2017年03月14日

中国が日本でのオークションを中止させた



  昨年のことですから、古い話になりますが、先輩からきいて最近知ったので、少し書いてみます。
  昨年10月末に西新宿で開催予定の西域収集出土文書壁画断片のオークションが、

書画など競売に中国国家文物局が「待った!」 「違法に強奪された」と指摘
http://www.sankei.com/world/news/161103/wor1611030048-n1.html

 

  どうも、ここでオークション会社が引き下がったのは、この横浜国際オークションは中国人むけのオークションであり、中国人富豪や中国政府の代理人に入札してもらうのが目的だから、敬遠されたり、中共当局から入札禁止指示がでては元も子もないので従ったということではないか、と思います。経営者もチャイニーズです。国籍はわかりませんが。

実際、この横浜国際オークションのサイトでは、次のように述べていますから。

 弊社は、中国美術品・文化財の中国への回帰という時代のニーズに応じるため、2011年5月にオークション会社を設立致しました。
 同年9月よりオークションを開催し、回を重ねるごとに大変ご好評を頂いております。
これもひとえに皆様方のご配慮、お力添えあってのこと、心より感謝申し上げます。 

 引用元:会社概要 | 横浜国際オークション  代表  張樹[土敦]
http://www.ykauction.com/greeting_jp.html

 また、中国国家文物局が、こんなことをやったのは、以上の事情から簡単に脅せると思ったことと、現在中国が外貨不足に陥っているから、上層部から外貨を減らさないようにという指示を受けているからではないでしょうか。昔なら、富豪が落札して中国国内の大学や図書館や美術館に寄贈するというような形にするでしょう。実際、ドイツ銀行が華夏銀行株を売った代金を人民元からユーロに一括で変えられなかったり、在中国日本人が貯金を日本円に両替できなかったりする事件が既に報道されています。

 ところで、ここで「敦煌」と言ってますが、オークション予定の文化財の明細〔中文  簡体字〕をみると敦煌からの文化財だけじゃないみたいですね。クチャやトルファンじゃないですか? これは大谷探検隊将来品だということだそうです。
 大谷探検隊の橘氏などは、発掘または買い集めたはずで、「略奪」とは、ひどい侮辱です。
 このままだと、英 仏 独 露 米をはじめ他国にある中国文化財は、全て略奪品になってしまいそうですね。


posted by 山科玲児 at 11:52| Comment(4) | 日記

チキンカップが高いのはなぜ

伝世成化.JPG

Dr. John Rudolph Stephen Zuelligのチキンカップを2014年4月8日に香港でサザビーズがオークションしたとき
の記録では、
http://www.sothebys.com/en/auctions/2014/meiyintang-chicken-cup-hk0545.html
約37億円ということで、中国陶磁器の価格では最高値をたたき出したようです。

しかし、成化豆彩の陶磁器のなかで、このチキンカップがとくに高価なのはなぜでしょうか??
確かに成化の陶磁器は現存量が少ないし、色絵磁器は更に量が少ないものです。それにその繊細なつくりや愛らしい色絵は魅力的で高く評価されるのは当然ですが、それにしても凄い。

蔡和璧
傳世品 成化瓷(イメージ)
http://www.hanniew.com/C-NC00421.htm
 に興味深い「文献記録」がありました。

  萬暦年間の前半では成化の色絵陶磁器は龍泉窯陶磁器より下に評価されていたんだそうです。萬暦26年の「清秘蔵」上巻に書いてあるんですね。
 ところが、萬暦後半以後の萬暦野獲篇、崇禎時代の「帝都景物略」で、突然成化の色絵がバブルになり、「チキンカップ一対で十万銭」「銀百枚」というような値段が当時の北京ではやし立てられたそうです。
 これは、当時萬暦赤絵が萬暦帝宮廷中心に多量に制作され、景徳鎮民窯でも作ったという背景があるんですかね。上の好むところ下これに従ったんでしょうか。
  さらに、清朝になっても、その評価は続き、康煕年間の代表的なスター学者:朱彜尊(しゅ いそん、1629年-1709)も「チキンカップが一番高い」と書いてるし、康煕帝の骨董ブレインだった高士奇も「成化のチキンカップは宋磁より高い」と書いています。

