2017年02月28日

蘇州片


蘇州で明時代から複製絵画や贋作が伝統的に生産されてきたというのは、よく知られている。
陳舜臣の短編小説「名品絶塵」は、「景徳鎮からの贈り物―中国工匠伝」に収録されたものだが、
蘇州の模写画家を描いて、この短編集で最高の出来の名作だと思った。中島敦の「名人伝」を思わせるような崇高さを感じさせる工匠が、あの利己的な中国にいるのだろうか、フィクションも過ぎるのではないか、と思ったこともあるが、歴史の中で、突発的に天才的な頂点があの大陸の工芸品には時々生まれたのは事実であるから、やはりそういうこともあったのだろう。なければあんな素晴らしい作品ができるわけがない、と思うものである。
蘇州で多量生産された粗悪な絵画の贋作については、「蘇州片」という用語が骨董古美術商業界では古くから使われており、楊仁ガイ、「国宝ジョウ浮録」にも記録がある。

蘇州片について、大和文華館学芸員の板倉氏が書いている記事があった。
蘇州片と「倭寇図巻」「抗倭図巻」
板倉 聖哲
http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/publication/kiyo/25/kiyo0025-10.pdf
 タイトルに偽りありで倭寇図巻についてはあまり書いてないが、「蘇州片」については面白い読み物である。
「蘇州片」については、
http://www.npm.gov.tw/exh99/aesthetics9907/jp2.html
には、かなり入っているような感じがする。
タグ:中国絵画
posted by 山科玲児 at 11:09| Comment(0) | 日記

玄宗皇帝の書

石台孝経 玄宗.JPG

  唐の玄宗皇帝の書で確実なものは、西安にある巨大な石碑:石台孝経の隷書ならびに 大きな行草の跋語(イメージ)であろう。隷書はともかく、行草は、大字でもあり玄宗皇帝の書として確実なものであるのに、全く書道史では重視されない。
  拓本も結構流布しているだろうに、そういう状態である。唐時代の行草で有名人の書であることが確実なものはあまり多くなく、模写本でも珍重されるし、甚だしくは、偽物でも麗々しく出版されたりしているのに、これはどういうことだろうか。


  まあ結局、この書を好きでない人が多いんだろうな。当方もあまり好きではない。ただ、なんか王鐸みたいな感じもあるから、賞翫する人がいてもおかしくないのにね。この肉太の感じは、日本  江戸初期の後水尾帝の書なんかに通じるところもあり、いわゆる宸翰様の一部に影響があるかもしれない。

 これをみてわかるのは、
*「歴史的価値」:玄宗皇帝の真筆を同時代天宝四年ごろに宮廷で石に彫ったという超確実な資料。
と、
*「芸術的価値」:鑑賞したり習ったりしたい人が多く、賞賛される
ということは、必ずしも併存しないということだ。

 清時代の碑学派の人々、康有為だかなんだか忘れたが、「北魏の碑は全て良い」というようなことを言っていたが、そういう風に一律に賞賛することは、問題が多いだろう。

 この石台孝経は巨大な四角柱で四面に彫ったものだが、ネット上で四角柱をみせる写真が、なんとスペイン人のブログにあった。

 下のイメージは戦前にとられた写真で、戦前発行の書道資料集にあった。


玄宗孝経.jpg
posted by 山科玲児 at 08:18| Comment(0) | 日記