2017年01月22日

中国人研究者の講演

十七帖 來禽館1.JPG


 2016年9月17日18日に徳川ミュージアムで
 日本現存王羲之『十七帖』諸本の考察/計文淵【第8回 徳川国際シンポジウム】
という講演があったらしく、その動画がYOUTUBEにあがっていた。
 https://www.youtube.com/watch?v=XMba1AAgxo0

関心のあるタイトルなので視聴した。
50分ぐらいあるんだが、もうなんというか苛立つというか退屈というか、我慢できなくなった。
ただ、通訳の質にも問題があるのだろう。話していることを全部翻訳せず要所だけ言っているようにみえる。従って講師の計文淵先生だけを、どうこういうわけにはいかない。

 ただ、プレゼンで使われた映像からしても、全くの初心者門外漢ならともかく、少しでも中国書道史に心得のある人なら我慢できなかったのではなかろうか。最初の25分ぐらいは全く不要だった。残りも少し学んだ人にとっては自明なことだった。最近の発見や新資料もない。 徳川ミュージアム所蔵の十七帖拓本数種は、あまり良いものではなかったようなのでそれをあげられてもがっかりするしかない。ひょっとしたら通訳されていない部分に優れた見解や発見があるのかもしれないが、埋もれてしまっていたとしたら、とても残念なことだと思う。

  どうも計文淵先生は、朱舜水や黄檗僧の書の研究がある人のようで、そういう分野に得意な方だったようだ。日本現存王羲之『十七帖』諸本の考察  というテーマは、あまり向きではなかったのではなかろうか。
 以前、東京で、中国人だからといって無闇にありがたがって書画の鑑定をもとめたりする人々をみかけたことがあった。日本人だからといって光琳の鑑定ができる人はほとんどいないわけだから、中国人だからといって書画や陶磁器に詳しいはずはないだろう。そういう常識が通用しない盲目的信仰をもつ人々を屡々みて残念に思ったことがある。そりゃ、中国人独特の感覚やコネ、中国的常識、というようなものはあるだろうから一概にダメとはいえないところもあるだろうけれど、「中国人だから」といって期待するのは無茶であろう。日本人をランダムにみつけて「柔道を教えてもらおう」と考える外人のようなもので、あまり良いことではない。

 従来、聴いた大陸の研究者の講演・プレゼンには不満があることが多かったのは、そういう無理強いや、研究者側があまりに聴衆を低くみて初歩的なつまらないことを語ることが多かったことが原因であろう。
 イメージは貧架の來禽館本  十七帖新拓 冒頭を撮った。


posted by 山科玲児 at 15:40| Comment(0) | 日記

オカルト本は安い


オカルト関係では有名らしい「ヴォイニッチ手稿」というものがあり、現在は米国のイェール大学図書館に所蔵されている。そのイェール大学の出版社から原色複製が、割と廉価で刊行されたようである。昨年2016年11月1日の刊行。

 なんかトランプ大統領を生んだ大統領選挙の1週間前なのが不気味ですけどお。。

 明細をみると、304pで268Pがカラー、ハードカバーという豪華版なので全ページの複製のようである。
The Voynich Manuscript
Edited by Raymond Clemens; With an Introduction by Deborah Harkness
November 1, 2016
 304 pages, 9 x 12
 268 color illus.
ISBN: 9780300217230
 Cloth
  実は、この件は最近、ABEBOOKSの広告メールで知ったのだが、意外なほど廉価 30ドルぐらいなのが異様といえば異様。定価も50ドルだそうである。あまり売れてないのかな。
でも、まともな画集や装飾写本集だったらすぐ1万円以上になってしまいそうなのにね。
こういうオカルト的な本にはそれだけの需要があるとイェール大学はみたのかな??  雑誌ムーみたいなのりで米国でも売れるんだろうか。

  この「ヴォイニッチ手稿」の謎は全く読めない言語・文字で書いてあるということが第一で、20世紀初めに「発見」されて以来解読が試みられていたが、現在でも読めていない。また、面白い挿絵が多いので多くの人を惹きつけたということもある。
  ただ、錬金術関係の写本には暗号や秘文字で書いたものが多いし、挿絵も寓意的神秘的で法外なものも多いので驚くには足りないと思っている。

  もともと、そういうようなものだと思うのだが、あの「イェール大学」が真面目に出版しているというところに、米国の不思議を感じる。

 日本語の紹介は、どうしてもオカルト系しかないのですが、
下記のわかりやすい紹介がありました。
解読不能な謎の文書「ヴォイニッチ手稿」
http://www.nazotoki.com/voynich.html


posted by 山科玲児 at 09:44| Comment(0) | 日記

2017年01月21日

ゴールドベルク変奏曲の原形


  最近、弦楽トリオのゴールドベルク変奏曲と1981年にグールドが演奏したゴールドベルク変奏曲を聴き比べて、グールドの偉大な貢献に感謝するとともに、ゴールドベルク変奏曲には原形というかもとになった種本のようなものがあったのではないか?と思いました。

2016年11月11日
ゴールドベルク変奏曲の中の弦楽トリオ
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/177624497.html
にも注意したことの蒸し返しですが、ますます確信を深めました。

