2017年01月21日

ゴールドベルク変奏曲の原形


  最近、弦楽トリオのゴールドベルク変奏曲と1981年にグールドが演奏したゴールドベルク変奏曲を聴き比べて、グールドの偉大な貢献に感謝するとともに、ゴールドベルク変奏曲には原形というかもとになった種本のようなものがあったのではないか?と思いました。

2016年11月11日
ゴールドベルク変奏曲の中の弦楽トリオ
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/177624497.html
にも注意したことの蒸し返しですが、ますます確信を深めました。

  アリア自身は民謡か、他人の作品のようであるが、それをバッハが弦楽トリオかトリオソナタなどに展
開した、おそらくケーテン時代の作品があったのではないでしょうか? たぶん6〜10曲ぐらいの合奏曲の組曲で、それをクラヴィーア曲(クラブサン・クラヴィコード・初期ピアノ・オルガン)に編曲し、更に新曲を付け加えた形で現在の「クラヴィーア練習曲集」の中の1つ:ゴールドベルク変奏曲が成立したのではなかろうか、と想像しています。ヴィヴァルディの協奏曲をオルガン=クラーヴィアに編曲したバッハですから、極普通の作業ではなかったかと思っています。「クラヴィーア練習曲集」というのは決して謙遜した名前ではなく、文字通りにとるべき名前ではないかと思います。
 どうみても、弦楽トリオの編曲のほうがはるかに曲そのもの可能性・表現力を引き出している曲が散見され、一方 クラーヴィアでの演奏のほうが良かったり、あまり印象が変わらないものもあります。
 勿論  編曲者の力量にもよるかと思いますが、たぶん元々の出自が違うのでは、と思っております。
posted by 山科玲児 at 20:24| Comment(0) | 日記

トランプ大統領就任式 と 温暖化

 これだけ騒がれた大統領就任式があっただろうか?


就任  演説(米語)

就任式 全部(通訳付き ただし少し間違いあり)


そして、同日にTPP離脱発表、

パリ協定  離脱もやってほしい

ポーランド  チェコ  大寒波、ドナウ川凍結
こういう状況だから、少しでもCO2を増やして寒冷化を緩和して欲しいな。










posted by 山科玲児 at 10:51| Comment(0) | 日記

今日、東京でもやってる


今日、上野の国立西洋美術館で、シンポジウムが開催されます。

17世紀オランダ美術と<アジア>
学術シンポジウム
http://www.nmwa.go.jp/jp/events/index.html
http://www.nmwa.go.jp/jp/events/pdf/netherlands_pamflet.pdf

昨日、クララ ペーテルスと中国陶磁との関係を省察した直後に、これかよ。

私も呼んでくれねーかな? 飛行機代とホテル代でいいよ。

やはり、皆、世界中で同じようなことを同時に考えているんだなあ、、と実感しました。
インターネットで、よりはっきり認識できるようになっただけですねえ。


posted by 山科玲児 at 08:32| Comment(0) | 日記