2017年02月11日

火災前の法輪寺の三重塔

法輪寺 遠景.JPG


  奈良  斑鳩の法輪寺の三重塔は、1944年に落雷のため全焼しました。
 全く痛恨の事件でしたが、現在 再建され、また飛鳥時代〜奈良時代の変わった仏像を収蔵されていることは幸いなことです。

 1949年に焼けた法隆寺金堂壁画については、
 法隆寺金堂壁画ギャラリー
   http://reijiyamashina.sakura.ne.jp/horyujif/horyujij.html
 を作っておきました。

 法隆寺金堂壁画と同様に失われた文化財については、古い写真資料は大事だと思うので、
残っている写真資料をWikimedia に投稿しておきました。
     https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Pagoda_Horinji_Ikaruga_Detail_fefore_Fire.jpg
  https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Pagoda_Horinji_Ikaruga_before_FIRE.jpg

イメージは1931年以前の当時の遠景写真です。


posted by 山科玲児 at 11:54| Comment(0) | 日記

マッドドッグをよろしく


  ドナルド=トランプ大統領は、安倍晋三総理に電話で「マッドドッグをよろしく、彼のことは信頼しているので」と言ったそうだ。このマッドドッグてのはジェームズ=マティス国防長官のことである。

  このマティス国防長官は負け知らずの智将猛将で、マッドドッグというあだ名で怖れられている人だが
ウォリアー=モンク Worrior Monk(戦う修道士)というあだ名もある。
独身で結婚歴がなく、読書家で教養が深いという別の一面があるからだろう。

>戦史研究にいそしみ、蔵書は7000冊。古代ギリシャのスパルタ人、ローマ帝国の皇帝や哲学者、日本の侍、米国の先住民などあらゆる戦いを研究している

>日本滞在中、マティス氏が「明王朝」の時代にさかのぼって対中観を披露し、中国への疑念を明かしたことだ。こんな趣旨の発言をしたという。いまの中国は明王朝の冊封体制を復活させようとしているかのようだ

  ううん「明王朝の冊封体制を復活させようとしているかのようだ」というのは、ばりばりの海兵隊大将の軍人の言葉としては、かなり特異というか、「畏るべし」という感じがする。
   いわゆるシノロジストの言葉ならともかくパットン将軍に比肩する軍人からでる言葉としては異色だ。

 
   このWorrior Monkという言葉を聞いたとき、すぐ思い出したのは「軍神マルスの寵をうける修道院長エーブル」だ。これはACB886年にデーン人(ノルマン人)にパリが囲まれたときの防衛戦で活躍した指導者の一人である司教ゴズランを初めとして当時の軍事指導者には僧職の人が多い。その記録はこの戦いを直にみていた修道士アボンのラテン語の詩があるから確実である。
   Abbon  Siege de Paris par les Normands
     http://remacle.org/bloodwolf/historiens/abbon/paris.htm

   ただ、良く考えたら、十字軍時代のテンプル騎士団も騎士修道会で、構成員は修道士であったわけでそういう「戦う修道士」という存在は西欧社会では中世ではゴロゴロいたわけだから、おかしなイメージではないのかもしれない。日本の僧兵もそうかな。武蔵坊弁慶とか。

  マティス国防長官は、来日時には「紳士」「騎士団長」のような優雅な振る舞いで通していたようである。
  ただ、ちょっと心配なのは、
 「淫蕩に傾くものは心が広く仁慈に富んでいる。純潔に傾くものはそうでない。」
    聖ヨハネス・クリュソストモス(西暦4世紀末の人)
ということかな。


posted by 山科玲児 at 09:54| Comment(2) | 日記

2017年02月10日

元版の孝経

新刊全相成齋孝經直解.JPG

元版の孝経の絵入り注解書をWikipediaの孝経項目へイメージ投稿した。

これは、元版で、俗語で孝経を注解したものだそうで、研究者もいるようである。絵入りという点でも面白いので、wikiで、従来使われていたつまらない近代の活字本よりは良いものだろう。

新刊全相成齋孝經直解
というもので、貫, 雲石(1286-1324)という人の注解だそうである。当時の俗語が入っているんだそうで
その点で研究する人もいるようだ。
1966年に
元版孝經直解 / [貫雲石著] ; 太田辰夫, 佐藤晴彦編||ゲンパン コウキョウ チョッカイ
http://www.kyuko.asia/book/b10253.html
巻次   ISBN 4762924938
出版 東京 : 汲古書院 , 1996
というのがでているそうである。

