2016年11月23日

アルマ カーリン 孤独な旅人

Alma_Karlin_1920s.jpg

 
スロヴェニア出身の 女性旅行家  ジャーナリスト  作家である
   アルマ  カーリン Alma Maksimiljana Karlin (1889-1950) (イメージは、1930年ごろ? スロヴァニアの博物館での写真) について、ちょっと前の香港雑誌オリエンテーションズ4月号で紹介されておりました。  それは、カーリンが1920年代に収集したもの、当時の世界の写真などがスロヴェニアにあって、それを紹介するとともに、彼女の破天荒な生涯を紹介したものでした。

  日本では、ほとんど知られていない人ですが、興味深い人ですよ。なんと日本に一年以上滞在してます。最初は有楽町三丁目の旅館に泊まってます。
     まず、1919年11月24日に列車に乗る前に母親に出した手紙の中の一節が、冒頭に語られています。そのあと8年の旅で世界一周しました。
   「行かなければいけません。私の中のなにかがそうしろといってます。そして、そうしなければ私は落ち着くことはできないのです。」
 カーリンの所持品は、ERIKAタイプライター、カーリン自身が作った十カ国語辞書、小さなスーツケース、130米ドル、960ドイツマルクのみでした。
   カーリンはドイツ語が母国語ですが、十九歳でロンドンにいって多くの言語を学び、ジャーナリズムと接触したみたいです。第一次世界大戦のとき英国では敵国民になったので、北欧に逃れたんですが、一度スロヴェニアに戻って、更に大旅行をはじめたようです。彼女の旅費は、翻訳者と旅行ジャーナリストとして稼いだようですね。世界中の30以上の新聞や雑誌に寄稿してますが、これは既にコネをつけてないと無理でしょう。日本ではドイツ大使館の仕事をし、東京大学で講義もやっています。

  旅行後ですが、ドイツの出版社から出した3巻の旅行記は、なんとドイツ語の初版はすぐ売り切れ。ドイツ語版が八万部売れ、英語、フィンランド語に訳され100もの新聞で書評がでたそうです。
   カーリンは、台湾では恋人と、なんと台北のDaito-tei districtに住んでいたそうですね。台湾を「夢の島」と呼び、タイヤル族のとこにも行っているようです。

  スロヴェニア第3の都市Celjeツェリェへ旅行した人の記録では、博物館に特別コーナーがあるようですし、町の真ん中に銅像があるそうです。
http://www.eu-alps.com/x13-st/do-2013/2013hotel-guide3.htm

 
そして、2009年にスロヴェニアで カーリンのドキュメンタリー映画を作ったようです。
予告編
Alma M. Karlin  The Odyssey of a Lonely woman
https://www.youtube.com/watch?v=G0aLDg4-tM0
  よく似た顔の俳優が演じていますね。

Alma M. Karlin (1889-1950) virtual home
posted by 山科玲児 at 16:25| Comment(3) | 日記

しょうが湯

しょうが湯.JPG


  寒くなったので、しょうが湯を近くの薬局で、買いました。
 そのなかで、これが強烈で良かった。 ホントに身体が熱くなりますね。

 強烈なんで人によっては害になるかもしれませんね。 
 天然物だからといって害にならないということはありません。
 私も一日にせいぜい一杯しか飲まないようにしています。


 しょうが九倍入りという、激辛カレーみたいなノリですが、そう辛くはないものです。


ぶち辛っ!!しょうが湯 15g×6袋
http://www.kenko.com/product/item/itm_6932286272.html


posted by 山科玲児 at 09:49| Comment(0) | 日記