2017年02月05日

古今集かな序

古今集かな序  大倉.JPG
をあげたとき、良いカラーイメージがないので困りました。

しょうがないのでwikimediaのまあまあのイメージにしたんですが、ようやく良いイメージをみつけ
wikimediaにもアップしましたんで、紹介します。

イメージは、部分拡大です。

しかし、色が全くちがいますねえ。
どう色合わせしたんだか、、、



posted by 山科玲児 at 11:42| Comment(0) | 日記

東博は春日大社展

春日権現絵巻 雅楽奏楽.JPG

芸術新潮が春日大社特集やっているので、なんでだろうと思ったら、
特別展「春日大社 千年の至宝」

 平成館 特別展示室   2017年1月17日(火) 〜 2017年3月12日(日)
http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1814#info
http://kasuga2017.jp/
でした。

  春日は、関西在住のころ、奈良に折々いったころ詣でたものでしたが、お祭りのころに、戸外で雅楽を演奏していたのに遭遇したことがあって、その印象が最も深いものでした。
  今思い起こせば、その演奏形態は鎌倉初期の春日権現絵巻の一部に、似ていました。今回は江戸期の模写本が展示されるようです。戦前、正木直彦東京美術学校校長の肝いりで木版で制作されたレプリカからイメージを作ってみました。

  この春日大社の「御神宝」はまとめて国宝に指定されているんですが、なんと昭和5年の発見なんだそうです。それまで倉庫なりなんなりに秘蔵されていたのでしょうか??平安末期の壊れやすい工芸品が含まれていて、貴重なものです。その中でも魅力的なのが、金銀蒔絵箏(2月14日(火)〜3月12日(日)のみの展示)です。この箏の琴の装飾は、先人が指摘するように、西本願寺三十六人家集の墨流し

  例えば【躬恒集の一開】
     https://commons.wikimedia.org/wiki/File:36poets_collection_MITSUNE1L.jpg
などによく似たデザインであり、11世紀末〜12世紀の「世俗的」蒔絵という珍しいものです。

 当時のこういう工芸品は殆ど残っていず残っているものも仏教関係が多いので、仏教寺院以外でどういうものが使われたのか実はよくわからないというのが現実です。織物なんかとくに残っておりません。奈良時代のほうが正倉院があるのでまだわかるくらいなのですね。

この楽器は、昭和26年ごろには、厚く汚れに覆われていて、模様がみえませんでした。
当時の赤外線写真がありますので、Wikimediaにずいぶん前にアップしております。
金銀蒔絵箏 修理前赤外線写真 春日大社本宮古神宝 153cm
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:MAKIE_NO_KOTO_KASUGA_Shrine_Infrared.JPG

  洗浄前の写真と修理の詳細は、週刊朝日百科  日本の国宝 109「国宝の修理と保存」の11-266頁にあげてあります。復元複製も作ったようで、その写真もあげてあります。こういう場合の復元複製というのは、玉虫厨子などと同じく結構有用ですね。
それにしても朝日新聞は、こういうとこは不思議にまともだな、
朝日新聞は止めて、月刊芸術朝日でもやればいいのに。。


posted by 山科玲児 at 06:40| Comment(0) | 日記

2017年02月04日

献辞本

花耀亭日記
http://blog.goo.ne.jp/kal1123

さんが、面白い記事を出していたので、当方も献辞本のイメージを少し出してみることにしました。


で、久しぶりに「蔵書」を書いてみました

posted by 山科玲児 at 10:24| Comment(0) | 日記

2017年02月03日

バークレーの黒シャツ隊

 なんか、右派の論客がバークレー校で講演するというだけで、バークレーで起きた暴動の主役は、
ブラックブロック black blocといわれる 黒ずくめで顔を隠した100人前後の一団だったようです。
そうなると学生ではないかもしれません。米国民ですらないかもしれません。


をみても、ATMを鉄棒で滅多打ちにしている奴は、黒ずくめで顔を隠してますね。

ダウンタウンの商店・銀行のウインドウが破壊されたそうですが、これも彼らの仕業でしょう。ナチスの暴行との類似を指摘しておきましたが、実はそのものだった、ファシスト黒シャツ隊の襲撃だったということです。