このイメージは
北京  來薫閣で 1938年に刊行されたもの、羅紋箋に片面印刷され、宋時代に行われた胡蝶装で装幀されている。

このイメージの諫争章に説かれた「孝」はなかなか興味深い、親が間違ったことをしていたら断固として諫めよ、喧嘩せよ、と薦めているのだ。
抄訳するとこうなる
曽子「親の命令に従うのが孝ですか?」
孔子「なんてことを言うのだ、親が間違ったことをしたら必ず抵抗しろ。」

posted by 山科玲児 at 17:28| Comment(0) | 日記

2017年02月09日

パリの古美術商のコレクション


 最新号の香港の雑誌:Orientationsを読みました。
 パリでアジア古美術のディーラーをやっている(いた)Sam et Myrna Myers夫妻のコレクションが、
モントリオールの考古学などの博物館 Pointe-à-Callièreで開催されているようです。
https://fr.wikipedia.org/wiki/Pointe-%C3%A0-Calli%C3%A8re
   Youtubeの動画CM
   https://www.youtube.com/watch?v=QSF9u4fL-9o

 ただ、白い石の隋の仏頭ってのは、どうなのかな。こういう表情の仏像は、雲崗の隋ごろの仏像(下イメージ)にはないことはないけれど、少し印象が違う気がします。。また鎌倉時代の日本の木像 仏像というのもどうなんですかね。こちらはもっと疑問、ただ鎌倉時代では地方性というか色々な仏像があったかもしれません。

 良渚文化の大きな玉とか、西漢戦国の動物玉板は、まあまあいいのかな。
 日本の衣装がたくさんあったり、いかにもディーラーの収集だと思いました。

  あの山っ気の多いエスケナージと取引が多いかたのようなので、いろいろ考えてしまいました。



雲崗 隋石窟HEAD.jpg


posted by 山科玲児 at 09:34| Comment(0) | 日記

2017年02月08日

ルソン  ド テネブル

Charpentier Concert Vocale ss.jpg

  クラブサン奏者として名をあげ、現在はいろいろ活躍している クリストフ=ルセが伴奏指揮をやっている演奏会動画があがってました。

これがまた、私が数十年来大好きな、
マルカントワーヌ=シャルパンティエの
ルソン  ド テネブル
でしたので、ここに推薦紹介する次第です。
 イメージは、この名曲を世界に知らしめた最初の名演奏コンチェルト ヴォーカーレのCDです。
このCDの絵がまたラトゥールの名画なのでよかったんですね。


1時間35分もある演奏会全体のものですが、
部分を聴いてもすごいですよ。当方としては、さわりなら44分〜55分あたりを推薦します。
窓からみえる光景がルーブルみたいだったのでサンメリーか?と思ったのですが、内装や建物の構造がゴシックではないのでヴェルサイユの一角を使っているんだろう?と考え直しました。

【追加】制作したMEZZOのサイトでデータを得ました。やはり、ヴェルサイユの礼拝堂だったようです。
Les Talens Lyriques, Christophe Rousset (direction)

Marc-Antoine Charpentier
Leçons de ténèbres

Réalisé par Louise Narboni (1h37)
Enregistré le 4 avril 2009 en la Chapelle Royale du Château de Versailles.



抜粋動画もあるようです。

Premiere Lecon de Tenebre

VII Charpentier Seconde leçon de ténèbres du jeudi saint360p H 264 AAC

  なんか、おばさんたち3人が演奏しているような印象で、みかけは地味ですが、音楽はすごいですね。
ルセはクラブサンと小型オルガンを両脇において、とっかえひっかえ弾いているのがすごいと思いました。しかしルセは少しやせたんじゃないかな。前はもっと華やかな感じがしたものですが、、
ヴィオラダガンバは日本人みたいな女性が演奏してますね。相当上手い人です。歌手もみかけよりずっとドラマティックな表現でオペラみたいですね。
  ライブなんで、「あ、ここはしくじったな」という音はありますが、圧倒的な演奏です。

  これはDVDやCDが欲しくなりました。

これと、ニューヨークのトリニティ教会で、たぶん米国の団体が同じ曲を演奏した動画と比べると雲泥の差がありますね。やはり名演奏は違うものだ、と再認識いたしました。
Trinity Church
Marc-Antoine Charpentier's Troisième Leçon du Vendredy Saint - YouTube


posted by 山科玲児 at 09:00| Comment(0) | 日記

ブラックブロック  バークレー校を襲撃


 どうも、この事件、リベラル派のロスアンジェルス タイムズなどの記事でも、同じ事実が報道されている。
Los Angels Times  UC Berkely   blamed  BLACK BLOC

ブラックブロックといわれる顔を隠した黒ずくめの集団(約100人)が襲撃した、というのが事実らしい。
動画
UC Berkeley Small Group Behind Protest Violence - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=YY9bXFeKUJc


襲撃された演説会場は、「右翼よりトランプよりの弁士  ミロ氏」の演説会であった。

そうなると、これらのブラックブロックは、少なくとも反ミロの陣営、反トランプの陣営が組織し雇った暴力団、テロリストたちであると考えるのが妥当だろう。

バークリー校の学生も反対デモやっているかもしれないが、それらは、どちらかというと平和的なデモを同時にやっていた人々で、動画映像でもみえている。服装も普通だ。

警察に逮捕された3人は、すべてバークレー校の学生ではない。よそ者・侵略者である。

奇妙なことに、警察は、このブラックブロックにかなりてごころをくわえていて放置しているようにみえる。
バークレー市長、バークレー市警にブラックブロック支持者支援者がいるのだろう。

