2017年03月19日

曜変天目の科学検査もつまづいた


 


2017年03月05日に、
鑑定団「曜変天目」の科学検査
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/178994907.html
という話題を書きましたが、

曜変天目茶碗の真贋論争 「奈良大の分析に欠陥」【徳島ニュース】- 徳島新聞社
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2017/03/2017_14898017677213.html
というニュースが入ってきました。
頭の悪いマスコミとしちゃ、このへんで幕引きしたいところでしょう。

「マンガンが検出されなかった」ということが本当なら、「宋時代の陶磁器ではない」ということが確定した
と判断すべきでしょう。

ただ、この「マンガンが検出されなかった」というところにも問題があって、
「マンガンが検出されなかった」のか「マンガンが検出できなかった」なのか不明瞭なところがあります。
悪魔の証明ではないが「XXがない」ということの証明はなかなか困難です。

環境庁の文書
 金属成分の非破壊多元素同時測定法
(エネルギー分散型蛍光X線分析法)
 https://www.env.go.jp/air/report/h19-03/manual/m05_4.pdf
によると(8P)、この機械ではマンガンとクロムが混同されやすいしマンガンのピークが多量にある鉄のピークと混じりやすいのは事実のようですね。
波長分散型の機械ならもう少し分解能が高いようです。
奈良大学のサイトをみても具体的な機種名が掲載されておりません。
http://www.nara-u.ac.jp/faculty/let/cultural/news/2017/166
 このへん、学生に対しても失礼なのではないでしょうか?
どうも、奈良大学の機械はエネルギー分散型っぽい感じがしますので、あまり細かい分析はできないようにみえます。

  また、そうなると、
「マンガンがない」という結論もまた信用できないのではないかと思います。
これでまたグダグダになりそうなのでいやなんですが、しょうがないのかなあ。。

 
posted by 山科玲児 at 21:00| Comment(0) | 日記

日本国見在書目

日本見在書目 (2).JPG

日本見在書目 (1).jpg

孫猛  日本国見在書目詳考
出版社: 上海古籍出版社
ISBN-10: 978-7532576692
発売日: 2015-09
http://www.ato-shoten.co.jp/newweb/sas/el/10315807.php
http://www.amazon.co.jp/dp/7532576692

 なんか、3册 合計  2459頁!! というとんでもない大きな注釈書です。


 日本国見在書目ってのは、平安時代中期の891年〜894年ごろ藤原佐世が編纂した書籍リスト、漢籍のリストで, おのおのの本の解説はあまりなく、書名と巻数などが少し書いてあるだけのリストです。たぶん宮中の図書室のものなんだろうな。原本だけなら、とても薄いペラペラの1册です。この本は100倍ぐらい膨らませたものですね。インフレーションがすごいなあ。

 当時の日本にあった漢籍でも、現在、世界中に存在しないものが結構ありますので、巻数がわかっただけでも驚きなんですね。また、隋書などとても古い書籍目録には同じ本があったりするので、清代末期に楊守敬が紹介したときは学者間で評判になりました。

楊守敬が紹介したのは、これです。
1884年 古逸叢書
十九、影旧鈔巻子本日本見在書目一巻

イメージには、架蔵のものをあげておきます。
赤い本は、
日本見在書目證注稿 (覆刻日本古典全集) 単行本  ? 2006/11/30
狩谷エキ斎  正宗 敦夫

です。江戸末期の学者:狩谷エキ斎の写本からです。
再刊本はあるようです。
 http://www.amazon.co.jp/dp/4329026201

青い本は、
東北大学附属図書館の司書だった
矢島玄亮 が制作した
日本国見在書目録 集証の未定稿でガリ版本です。
これを、正式刊行したものらしいのが、
日本国見在書目録 集証と研究
矢島玄亮 著
1994/01/01
http://www.kyuko.asia/book/b9159.html