  蔡和璧先生は成化なら葡萄杯のほうがチキンカップよりずっと少ないのに、なぜかチキンカップのほうが高く、偽物やコピーもチキンカップのほうがずっと多いのはどういうことだろうか、と書いています。
 どうも、チキンカップの高価さというのは、「希少さ」だけではなく「人気」「マスコミ」「著名人の煽り」によるものではないのかなあ、と思っています。耳鑑というものですね。

 現代でも量の多いピカソやルノワールの絵の価格が17世紀の名画より高かったりして憮然とすることがありますが、まあそういうのに近いのかな。
 こういう「人気」によって価格が変動するということは、西洋でも多く、
1850年  ウィレム2世所蔵品オークションでは、
ヤンファンアイク  ルッカの聖母(現在  フランクフルト  ステーテル美術館)  3000フロリンに対して
ロイスダール   風景  12,000フロリンという価格は、現在の評価では到底信じられないものですが、やはり「人気」に左右されるものなんでしょう。

ちなみに、
蔡和璧
傳世品 成化瓷(イメージ)
http://www.hanniew.com/C-NC00421.htm
は、國立故宮博物院のカタログが解説が少ないのを補うような形で文章が中心であり写真はあまりよくありません。この力作が「芸術家出版社」から刊行されたということは、蔡氏の率直な見解が國立故宮博物院であまり受けいれられなかったということかも、という噂が当時流れたものです。現在でも比較的安く買える本ですが推薦できる名著だと思います。

posted by 山科玲児 at 07:16| Comment(0) | 日記

2017年03月13日

センスのあるCM


 ピタゴラスイッチ風のCMは前も資生堂のものをあげましたが
この関電工CMもできが良いですね。
  殆どのTV番組より、できは良いと感じました。

    関電工CM
      https://youtu.be/zRbQvEefhXc

タグ:CM 関電工
posted by 山科玲児 at 08:00| Comment(0) | 日記

2017年03月12日

デヴィッド卿の チキンカップ

Chicken Cup David.jpg Percival_David_Collection_A749_Kangsi Mark.jpg

    チキンカップは、有名でムチャクチャに高価なので、特に偽物 コピーが多いので有名である。



の両方をもっていた収集家 デヴィッド卿は、訪問客にこの2つをみせて鑑定させるのが癖だったそうだ。客が判断したあと、卿はカップを裏返して底の銘をみせる「大明成化年製」「大清康煕年製」と入っているので一目瞭然、テストされた専門の学者や古美術商はさぞかし焦っただろうなあ。普通の客なら笑ってすませて終わりだろうが、学者や古美術商ならそうはいかないだろう。
 ちなみに、ロンドン ラッセル街の古いデヴィッドファウンデーションのギャラリー(今はない、大英博物館にうつってしまった)で2つをみたことがあるが、判別はつかなかった。それほど真に迫っていた。触らないと重さを感じないとわからないのかもしれない。

 故:デヴィッド卿夫人 レディ=デヴィッドは1980年代のころの古美術商には「魔法使いのお婆さん」という印象をもたれていた人ですが、このテストにはパスしたのかな?

 デヴィッド卿は、西太后が銀行に担保にいれて、質流れになってしまった陶磁器群を買っているから、チキンカップもそのなかに入っていたのかもしれない。このとき銀行頭取の汚い妨害があったという話は、レディー ダヴィッドの回想に記されている。