 トランプ大統領はバークレー校を脅したようだが、間違いだ。  脅すならバークレー市長市警カリフォルニア州知事だろう。




posted by 山科玲児 at 08:22| Comment(0) | 日記

2017年02月07日

バークレー 襲撃の動画


  カリフォルニア大学バークレー校での、暴力団襲撃のより生々しい動画がみつかりました。
UC Berkeley Small Group Behind Protest Violence - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=YY9bXFeKUJc

 こっちはCBSニュースで、アナウンサーが必死で暴徒を弁護しているようですね。コメント欄がすごい
 ただ、1分17秒前後のところで、この修羅場を平気で歩いている身なりの良いスーツ?姿の白人男性が前景にいます。これはかなりおかしい。この動画がつくりもの合成品偽物なのか?それとも、男性は襲撃者の一味なので無視して通れたのか? よほど剛胆/無神経なのかのどれかでしょう。 疑問を呈示しておきます。

 明白に、暴力集団の突入・襲撃であって、「抗議者」「デモ」なんかじゃないですね。
 ファシスト黒シャツ隊やナチの突撃隊です。70年代日本の革マルなんかよりよほど統率された集団です。
 こういう連中が「反ファシストANTIFA」とかリベラルとか自称しているとしたら、お笑いです。
 なお、ここに出てるYVETTE FELARCAという女性は襲撃側・抗議者側の指導者らしいのですが、顔がアジア系にみえます。 養子になった人なのか、偽名なんでしょうか?

 
   それにしても、警察がよく放置していたな。襲撃直後の時点での射殺者も逮捕者もない(その後、数人逮捕されたらしい?)。 たぶんバークレー市警か市長に、この暴力団の関係者がいるんでしょうね。簡単に犯人を射殺する米国の警察が、異常なくらいお優しい対応ですから。
    その後、逮捕された3人はバークレーの生徒ではないそうです。この黒ずくめ集団は傭兵・暴力団でチャーターされた専用バスでバークレーにやってきた集団じゃないでしょうか?? よそものの暴力集団です。 歴史的中心街であるTELEGRAPF AVENUE商店街でATMをこわしたりするわけだよな。自分たちの町じゃないんだから。当然、資金源・スポンサーがいるわけです。あのG.S。ですかね。噂ですが。

 ところで、なんでバークレー校 に関心があるかというと、ここには、故James Cahill先生の中国絵画コレクションがあるからです。その件は、また後で。

 

posted by 山科玲児 at 06:01| Comment(0) | 日記

2017年02月06日

ルーブル美術館テロ未遂

EgyptGallery Charles9.JPG


ルーブル美術館で警備兵を襲撃の男 「エジプト国籍」と判明

長刀を2本

ペンキ スプレー缶を複数

所持してるんでしょ。。

これは、絵画をメチャメチャにしてやりたい、、という意図がミエミエじゃないか、

ケガした護衛兵の人には感謝するしかない。

美術館のようなところがテロのターゲットになりやすいということは、パリのテロのころからいわれていたが、しばらく閉鎖したほうがいいかもしれないね。大統領選挙のあとまで。第2次大戦などでは閉鎖したでしょ。大被害が起きてからでは遅いしとりかえしがつかない。

中国人がうるさいルーブルでも、2009年にとにかくいっておいて良かった。

イメージは背後にシャルル9世の肖像画のあるルーブルエジプトギャラリーの一角。2009年に撮影。




posted by 山科玲児 at 10:37| Comment(0) | 日記

バークレーでファシストが襲撃

バークレーでの襲撃は、黒ずくめの約100人の暴力団が中心だったようです。


明らかに組織された暴力で、自発的に集まった人々が「講演に」抗議したものではありません。
黒シャツ隊や突撃隊のようなファシスト組織です。しかし「反ファシスト」Anti-Fa という名前の黒シャツ隊って完全に矛盾してるなあ。彼らは歴史を知らないのかな。
彼らは、TELEGRAPH街の商店、銀行(Bank of America)も襲っております。

大学だけで100000ドルぐらいの被害がでたようですね。
講演の聴衆にも暴力や、ペッパースプレーなどを使った攻撃を行い、現在病院で治療中の人たちもいるようです。

バークレー市長や警察は、カリフォルニア大学バークレー校に責任をおしつけているようですね。
恥知らずですが、訴訟社会の米国だと弁護士がこの件でも群がってきそうですから、責任逃れかな。。

少なくとも、暴れたのは外部から来た暴力団で、講演者や聴衆ではないことは確かですね。
この襲撃に金を出した人がいるとかいう噂もありますが、まだ確証のあるソースはもっておりません。







posted by 山科玲児 at 10:00| Comment(0) | 日記

【玲児の蔵書】コメント

【玲児の蔵書】でコメントをずーーと不可にしておりました。今日気がついたので変更しました
posted by 山科玲児 at 09:11| Comment(0) | 日記