2017年02月16日

上海博物館の文徴明画「金焦落照図」を知りたい


の項目で
>「金焦落照図」上海博物館 現存する文徴明画の中で最も古い作。ここに描かれた金山・焦山の図は、後の名山図の祖形となった。

とあります。他のネットで、「26歳の作品」という記述もありました。
ところが、絵の画像もないし、詳細な記述もありませんので本物なのかどうかわからない、
色々文献を参照したが、みつけることができません。
上海博物館のサイトでもイメージがなく詳細を知ることができません。
上海博物館という公的なところにあり、しかも重要な年代資料なのに公開されてないとはどういうことでしょうか??

絵画のイメージと関連資料リンクをご存じの人、ご教示ください。
極端な若書きというのは「疑問作」が少なくないので、基準作として議論できるかどうか問題です。
ただ36歳ごろの数点の作品は、とても良いものがありますので、当方は、晩年作ばかりを称揚しているわけではありません。

あまり資料がでてこなければ、この項目部分は削除しないといけないかもしれませんね、

posted by 山科玲児 at 07:43| Comment(0) | 日記