2017年01月17日

丁敬の肖像



2012年10月22日
清代学者像伝 の弊害
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/59426360.html

で、肖像画が本人と似てないという問題を提起した。
 そりゃ明時代以前の肖像画じゃ本人をみたことがある画家が描いた肖像の模写の更に模写でさえ少ない。みんな同じような顔になってしまっていて取り違えがあってもおかしくないぐらいだ。日本でも国宝の神護寺の肖像画について議論があった。 北宋時代まで遡ると皇帝や皇族の顔などかろうして残っているぐらい、それ以前では、よほどの偶然でないと顔が残ることは難しい。

 しかし、比較的近い清代をあつかうこの清代学者像伝はひどい、、と思っていたら、野本白雲が、82年前、「書芸」昭和10年1月号に
「肖像を集めた書物には五百名賢図伝、呉郡名賢図伝、清代学者像伝、晩笑堂画伝などがあるが、これらからはとらぬことにした。それはこれらの画がすべてというわけでもないが、その題名を除いては欧陽詢も虞世南も殆ど差がなく、同一の様式で描いてあって據とするに足りないからである。」

  82年前から、気がついていたんだなあ。。それなのに未だにそういう肖像を使って恥じない学者連中の多いことといったら。。 まあ肖像がない場合はやむをえないことがあるけれどね。 それに根拠はないけれども何百年も使われた肖像なら後世に対する影響というか集団に共有されたイメージという意味では使う意味はある。例えば陶淵明像なんかがそうかな。 日本なら三十六歌仙像なんかもそうだろう。

 大きなこといって、お前はなにをしている、、といわれるのもなんだので、さっそく実践した。

清時代の篆刻家書画家であった

の肖像を生前あった可能性のある羅聘作のもの
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Ding_Gin_by_Luo_Ping.jpg
に変えた。 画全体ではなく顔を中心にトリミングした。


  羅聘は金農に1757年に弟子入りしていて(REF,羅聘年譜)、金農は丁敬と友人だったので、羅聘も丁敬と面識があった可能性が非常に高い。まさに「生前の姿を知った画家による肖像」である。

とは別人だ。

REF. 揚州八怪年譜 下 、江蘇美術出版社、1993

REF 書芸、昭和10年1月号、平凡社、東京


posted by 山科玲児 at 08:59| Comment(0) | 日記