 

posted by 山科玲児 at 09:28| Comment(0) | 日記

84年前からおかしかったノーベル平和賞


  ノーベル平和賞は、選考するのがスウェーデン学士院でなくノルウェーというところが、すでにおかしいのだが、あまりにも政治的に使われすぎている感がある。そのために、どうみてもおかしいだろ、という受賞者が、現在でもときどきでる。科学関係ではまあ、まともなノーベル賞だが、一番うさんくさいのが平和賞、その次が欧米偏重の文学賞、学問自体が未熟なのでやむを得ないとはいえ、問題の多い 経済学賞、だろう。
 その怪しいノーベル平和賞を1933年に受賞した 
ラルフ・ノーマン・エンジェル(Sir Ralph Norman Angell、1872年12月26日 - 1967年10月7日)
という人がいる。

彼の世界的名声は、

第一次世界大戦の数年前に発売されて国際的なベストセラーとなった、
イギリスの経済評論家ノーマン・エンジェルの『大いなる幻想』(1910年)も、
当時の欧米諸国間の貿易と相互投資の急増を描写して、
「経済の相互依存性がこれほど高まった状態で、
諸国が戦争することなど考えられない」と主張した。

であった。
 ところが、1914年に第一次世界大戦が起こり、英国などは第2次世界大戦より多くの戦死者を出す悲惨な戦争になった。
ラルフ・ノーマン・エンジェルの議論は、間違えていたのに、
1931年にはナイトに叙任され、1933年にはノーベル平和賞を受賞した。
 なぜなんだろうか。

 しかも、その後も執拗に
「経済の相互依存性が高いと、戦争になりにくくなる。」という議論が繰り返されてきた。
 それを裏切る証拠には事欠かないのに繰り返されたのである。
  反証の一つとして、パールハーバー前の日米貿易は大変な大きさであり、米国は日本との貿易で莫大な利益を得ていた。日本の石油はほとんど米国から輸入していたし、鉄原料(屑鉄)なども米国から輸入していた。ここまで「経済の相互依存性が高い」のに戦争が起こった。

 戦争ではないが、2016年「英国のEU離脱 国民投票」のときも、「経済の相互依存性が高い」から英国は離脱しないだろう、とマスコミは散々宣伝したものである。

 どんなに反証があっても、マスコミに巣くう連中の頭の中には「経済の相互依存性」が善であるという信仰があるようだ。国際主義者で国家解体を指向していたらしいラルフ・ノーマン・エンジェルを祭り上げたのもそういう人々の思想によるものではなかろうか。ケインズの下記の言葉を再び思い出した。


*******   記   *******

  だが、思想というものは、もしそれが正しいとしたらー自分の書くものが正しいと思わない著者がどこにいようー、時代を超えた力を持つ、と私は、間違いかもしれないが、予言する。
   人々は現在、もっと根本的な診断をいつになく待ち望み、そのようなものがあればすぐさま受け入れてやろうと待ち構え、そしてもっともらしいという程度の診断であっても試しにやってみようとうずうずしている。
 だが、現代のこのようなムードを別としても、経済学者や政治哲学者の思想はそれが正しい場合にも間違っている場合にも一般に考えられているより遥かに強力である。事実世界を支配するものはそれ以外には殆どない。どのような知的影響とも無縁であると信じている実際家たちも過去のある経済学者の奴隷であるのが普通である。

  権力の座にあって、天声を聞くと称する狂人たちも、数年前のある三文学者から彼らの気違いじみた考えを引き出しているのである。私は、既得権益の力は思想の漸次的な浸透に比べて著しく誇張されていると思う。もちろん、思想の浸透は直ちにではなくある時間を置いた後に行われるものである。なぜなら、経済哲学及び政治哲学の分野では、25歳ないし30歳以降になって新しい理論の影響を受ける人は多くはなく、従がって官僚や政治家やさらに扇動家でさえも、現在の事態に適用する思想はおそらく最新のものではないからである。しかし、遅かれ早かれ、善にとっても悪にとっても危険なものは、既得権益ではなくて思想である。」


