2017年02月19日

東京の深い闇:金正男



 金正男 暗殺に関連して、

 敏腕のジャーナリスト  大高未貴氏が とんでもないお話をされている。

 金正男の義弟でボディーガード役・暗黒街にも通じた 金東伯氏が昨年の10月に品川のホテルで急死。 金東伯氏は「オレがやられたら金正男は終わりだ」といっていたという。三ヶ月後に金正男氏がマレーシアの空港で暗殺されたのは周知のとおりである。

  動画はライブなので多少日時などであいまいなところや、言い間違いらしいところはあるが、日本(特に東京)のアンダーグラウンド= 北朝鮮=韓国=中国の間の闇を覗き込むよなワクワク感・怖い物見たさがある。

動画

  既に10万再生を超えているようである。長いので、40分〜53分のところ「大高未貴のインシャラー」を視聴すれば効率的であろう。当方も東京で中国人などとの交際が多少あったのでなんとなくわかるが、朝鮮関係は更に闇が深いようである。

   当方も、この事件は中国共産党が不要になった金正男に対して、護衛を放棄して北朝鮮にやらせたんじゃないかと思ったが、どうやら背後は更に血なまぐさく、犠牲者も金東伯氏を含め多いようである。意外なことに金東伯氏の慰安婦問題への解決策は、極めてプラグマティックで、驚いた。




posted by 山科玲児 at 20:01| Comment(0) | 日記

台北に米軍海兵隊


まだ、お話段階っぽいが、なしくずしに、在台 米軍が復活しそうな気がします。
たしか、ボルトン元国連大使が言っていた案の一部実現かな。
沖縄から基地を移すという話があるので、沖縄基地縮小にもなり良いことではないでしょうかね。


米対台湾窓口機関の台北事務所、海兵隊が警備へ=元所長


しかし、台北のやや郊外の高級住宅地 内湖に 「米国現地事務所」をおくのかあ、、あそこなら広いからかなりの施設がおけるでしょう。

タグ:台湾 米軍
posted by 山科玲児 at 16:03| Comment(0) | 日記

19世紀のヴィオラ ダ  ガンバ

la viola da gamba Gaspard de la Nuit 1842.JPG

 1842年初版のルイ=ベルトランの散文詩集「夜のガスパール」のなかに
「ヴィオラ  ダ  ガンバ」という一篇があります。この初版本の表題が上イメージ。
ただ、ちょっと考えればわかるんですが、1830年代じゃ、ヴィオラ ダ  ガンバは誰も演奏していないかったはずですよ。最後に演奏されたのは18世紀末ベートーヴェンのころじゃないかな。楽器自体は骨董品として残ってといたと思いますが演奏は滅んでいたと思います。ひょっとしたら英国でかろうじてあったかも、現代で、最初のヴィオラダガンバの専門演奏者として名をあげたのは、バーゼル  スコラ カントルムを組織したAugust Wenzinger (1905-1996)だったと記憶 しております。

現在のヴィオラ ダ  ガンバ演奏は、こういう感じです。
Sainte Colombe - Suite in D minor (viola da gamba) - Marianne Muller - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=0OWhCn320eY
どうも、ベルトランが想像していた楽器は違う物だったかも、、

この散文詩に銅版画挿絵をつけて1903年に出版された絵本があります。
Aloysius Bertrand : Gaspard de la Nuit Le livre et l’Estampe 1903
Jules Fontanez(1875  - 1918) というジュネーヴの画家/版画家の作品ですが、この絵(下イメージ)にはヴィオラ ダ  ガンバらしいものがでてこないんですね。やはり当時は全く知られていなかったのでは。。
https://fr.wikipedia.org/wiki/Jules_Fontanez

viola da gamba.JPG
posted by 山科玲児 at 11:58| Comment(0) | 日記

文徴明

江南春P.jpg文徴明 書過庭復語十節.jpg

 文徴明(1470-1559)  てのは一応有名なわりには、全く実証的には理解されてない。同時代からチャイナでは影響力が大きかったし、江戸時代の唐様書道にも大きな影響を与えているビッグネームです。西洋絵画でいうと、ルーベンスやレンブラントみたいなビッグネームなんですね。ルーベンスならアントワープの「十字架降架」、レンブラントなら「夜警」とか「解剖学講義」とかをあげるが普通でしょう。

ところが文徴明の場合はwikiにも代表作じゃなくて、やや周辺的な作品があがっている。
 まあ、展覧会図録なら、そのとき展示するものを出さなければいけないから必ずしも代表作を出すというわけではないし、新発見とかいうならそれを特筆大書しないとしなければいけないけれど、概説や百科事典でも周辺作がでるというのは、どうなんですかねえ。イメージには台北國立故宮博物院の「文徴明展」で実見し、また定評のある作品の部分拡大図を出しておきました。「江南春 : 部分」 「書過庭復語十節 : 末尾」


タグ:文徴明
posted by 山科玲児 at 07:54| Comment(0) | 日記