2016年10月29日

ナチス略奪美術品 報道の誇張


新潮45 2015年11月号に、、
「ナチス略奪美術品」の深い闇――福田直子(ジャーナリスト)
http://www.dailyshincho.jp/article/2015/11170945/?all=1
 この記事があって、その中で、老蒐集家 コルネリウス・グルリットの収集品がスイス  ベルン美術館に寄贈されたということが書いてあったので、さっそく、ベルン美術館のサイトをみてみたら、
寄贈作品リストがあった。


  これをみて、美術史的に重要なものがあるという印象はうけない。なにか大発見があるかと思って全部調べたのに徒労の感を禁じ得なかった。騙された気さえする。 こういう記事は誇張が過ぎるのではないか? ただ、私の関心は、古い絵画のほうが中心なので、二十世紀の  ノルデやリーバーマンなどの価値はよくわからないから、そういう部分では素晴らしい傑作があるのかもしれない
 勿論、オークションに出したら、当然、相当な金額、一財産の売り上げになるのは確かだ。要するにお金の問題だけであり、美術史的関心は惹かないと思う。カタログレゾネを編輯している人にとっては多少の新資料が出たという意味はあるかもしれない。

 全体に、いかにも画商のコレクションで、手頃なサイズのものが多く、多数の素描・更に多数の版画を含む。日本の浮世絵や、高麗茶碗まである。
 センセーショナルに報道しなければ、読者の関心を惹かないし、原稿料ももらえないからしょうがないのかもしれないが、ミスリードのようにすら思われてならない


posted by 山科玲児 at 11:33| Comment(0) | 日記

失敗も報道して欲しい


日経サイエンス  2016年5月号は重力波の観測成功を大特集していた

これを読んで、気になったのは、

クラウス博士の記事のなかで
>BICEP2が捉えたBモード偏光は天の川銀河の塵(星間塵)によって生み出されたものだとする研究結果が2015年1月に公表された。
があったことだ。

2年ほど前、同じ日経サイエンス2014年6月号で
インフレーションの証拠を観測

という、記事があり、そこで書かれていたのが、このBモード偏光観測だったと思う。

とすると、2年前の、この報道・論説も覆るのではないか??

 正直いって、「失敗した」「誤った」こともちゃんと報道して欲しい。そうでないと昔大宣伝した「大発見」が今でも正しいと思い続けてしまう。自然科学は「膨大な間違い」の上に成り立っているのだから、「間違った」と報道することは恥ではない。むしろ、その「間違い」を前提にして突っ走る研究を止められるし、間違い自身から得られるものも多い。例えば「超高速ニュートリノ」は間違いであったが、その原因が「光ケーブル接続の技術的問題(締め方が足りなかった??)」ということだった。これは、どんな最先端研究でも基礎的な手順、細部の工程をおろそかにしてはいけないという手痛い教訓となっている。もっと大きな話では、「永久機関」という壮大な間違いから「エネルギー保存の法則」「熱力学第2法則」がでてきた。

 「間違い」を報道しないというのは、スターリン時代のルイセンコの専権や、毛沢東時代の大躍進のプロパガンタと同じではないか。そのために膨大な犠牲者がでたのだ。



posted by 山科玲児 at 08:25| Comment(0) | 日記

FBIとクリントン


FBI、クリントン氏メール問題の調査再開 選挙戦に打撃
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161029-00000000-jij_afp-int

  トランプが勝つかもしれない、とFBIがみているということですね。それなら、クリントンに買収されて捜査を中止したと非難され、FBI解体とか関係者の左遷とかやられては大変だから、保身を図っておこうということです。

  ヒラリー=クリントンの犯罪は、米国国家の秘密を売って私腹を肥やしたという、 国家反逆罪レベルのひどいもので、トランプのような誇大広告で人を集めて金を集めたとか、買収したとかいう嫌疑とはケタが違うものです。
  ヒラリークリントンは、アルジャー・ヒスやカリーやデクスター=ホワイトと同じく、とっくに亡命していて当然の犯罪者なのに、大統領候補なんて何の冗談ですかね。

  だいたい、リビアの有能な指導者カダフィ大佐を殺して「来た 見た 死んだ」と躍り上がって喜んだ、軽薄で野蛮な戦争キチガイのヒラリー=クリントンに「リベラル」の支持が有ると言うこと自体おかしい。
 ウクライナのマイダン クーデターもクリントンの部下のヴィクトリア=ヌーランドが背後でやったことでしょう。 あれで、何百人が死んだことか、、


 
posted by 山科玲児 at 06:59| Comment(0) | 日記