ソース:: ジョン=メイナード=ケインズの「雇用,利子および貨幣の一般理論」の末尾から


posted by 山科玲児 at 06:31| Comment(0) | 日記

2017年03月18日

アルチンボルド展の動画


 
6月東京上野の西洋美術館で、アルチンボルド展が開催されます。かなり愉しみにしています。

その監修者のシルヴィア・フェリーノ=パグデンDr. Sylvia Ferino-Pagden(美術史家 元ウィーン美術史美術館絵画部長)
の英語のメッセージがYOUTUBE動画であがっておりました。

かなり重要なことを話していますね。講演といっていいのでは。
 特に印象に残ったのは、

・アルチンボルドのあの奇妙な絵を最初に賞賛し愛好したのはマキシミリアン2世であって、ルドルフ2世ではない。〔私:そうなると、ルドルフ2世の奇妙な趣味の結果としてアルチンボルドの絵を解釈するのは間違いだ。)

・アルチンボルトはウイーンなどの宮廷で、催しもののの演出総監督をやっていた。(私;;これはレオナルドと同じではないか?)

・その後大流行する静物画の先駆けである。

・パリ ルーブル美術館にあるセットはドレスデンにあったものだ。

・この展覧会はアルチンボルトの時代当時の時代において、彼の作品をみるという立場であって、現代の通史的美術史からみるという立場ではない。

 この人の英語はちょっとくせがあります。アメリカ東部ペンシルヴァニアの大学で学位とっているから、案外アメリカ英語の一種なのかな? 日本語字幕があるので内容はわかるのでNoProblemではありますが。。 私がイメージしている「ドイツ人の英語」とも違う、なんかイタリア人の英語のような感じがするんですが、英語に詳しい人の意見もききたいところです。



posted by 山科玲児 at 09:43| Comment(0) | 日記

2017年03月17日

メムリンク天使の合奏の修復完成


Memling Altarpiece-of-santa-maria-la-real-in-najera.jpg



 
2005年にアントワープで修理中の姿を見せていただいた
ハンスメムリンクの大作の修復が完成したようです。
mixiでのアントワープ在住の知人にご教示いただきました。

ただ、美術館のリニューアルがまだ完成してないので2019年に美術館が再開したときに公開される模様?

公式動画が公開されていますので、ご覧下さい
The Memling restoration, a marathon ARTtube

2005年には、ここで解説しているLizet KLaasen女史に主にお世話になったので、なつかしいし、ご健勝ご健在をうれしく思ってます。同時に修復していたInecke Labarque女史はもうかなりお年でしたので退任されたのでしょう。それにしても、Klaasen女史はフラマン語、別の方、Marie Postec女史はフランス語でしゃべってますね。面白いヴィデオです。

  それにしても2000年からはじめて16年もかかったって、すごいなあ、確かに高さはともかく、幅6.7mもあるわけで、人物もほぼ等身大といってもいい、横幅をいえばゲントの祭壇画のようなものだからでしょう。
  2005年にみたときは、修復したら相当派手になると思ったがそれほどでもないようです。
  このビデオでもKlaasen女史が解説しているが、上塗りは少なく、殆どは分厚い汚れの除去が問題だったようで、状態は比較的良いほうだ、ということです。
  この絵はレコードやCD、などの表紙によく使われるものですが、意外と有名ではない印象がありますね。