  アリア自身は民謡か、他人の作品のようであるが、それをバッハが弦楽トリオかトリオソナタなどに展
開した、おそらくケーテン時代の作品があったのではないでしょうか? たぶん6〜10曲ぐらいの合奏曲の組曲で、それをクラヴィーア曲(クラブサン・クラヴィコード・初期ピアノ・オルガン)に編曲し、更に新曲を付け加えた形で現在の「クラヴィーア練習曲集」の中の1つ:ゴールドベルク変奏曲が成立したのではなかろうか、と想像しています。ヴィヴァルディの協奏曲をオルガン=クラーヴィアに編曲したバッハですから、極普通の作業ではなかったかと思っています。「クラヴィーア練習曲集」というのは決して謙遜した名前ではなく、文字通りにとるべき名前ではないかと思います。
 どうみても、弦楽トリオの編曲のほうがはるかに曲そのもの可能性・表現力を引き出している曲が散見され、一方 クラーヴィアでの演奏のほうが良かったり、あまり印象が変わらないものもあります。
 勿論  編曲者の力量にもよるかと思いますが、たぶん元々の出自が違うのでは、と思っております。
posted by 山科玲児 at 20:24| Comment(0) | 日記

トランプ大統領就任式 と 温暖化

 これだけ騒がれた大統領就任式があっただろうか?


就任  演説(米語)

就任式 全部(通訳付き ただし少し間違いあり)


そして、同日にTPP離脱発表、

パリ協定  離脱もやってほしい

ポーランド  チェコ  大寒波、ドナウ川凍結
こういう状況だから、少しでもCO2を増やして寒冷化を緩和して欲しいな。










posted by 山科玲児 at 10:51| Comment(0) | 日記

今日、東京でもやってる


今日、上野の国立西洋美術館で、シンポジウムが開催されます。

17世紀オランダ美術と<アジア>
学術シンポジウム
http://www.nmwa.go.jp/jp/events/index.html
http://www.nmwa.go.jp/jp/events/pdf/netherlands_pamflet.pdf

昨日、クララ ペーテルスと中国陶磁との関係を省察した直後に、これかよ。

私も呼んでくれねーかな? 飛行機代とホテル代でいいよ。

やはり、皆、世界中で同じようなことを同時に考えているんだなあ、、と実感しました。
インターネットで、よりはっきり認識できるようになっただけですねえ。


posted by 山科玲児 at 08:32| Comment(0) | 日記

2017年01月20日

ペーテルスと中国陶磁


peeters Russia.JPG



      ロシア個人所蔵のクララ  ペーテルス静物画のなかに中国陶磁の染め付け杯(イメージ)がある。豪華な金属の台座がつけてあるから相当尊重されたものらしい。実はこの染め付け杯の年代がちょっとカタログでは問題になっていた。こういう様式の陶磁器は「天啓年間の様式であり、そうすると1620年以降に欧州にきたものということになり、推定年代とはあわない。」この絵の真贋問題にも発展する。「 しかし万暦でもいいんじゃないか?そうすれば問題ないし、、」 という苦しい議論になっていた。

  中国陶磁を長年みてきたものとしたら、景徳鎮の官窯はともかく、輸出品の民間窯の様式変化は10年単位で測れるとはちょっと思えないし、天啓って6年ぐらいしかないのだからそれに無理にあてるのもね。という感じである。
 確かに丸窓の山水のような感じは天啓というかむしろ古染付けという感じであるから、そうなるとさらに時代が下って崇禎〜康煕ぐらいになってしまう。すると完全に真贋問題になってしまう。

  ただ、、こういう丸窓のような染め付け、周囲の幾何学模様をみると、これは透かし彫りか浮き彫りのようで、おそらくデヴィッドファウンデーションでみた万暦のこういうもの(下イメージ)に近いものではないか?
 そうすると万暦でもよいのかもしれない。また同様のものは エドワード=チューの売り立て図録にもある。ただ、こっちは年代が不明。

 この小さな杯がなぜか異常に金銀器や宝石なみに立派な台にセットされているのはなぜか?? 他の青花磁器なんかはオリーブや果物なんかいれられて結構使われているよね、なぜこれが豪華な台に祭り上げられているのか。、、
 その謎の回答は、おそらくこれがデヴィッドのもののような細かい透かし彫りか、いわゆる「蛍手」であって、非常に珍しい超絶技巧の珍品だとみなされたからではないか??

写真は、当方が撮影した。
明 万暦 David Foundation.jpg

posted by 山科玲児 at 09:44| Comment(0) | 日記

東芝とヒラリー=クリントン

   東芝の問題が米国ウェスティングハウス社の無理な買収暴走と巨額損失が原因であることは明白である。

  福島原発事故以後の原発逆風で、原発事業が悪くなったのはわかるが、5年後の今、急に変なことがでているのはなぜだろうか?

