2017年01月05日

ラトゥール英語版 品切

LaTour Prado.JPG



プラド美術館の売店サイトから、ジョルジュ ド ラトゥール展の英語版カタログがなくなりました。
 http://www.tiendaprado.com/es/386-libros

1年半ほど前、2015年05月24日
石川美子「青のパティニール 最初の風景画家」(みすず書房)
で紹介した
石川美子「青のパティニール 最初の風景画家」(みすず書房)
http://www.amazon.co.jp/dp/4622078449
の中で、著者が プラド美術館のパティニール展カタログの英語版を探して四苦八苦する話が書いてありました。世界中に問い合わせてもなかなか入手できず、最後に東京の大学図書館にあったというオチになるのです。

 確かにプラド美術館の展覧カタログの英語版というのは、もともと発行部数が少なく、いったん売り切れてしまうと入手が難しくなるようです。そのせいか、英米の本屋、アマゾンでも英語版をイメージにあげて、スペイン語版が売られていたりする。これ詐欺なんじゃないの。
  このジョルジュ ド ラトゥール展の英語版カタログは現地で昨年6月初めに買ったものなのですが、うっかり譲渡しないようにしないといけませんね。
   確かに、マドリードの美術館なんだからスペイン語のものが殆どなのは当たり前ですし、スペイン語そのものが中南米を主としてスペイン語人口は多いのだから、スペイン語版を残すというのはわかるのですが、日本にいてスペイン語が旅行会話程度の当方にとっては英語版が欲しいところです。
  また、プラドの売店サイトには妙なところがあって、国際送料がムチャクチャに多くなることがありますので注意。クララ ペーテルスの英語版カタログを買おうとしたら、28ユーロ程度の本に50ユーロの送料って、いくらなんでもウソだろう。国際宅急便の速いものでみつもっているんでしょうが、これはちょっとどうかと思ったものです。

 
posted by 山科玲児 at 08:21| Comment(0) | 日記