 実はこのチキンカップ、1980年に東京、京都、名古屋で公開展示されているんですよねー(下のカタログNo.68)。私はこのときは観ていないですけれどね。主催者に日経新聞が入っているんですがこのころは日経はまともだったな。今は文化部は朝日よりずっと低級です。ちなみに、1998−9の東京・大阪・福島で開催されたデヴィッドファウンデーション展ではチキンカップは展示されておりませんでした。

david  foundation 1980.JPG
posted by 山科玲児 at 13:01| Comment(0) | 日記

2003年秋 台北 成化陶磁器を観る

成化ジ器 特展.JPG


チキンカップのことを書いたので2003年秋に台北国立故宮博物院でどっさりみたことを思い出しました。

このときは、成化瓷器 特展(そのカタログのイメージ) というのがあったので、勇んで台北へいったのですが、2つのことに驚嘆しました。
  ・ 展示のすばらしさ
  ・ 観客の少なさ
 観客が少なかったので思う存分鑑賞できたのは良かったので、、そのときの記録をあげておきます。
 カタログは、本当に「図録」で解説が少なかったのですが、裏事情があったようです。

ーーーーー  記    ーーーーーー
2003年10月3日4日
成化名磁特別展
  明の成化年間の官窯陶磁器は、残っているものが少なく、当然、異常なくらい高価です。特に最初の多彩色色絵磁器である闘彩は、億を超します。
なかでも有名なのが、鶏を描いた小さな盃で、チキンカップと欧米ではいわれていますが、
どんな大きな美術館にも1点あればいいほうです。
  この台北の特別展(−11/2)では、同時に5点も無造作にならべてありましたので仰天しました。
他の色絵も、日本の展覧会なら、ありがたそうに1点だけケースにはいっているのが普通です。デヴィッドコレクションに1点あるだけ と某先生が書いた皿が3点もありました。価格がわかるだけに数十億の札束をみてるような感じもしました。
なお、日本には、染付けを含めても10点ぐらいしかないでしょう。

12時
驚くべきことだ。
 チキンカップが5個もそろいで並んでいて、その一つは裏返して高台をみせている。実は6個あるのだが、そのうちの1個はあきらかにそろいではない。ユウの色が違うし形も微妙に違う。1個が偽か5個が偽かと考えるべきだが、普通の美術館では5個が偽になるのだが、ここでは真逆のような気がする。さらに、デヴィッドに1個しかないということになっている如意宝皿が3個もある。これは揃い。世界に完全なものは、ここ故宮に1個のみであろうと思っていた脱胎暗花竜紋小盃が2個もあり、無款ながらそれにせまるものが更に1個ある。これは少し曲線が違うが清朝よりは古いだろう。ああいやになる。
それにしても客がいないのは不思議だ。金曜とはいえ時には私一人になった。世界の中国陶磁器愛好家はなにをしているのだろう。
10・4  成化 展示
チキンカップが6点も展示されていた。ただ、1点は少し異なる、他の5点はほとんど揃いである。違うのが、拡大鏡が添えてあるのが皮肉である。もっと変なのが団花紋盃で、拡大鏡がついているのは、「万暦」とされている。どうも拡大鏡がふれると危険というおそれがあって、近づけてないのかもしれない。実際、奥のケースにはいっているものは、市場価格100億を軽く越える。骨董屋らしい人がガラスをとんとんと叩いていたのは不気味だった。
高足盃も同じ手が2点あるものは一方をひっくりかえしてある。
2つ以上もっていなければできない芸当である。
ただ、2つが本当に同じ手ななのかちょっと、疑問に思った。確かに成化は20年以上あるし、出光で開催された「皇帝の陶磁器」展でみた景徳鎮出土陶片をみても、2種類の生地があるようだ。ややクリーム色がかったものと、青色がかったものである。
嘉靖、万暦の類品も展示しており、ちょっと違うなと思ったら、それらのものか、「成化款」である。ただ、「成化款」のなかでも っっXについては、そうとういいものだと思った。また点彩 の成化 のものがみあたらなかったのは不思議に思った。嘉靖のものがあり、むしろ嘉靖のほうが点彩は盛んだったのかもしれない。
あきれたことに、あれだけ多量に出しているのに、常設展にも成化のものをちゃんと出しているのである。「茶具」展に1、宋元明清陶磁展示に4である。どうりで、特別展示のほうに、やや高足盃が少ないとおもったら、常設のほうに1点あった。また、茶道具展にも成化の小盃が1点あった。


 
posted by 山科玲児 at 10:18| Comment(0) | 日記

マドリードでタラを食べる

LHARDY madrid.jpg

イメージはレストランラルディを中心にしたマドリードの繁華街の街角
ーー


 
現地ツアー旅行社もやってる「スペインの扉」
さんが、マドリードのタラ(鱈)の揚げ物・コロッケの気軽な/老舗

をご紹介されています。
ううん、マドリード滞在中に、ここに一度いっとくべきだったかなあ?