 ひょっとしたら、ヒラリー=クリントンが敗退したことと関係があるかもしれない。

 というのはクリントンは2012年のチェコの原発について、ウェスティングハウス社を押してチェコ政府にロビーして成功しているからである。当然  東芝=ウェスティングハウスは莫大な寄付をクリントン財団にしただろう。

また、インド=米国  原発協定でも クリントンが動き、このときもインド、東芝ともクリントン財団に寄付しているだろう。この記事では、シン首相自身がクリントン財団のドナー(寄付者)と明記されている。

原発事業は政治マターなので、どうしてもロビーで有力者を動かす必要がある。有力政治家とのコネは避けられない。ウェスティングハウスはクリントンと一緒に暴走・沈没したということかもしれない。


posted by 山科玲児 at 09:18| Comment(0) | 日記

2017年01月19日

クララ ペーテルス展のカタログ

The Art of Clara Peeters.JPG


  Clara Peetersの英文カタログをゲット、これはアントワープ王立とプラド美術館との併催なので、プラドとアントワープから一人ずつ概説を書いています。プラドからはPatenirのカタログを書いたVeragra氏が書いてますね。少し、発色が暗めですが、貴重な資料です。英語ならスペイン語の10倍読めるからね。

  スペイン語ですが動画もあります まあ音消してでもクローズアップが美しく楽しめるでしょう。          https://youtu.be/tg3BWgPyNwo?t=18

  当方の、クララ  ペーテルスへの関心は、アントワープ王立所蔵の魚の絵のヌメヌメ感、焼き締め陶器(タク器)の肌合いの描写に感心したのが始まりです。 この絵は、最初、新宿伊勢丹でのデパート展示でみて記憶に留め、のちにアントワープでも再見しました。モノグラフがでていたのですがオランダ語だけでしたので残念ながらパスしました。絵葉書だけ買ったのかな。

 この図録は、当方はABEBOOKSを経由して、リヨンのLibraire Descoursから買いました。
      http://www.librairie-descours.com/
   プラドのサイトだとむやみに送料が高かった。27ユーロ程度の本に50ユーロの送料はないだろ。これは開催期間中にまにあうように速く送りたいという意図で、最速の国際宅急便になっているのかなあ。    

   なにも皆がプラドにいきたくて注文するわけじゃないんだけどね。美術館としてはそういうスタンスになりがちなのかな。
  他の店でもクレジットカード受付拒否で小切手で??とか、、あるいは、よくみたらスペイン語版だったり、結構大変でした。これをきっかけにABEBOOKSのユーザーになったけど、誘惑されてしまいそうですね。つい、他の本にも目移りがしてしまいます。Sagan のChateau Suedeのジュリアール版とか。


posted by 山科玲児 at 08:43| Comment(0) | 日記

2017年01月18日

曜変天目 動画が削除?

この動画
偽物?なんでも鑑定団 曜変天目茶碗 長江惣吉 
が削除・またはアクセス不能になったようです。
単に改良のためなら、いいのですが今後1週間ぐらいで再アップされなければ、

どうもこの件はかなり闇の部分が大きいようで、とんでもない裏があったのかもしれません。
関係者に死人がでるような、ヒラリークリントンシンジケートクラスの大事だったのかもしれませんね。
クワバラクワバラ


posted by 山科玲児 at 20:44| Comment(0) | 日記

ボーヌ祭壇画の修理


Rogier Beaune Before Restauration1.jpgRogier Beaune Before Restauration2.jpg




2001年に、あるサイトで、
Rogier van der weyden   Last judgement in Beune
Repeint問題
を書きました。
フランス中部、ワインで有名なボーヌの真ん中に、オテル=ディユという、病院兼修道院があります。
15世紀後半、当時のブルゴーニュ公の大臣 ニコラ=ロラン夫妻の寄進による施設ですが、建築自体、15世紀様式を伝えるものとして有名です。

 ここには、やはりロラン夫妻が寄進した、当時の一流画家ロヒール=ファン=デア=ワイデン(1400?--146x/)
が描いた、「最後の審判」祭壇画が、広間に展示されています。

この祭壇画は有名なものですが,18xx年ごろに修理した際の修理時の写真をみると、左部分の「天国へ迎えられる人々」の左半分と右の「地獄へ落ちる人々」の大部分が非常に痛んででいて、原画がほとんどみえません。
右半分の地獄への墜落は殆ど写真に写っておりません。左部分では、現在みえるゴシック風の教会などほとんど剥げ落ちています。
つまりこの部分の建築描写は19世紀の絵なのです。どうりでロヒールにしては粗雑な描写のはずです。また、地獄に落ちる罪人の肉体が生生しすぎるとおもっていましたが、これも19世紀の趣味ではないかとおもいます。

 最近、比較対照イメージをつくりましたので、あげてみます。
まあ、モノクロ写真は細かいところがよくでてない見えないということもあるでしょうが、これはかなりひどいな。
「保存が悪い」といわれるわけだよなあ。ただ、中央部分は今とほぼ同じです。
また、裸体に服を着せた加筆もあるみたいですね。

モノクロ写真の REF Source:: 
Rogier Van Der Weyden: The Complete Works First Edition Edition  by Dirk De Vos 、Harry N Abrams; First Edition edition (April 2000)

posted by 山科玲児 at 10:29| Comment(0) | 日記