posted by 山科玲児 at 09:08| Comment(0) | 日記

東芝で安倍首相を追求しないマスコミ


森友学園という、どうしようもないネタでマスコミとマスコミに騙された連中、一部の野党議員がもりあがっているが、

本当に安倍首相の責任を追及するべきは、東芝  ウェスティングハウス問題じゃないの。

大体、米国での原発建設計画で積極セールスしたのは安倍首相でしょう。
トルコへの売り込みもやって、外交成果と誇っていた。

ウェスティングハウスの経営破綻には、安倍首相の無理なセールスが遠因といえないこともない。

はっきりいって、東芝に日本の政府系銀行は融資すべきだろう。安倍首相の責任、経産省の責任も大きいのだから。

なぜ、マスコミも野党議員もこの件を叩かないのだろう。

もともとクリントン勝利 前提の計画だったので、クリントン敗退の結果、米国政府からの援助がなくなったのが直接の原因だとは思うけれど。

想像するに、

・  クリントン財団   ソロス などの連中に 日本のマスコミは従属していたので、その件がばれるのが怖ろしい

・ マスコミは、日本の大企業が没落するのがうれしい。韓国系中国系企業が栄えるのはうれしい。

・ 一部の国際大資本が東芝の金や資産をおいしくいただくまで、この問題に触れてほしくないとマスコミはいわれている

 というようなことなのかな。正直どうもよくわからない。

  反原発にも熱心なマスコミなのだから、くだらない森友じゃなくて、大問題の東芝問題をクローズアップすべきだと思う。原発は損になると大合唱すればいいのにしないのはなぜだろう。



posted by 山科玲児 at 07:49| Comment(0) | 日記

2017年03月16日

東京国立博物館の伯遠帖

ミュージアムニュース 219 ss.jpg


 乾隆帝が三希として紫禁城養心殿の三希堂に蓄えた、快雪時晴帖、中秋帖、伯遠帖のうち、伯遠帖
の臨写本が東京国立博物館にある。
  昔みたことあるし、
  あの王羲之展 
   http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1569
  でも公開されました。
 これは、無理に紙を染めて古くみせかけたもので、なんか偽物臭があるものなんで、あまり良いものではありません。原本は北京故宮博物院所蔵品で、上海博物館の特別展で実物をみました。唐時代の臨写本のような感じがしました。
  なんか、この春のあるオークションで似たような王羲之一門模写本が出品されているようだけど、いくら中国人でもあまり値段はつけないんじゃないかな。

 ところが、これが、昭和40年8月に国立博物館ニュース219号(イメージ)で紹介されたときには、なんか本物みたいな紹介だったんです。当時、情報がなかったから混同したのかな。
 昔の文献で国立博物館の刊行物で大先生が書いていても、一応批判的に読む必要があると思っております。
  
ソース  国立博物館ニュース  縮刷版 210号〜205号、東京国立博物館、昭和47年
posted by 山科玲児 at 10:19| Comment(0) | 日記

ルソンの壺

ルソン壺 松平.JPG


  ルソン介左衛門 が、フィリッピンから輸入して大もうけしたという「ルソンの壺」がどういうものであったのかは、よくわからない。
ただ、茶人・蒐集家で有名な 松平不昧公(本名 治郷)(1751年3月11日-1818年5月28日)の旧蔵とされるルソンの壺の写真があったので、ちょっと紹介してみる。
  ううん、こういうものだったのかな? あまりたいしたことないなあ。こういうのがワビサビ?
ソース;洗研 第一期 第4輯 1950 April15 

タグ:茶道 ルソン
posted by 山科玲児 at 09:45| Comment(2) | 日記

ジーバーベルクのパルシファルがyoutube

Parsifal Movie Syberberg.JPG


日本初公開時にみて、その斬新な演出に大きな影響を受けた
ハンス=ユルゲン・ジーバーベルク (1935年12月8日−)監督の
オペラ映画 パルジファル(1982年)
がYoutubeで観ることができるようである。多少左右が切れているがそれはしょうがない。
  LDを買ったり、あまりできのよくないDVD(イメージ)を買ったりしたのが夢のようである。
  これには、音楽の演奏がよくないというクレームがあるようだが、主な価値は演出のすごさにあるので、まあ音楽は、他の演奏で聴いてください。古くは、クナッパーツブッシュ、最近ではティールマンの演奏が良いようである。

Parsifal 1982
https://www.youtube.com/watch?v=0YRKqCjW1Lw
全4時間強なので、PC前で縛り付けられているのはどうかと思うふしは、
 イントロと序曲部分 20分だけで十分、この奇想に満ちた演出を感じることができるだろう。
  序曲の末尾で、眠っている少年と少女のうち、少年が立ち上がって去っていき、少女が眠っているところがクローズアップされるところはまことに忘れがたいものだった。