ただ、外国人が安易に注文できるか?という問題も感じました。

スペインのタラはガチガチの干物を戻して料理するものらしいのですが、戻すのに手間と時間とノウハウがいるので

同様にタラを食べてるポルトガルでは、「タラをもどせるようになれば、一人前の主婦」ということになっているようです。

日本では「甘塩タラ」を代用するのがベストのようですが、本格的な「戻したタラ」料理はスペイン・ポルトガルでないと食べられないでしょう。

私は、老舗ラルディのディナーのスターターに出た タラのコロッケの旨さには驚きましたので、一応ベストのものを体験しているんですが、3個ぐらいだからなあ。 タラをいやというほど食べたというわけではないわけです。
 同じ魚の揚げ物でもロンドンのフィッシュアンドチップスとは「月とすっぽん」「天地別なり」でしょうから、比較の意味でもかなり期待がもてます。もっともロンドンの英国料理は自分で味をつけて食べるものだそうで、料理の枠組み食べ方自体が違う、悪口いうな、という声もありましょうが、それって料理といえるのか?と当方は思っております。ロンドンでフィッシュアンドチップスは一度体験してこりごりしたので。


posted by 山科玲児 at 09:24| Comment(0) | 日記

2017年03月11日

ヴィヴァーチェ閉店

ヴィヴァーチェという長崎北部のイタリア料理店が閉店してしまった。

知っている店がなくなるのは寂しいことだ。

事情があって、ちょっとご無沙汰していたので、閉店してから気がついた。

なじみの店にはときどき足を運ばないといけないね。
タグ:長崎
posted by 山科玲児 at 18:00| Comment(0) | 日記

蘇東坡の寒食帖をマルチメディアで?

寒食詩 博文堂 (1).JPG

  蘇東坡の寒食帖(イメージ)は、円明園略奪で北京の蒐集家に売られ、さらにそのあと日本−>台湾という数寄な運命を辿った名蹟ですが、まあ、現在までのこっている蘇東坡の書では、一番良いとおもいますね。

ところで、台北 國立故宮博物院では、
この書をマルチメディア  アニメ-ションでプレゼンテーションしようとしてるみたいです。
 https://www.npm.edu.tw/zh-tw/Article.aspx?sNo=04007737

清明上河図みたいなものでは絵の中の人物や舟を動かしたりして、面白く呈示しているこのコーナーですが、書道作品を動かすってどうやるのかな???
筆順にのって、書いていくのを再現するんですかねえ。
ちょっと興味があります。
今月末3月31日から公開されるそうです。

イメージは、博文堂刊行のコロタイプ巻子本から制作しました。


posted by 山科玲児 at 09:01| Comment(0) | 日記

チキンカップの伝世と日本


Chicken Cup David.jpg




  チキンカップのWikimediaの写真がありましたので、少し加工して呈示。デヴィッド=ファウンデーションのものです。現在は大英博物館の中の特設ルームに展示されているはず。画像ないとなにがなんだかわからないですからね。


 昨日述べた Dr. John Rudolph  Stephen ZuelligことMeyintang Collectionのチキンカップの伝世経路をみると、

 1957年ごろにドレフィス夫人Mrs. Leopold Dreyfus, 2個もっていてそのうちの1個だったらしい。
  ⇒ 有名古美術商エドワード チュー(Edward T. Chow) (という伝聞がある)
 ⇒日本の古美術商 坂本五郎氏
 ⇒1994年香港サザビーズでオークションに出る。エスケナージを代理人として このDr. John Rudolph  Stephen Zuelligが落札/入手。4億円ぐらいだったらしい( HK$ 29,170,000)
 ⇒2014年香港サザビーズでオークション 281,240,000香港ドルで上海の実業家  龍美術館の主催者が落札、約37億円ぐらい。
   という経路のようだ、、
 高齢になって楽しめなくなったのか、ヨーロッパの金融危機のあおりをうけたのか、コレクションの多くの中国陶磁器は売却されたようである。弟Gilbertのコレクションはスイス チューリッヒのリードベリ美術館に貸し出されていたそうであるが売却したのかは知らない。