しかもその裏にはバークレー市長がいるかもしれませんね。
あの、簡単に犯人を撃ち殺す米国の警察が、逮捕すらほとんどしてないというのは異常です。
FBI Allegedly Investigating Mayor of Berkeley
という噂も流れているようですね、FBIが早くも動き出しましたか??
 ちなみに、この市長、お世辞にもいい顔じゃありません(この写真は、割りと好感がもてる顔に撮れてますね、他はすごい顔です)。顔だけで判断しちゃいけないとはおもいますがねえ。


posted by 山科玲児 at 21:50| Comment(0) | 日記

ウクライナはロシアだと思っていた


 2014年2月18日日に始まった ウクライナの首都  キエフでの武力衝突・クーデターの報道で, 初めて国家としてのウクライナを意識した日本人は多かったのではなかろうか?実は私もそうだった。ソビエト連邦が崩壊して、バルト三国や、カザフスタンなどが分離独立したことは知っていたが、ウクライナは意識していなかったのだ。というより、なんでウクライナがロシアでないのか?と今でも感じている。 シベリアやカラフトや千島列島やカリーニングラード(旧ケーニヒスブルグ)は、征服地・植民した土地なのでロシアでないというほうが、ずっと納得できる。

  まず、ロシアといえばボルシチとピロシキとウォッカであるが、ボルシチはウクライナ料理である。
  ボルシチの発祥の地がロシアでないというのは、かなりおかしい。

  ロシアの歴史をみるとキエフ大公のウラジミールが東ローマ(ビザンチン)と結んで ギリシャ正教を導入したことがメルクマールになっている。キエフ大公ですよ。ロシアの古都はキエフだった。実際、ロシアの民話にでてくる都はモスクワではなくキエフが多い。しかも、このウラジミールが戦った「ケルジェネツの戦い」はアニメにもなっているが、歴史逸話として有名だ。このケルジェネツってのはクリミアにある。もと黒海沿岸の古代ギリシャ植民都市という古い古い歴史のある土地だが、ロシアの遠祖開祖が戦った場所でもある。だから、ロシアがクリミアを占領とかいっても実感がわかない。 もっとも、クリミア戦争というのがあって帝政ロシアがここでトルコと西欧の連合軍と凄惨な戦いをしたことは事実だから、国境線に近いところではあるのだろう。ただ、ロシアのような大陸国家は根拠地・首都を国境に近い前進基地におくことがあるようだ。北京は万里の長城近くだし、ペテルスブルグはモスクワよりフィンランドのほうが近い。

   こういうのを見ると、ロシアがウクライナ起源というのが確かで、ウクライナとロシアが別国家というのはウェールズとイングランドが別国家のような状態の印象をうける。ウクライナ民族主義の中心リビウその周囲の地域ガリチアというのは、もともとウクライナではなくオーストリアハンガリー帝国の一部だったそうだから、その辺がこの不思議な現実を解くカギなのかもしれない。

   また、ウクライナ出身のロシアの作家も多いので、ますます上と同じ印象をうけるのだ。
ニコライ・ヴァシーリエヴィチ・ゴーゴリ 1809年-1852年
*** 「ウクライナ」のソロチンツィの小地主の家に生まれる
ミハイール・アファナーシエヴィチ・ブルガーコフ(1891年- 1940年3月10日)
*** 「ウクライナ」の首都キエフに生まれた
ムソルグスキーの「展覧会の絵」の1曲も「キエフの大門」だしなあ。

posted by 山科玲児 at 09:13| Comment(0) | 日記

カリフォルニア バークレイで暴動


  なんか、右派の論客がバークレイ校で講演するというだけで、暴動が起き、ダウンタウンの商店・銀行のウインドウが破壊されたそうです。

   写真みると、もうナチス突撃隊のリベラル派・敵方への暴行・嫌がらせとなんら変わりません。明らかな言論弾圧です。デモ隊のほうが、よほど初期ナチスに似ていますね。

  放火・発煙筒・投石をやった集団は、完全な暴徒です。関係ない商店・銀行が壊されるって、これは暴徒以外の何物でも無い。デモ隊に、あのカリフォルニア大学バークレイ校の学生がどれだけ混じっているのか?? むしろ他から動員された人々のほうが大多数なのではないかと思います。
  だってあれだけ高い授業料を払っている学生が銀行商店のウインドウを壊す??ありえないでしょう。
http://www.sfgate.com/news/article/Protesters-storm-Milo-Yiannopoulos-event-at-UC-10901829.php
http://www.berkeleyside.com/2017/02/01/helicopters-berkeley-milo-yiannopoulos-protest/

