校や出版業をやった人がいたみたいだけど、この人もそういう人なのかな。





posted by 山科玲児 at 10:06| Comment(0) | 日記