 まあ、サザビーズ  サイトの写真をみる限りではまあ良いんじゃないの、という感じのもので、Edward T. Chowの眼を通っているかどうか怪しいところがちょっと難点だが、まあいいんじゃないの、いくらなんでも37億円でよくないということはないだろう。。
と思ったものである。

  しかし、あくの強いいわくつきの古美術商 坂本五郎氏のものだったんですか、、そうですか。坂本五郎氏については
2016年09月04日に、
坂本五郎氏  逝去とオークション
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/176740466.html
、  に書いておきました。

チキンカップを含めた明時代、成化官窯の陶磁器について、14年前:2003/10/18 の私のメモで、ある一流の骨董商から聞いた話があったので再録します。

 成化はやはり、日本にも10点前後、チキンカップは、某氏秘蔵のものが1点のみ(1994年秋の東京国立博物館「中国の陶磁」展覧のものは疑問、それ以外の1点) ということを、あるエキスパートから聞いた。チキンカップは康煕の写しでも2千万円以上するらしい。 日本最初の成化陶磁器は、青花の丈の低い壷で、戦後の混乱時期に名古屋の 小さな骨董屋のガラス棚の上にあったのを、偶然発見して、半信半疑で、東京にもちこんだのが最初だという。

 この、日本個人蔵のチキンカップというのがこのDr. John Rudolph  Stephen Zuellig(Meyintang)所蔵のものだったんだろうなあ。業界のつきあいもあっただろうし、坂本五郎氏から自慢されたこともあるんだろう。

 ところで、Edward T. Chow カタログ(下イメージ)を読むと、
日経新聞社が1973年に三越で開催した「美の美 中国3000年」に、Edward T. Chowのチキンカップは展示されていたんだそうです。いやあ、当時は日経新聞はまともだったんだねえ。最近の惨状とは別世界のようです。

 曜変天目について、こんなひどい記事を書く現在の日経とは別の新聞のようですねえ。
 日経新聞
   http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG20HAU_Q6A221C1000000/



chow1980 ss.jpg
posted by 山科玲児 at 08:07| Comment(0) | 日記

2017年03月10日

別のチキンカップだった

chow1980 ss.jpg

昨日、こう書いたが
>もう一つは エドワード=チューのチキンカップを1999年に買ったスイスのコレクター・実業家 Dr. John Rudolph Stephen Zuellig(1917-2017Jan)

このチキンカップを2014年4月8日に香港でサザビーズがオークションしたときの記録では、

 Collection of Edward T. Chow (by repute).
となっている。おかしいなと思って 

1980年11月香港サザビーズでエドワード=チュー コレクション カタログ(イメージ)と比べてみたら、明らかに別物である。(チキンカップのイメージは写真著作権に触れるので出さない)
(by repute).というから「伝聞によると」というようなことかな。上イメージのカタログにのっていたなら、麗々しく表示するだろうから。たぶんEdward T. Chow が売った別のもう一つのチキンカップだという「伝聞」があるのだろう。上のカタログはEdward T. Chow が亡くなった後でコレクションをオークションしたときのものである。 古美術商としては当然多くの陶磁器を売っているはずだからだ。

チューのものでなくても、40億円ぐらいの価格なんだから、驚き。

1994年10月12日(水)〜11月23日開催の東京国立博物館「中国の陶磁」展覧ででた個人蔵のチキンカップはあまり良くなかったので、カタログすら買っていない。それで同一のものかどうかさえわからない。いくらなんでも、たぶん別物だろう。展覧会歴にも東京国立博物館のものはなかった。






posted by 山科玲児 at 08:25| Comment(0) | 日記