    トランプは大学への補助金をカット、とか言ってますが、これは明らかに間違ってます。大学は最後まで講演会を許可したのですから。


posted by 山科玲児 at 08:36| Comment(0) | 日記

2017年02月02日

ティーファニーとグローバリズム


ティーファニー  ダイヤモンドの広告
https://youtu.be/3mjF0kyoF2I?t=12
みて、グローバル企業だなあ、、と感銘をうけるとともに、
こういうグローバルビジネスとは正しいのか??
と思いました。

 南アフリカのドビアスでダイヤモンド原石を掘る(まあ、これは100年以上昔からやってるんだが)
−> アントワープで選別し、レーザーで色をよくする(これっていいの?? 合法?? 人口ダイヤモンドのほうがいかも)
−> インド洋の島国モーリシャスでカット研磨する(え!、アントワープで研磨しないの??)
−>ニューヨークを初め世界中で売る。

スイスで作ってることをアピールした
スイス時計のCM動画のほうが、好感がもてるなあ。
Beyond the Gest by Jaeger-LeCoultre - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=ahdP3uPqAOU

posted by 山科玲児 at 09:40| Comment(0) | 日記

六田 知弘氏の写真展

romanesque.JPG

2012年4月29日に
モノクロームのロマネスク聖堂
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/55584142.html
を書きましたが、
二月に、繭山龍泉堂で六田 知弘さんの写真展をやるようです。

ロマネスク
  二月十三日〜二十五日 11;00〜18:00(無休  入場無料)
 http://www.mayuyama.jp/


タグ:六田知弘
posted by 山科玲児 at 08:43| Comment(0) | 日記

2017年02月01日

小中華の遺風


human figure.JPG

  なんか、一部のネットで「韓国風お辞儀」「コンス」のことが話題になっているようである。
実は、これは二千年以上前からの中国文明での「礼」の姿勢「拱手」である。「コンス」というのはこの「拱手」の読み方の一つであろう。「小中華の遺風」というべきものである。まずイメージの小さな玉の人形は大英博物館にあるものでオスカー=ラファエル旧蔵の名品:東周以前のものであるようなので2500年以前に遡る。これが、まさにこの礼の作法にのっとった「拱手」の姿勢である。肘をはって、両手を前であわせている(Ref1)。

  また、儒教の礼の図解である三礼図の正装の図にも似たような姿勢がある(Ref2)。


三礼図.JPG



こういう「動作」というものは、言語とともに文明・文化の中心なのでなかなか変わらないものだ。

  ハンチントンのいうように、日本文明は独立孤立しているのだから、当然「礼」も違う。
 この「中華の礼」は、日本の「礼」とは違うものだ。一部の頭のおかしい人々が「明治期にあった」とか言ってるのは真っ赤なウソである。また、日本人が日韓併合時代に朝鮮半島で教えたというのもまたデマ/ウソである。

  一応、小笠原流の「日本礼法入門」(Ref3.)で確認し、明治15年の行儀作法の本、
小学女礼式訓解
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/759086
でも確認した。

  「郷に入れば郷に従え」だから韓国に行ったときはこういう「中華の礼」礼法に従うのがよいのだろう。日本では日本の礼法に従うべきだろう。

   芸能界の一部でアイドルにやらせていて、物議をかもしているようだが、芸能プロダクションやテレビ界ではむかしから韓国系の方々が多かった。「水戸黄門」の監督が韓国系の方だったこともある。だから、そういう人々が「小中華の礼」を持ち込んでいるのだろう。何十年も前にみたNHKの「聖徳太子」は全くムチャクチャなものだった。古代朝鮮語とくに百済の言語は現在の韓国語とは別系統で言葉が通じなかったという文献記録があるのに、無理に韓国語を使わせていた。まるでドイツ語だといってスペイン語を使わせているようなものだった。それ以後、NHKは全く信用していない。

ref1. Jenys,  Chinese Archaic Jades in British Museum, 1951  写真著作権は消失。
ref2 三礼図、康煕年間の通志堂版を乾驫に再版したもの
Ref3. 小笠原清信 (小笠原流三十世家元、 日本礼法入門、ごま書房、1973年


posted by 山科玲児 at 08:03| Comment(0) | 日記