 はっきり言って著作権的にはダメなので、そのうち消えると思うが、知らない人には推薦したい。
なぜかクレジットが最初にでるのが面白い。
 この映画はドイツではなく、フランスの Erato  Gaumontが制作したものである。
独映画ではなくて仏蘭西映画なのだ。

やはり、言論弾圧がきついドイツでは制作しずらかったのかもしれない。
ハンス=ユルゲン・ジーバーベルク (1935年12月8日−)監督は、 東京のドイツ映画祭で、ルートヴィヒII世のためのレクイエム(1972年)という変わった映画を観て記憶には残っていたが、そう高く評価していたわけではなかった。このパルジファルで、私にとっては、尊敬する巨匠になった。

  フィンランド映画:十万年後の安全は、フィンランドで始まっている核廃棄物の最終処分を地下深く500m、十数億年前の古い地層の岩盤の中に10万年保存しようというプロジェクトのドキュメンタリーである。マドセン監督
https://www.youtube.com/watch?v=b1_K9Tu9rWw (予告編)
  このフィンランド映画をYoutubeで観たとき、ジーバーベルクの「パルシファル」を連想した。
 ひょっとしたら、マドセン監督は影響を受けていたのかもしれない。

posted by 山科玲児 at 08:36| Comment(0) | 日記

2017年03月15日

呉彬 怪石図巻の複製

Wu Bin Sotherbys.jpg




 呉彬は福建省出身で明時代の萬暦時代に活動した画家ですが、彼の大きな巻物が27年前、1989年12月にニューヨークのサザビーズ  オークションに出現しました(イメージ)。記録としては1970年ごろのケーヒルの論文にも出ていたのですが、写真図版が出たのは、このオークションが最初でしょう。高さ55cm 長さ9.5mという長大な巻物で、呉彬の絵が10点、呉彬のパトロンだった明末の有名人&書家:米萬鐘の長文の題が多数ついています。
1989年で121万ドル 約一億6000万円?ぐらいの落札価だったので、高価な中国画として当時 一部で知られていました。

呉彬の変わった絵画は、台北國立故宮博物院での特別展があり、当方も観に行きました。

この巻物は怪石図巻というべきものですが、 「厳壑奇姿(ゲンガクキシ)」という名前がついてます。
当時カタログを観たときは怪石ファンの米萬鐘が収集した10個の怪石を描いたものと思っていましたが、実は1個の怪石を10の方向から描いたものなんですね。これは一つの怪石の十の肖像画です。すごくディープなものですね。

  この巻物は美術館ではなく個人コレクターか法人のものになっていた・なっているようです。そのためかその後あまり公開されていなかったのですが、最近 豪華複製本(限定三〇〇部)が出たようです。
香港の英文 古美術雑誌 Orientationsの最新号(vol.48 No.2 March/April 2017)の広告で知りました。
ただ、1,500ドル、16万円という価格ですから、おいそれとは手をだせないものですね。ただ、日本なら16万円なら巻物/巻子本の形で複製するのではないか?と思いました。これは一応大きな本の形になっていますね。
動画もあって、これが面白いので推薦しておきます。 
https://player.vimeo.com/video/207078844

 普及版の研究書も出版されているようですが、呉彬ファンの私もここまでは買わないかもしれないなあ。この絵自体は問題のない真蹟だと思いますし、なかなかな傑作だと思いますが蒐集家主導の本みたいなので、あまり批判的な厳しいみかたは書いてないかもしれないと危惧しているのです。
 方聞教授の本はたいていそれで、ほめるのはいいとしても深い考察がなくて、美しいカラー図版を観るだけの本が多かった。この本には方聞はかかわっていないようですが、なんとなく危惧しています。



REF.
sotherbys fine  chinese paintings  new york
dec.6th  1989
posted by 山科玲児 at 08:03| Comment(0) | 日記